2007年01月

2007年01月18日

ベルギー紀行【アルデンヌ地方】

4日目 12.16(sat) Ardenne


ロマン感じる古城めぐり



am7:30出発というこのツアーでは一番早い出発時刻。
バス自動車に揺られ、ブルージュから南へと下っていきます。


このツアーを選んだ理由の一つが”古城めぐり”。
フランスでもロワール地方の古城めぐりがありますが、ベルギーにも古城めぐりがあるなんて!!
どんなお城か胸が膨らみます。ワクワクッキラキラ星1


今までのオランダ語圏からフランス語圏に入ってきました。
ちなみにベルギーの公用語は「オランダ語・フランス語・ドイツ語」です。
決して”ベルギー語”はありません。


車窓から道路の標識にお城のマークが見えてきました。
「モダーヴ城」に到着です。
ワロン地方で最もすばらしい城のひとつ。
モダーヴ家→オートペンヌ家→サン・フォンテーヌ家が暮らした13世紀に遡る中世の城塞基部を利用。


なんか、フランス時代映画に出てくるようなお城です。
フワフワのドレスに扇子を持ったお姫様や、剣をさしたカッコイイ王子様が今にも現れそう。
入口でオーディオガイドを貸してくれます。
もちろん日本語サービスありですよ。
ガイドの説明にあわせて部屋を順番に廻って行きます。

ef478562.jpg

「Chateau de Modave」



こちらはロビー(入口)の天井部分。
32貴族の家系図を表した彫刻。
西欧でも唯一の作品らしいです。
天井だったので写真撮るのが一苦労汗

bb7bed2f.jpg



順番に客室やダイニングルーム、寝室などを廻って行きます。
当時のままの調度品が置かれていて、当時の生活を想像すると楽しいです。
あれれっ???
急にオーディオガイドの電池が切れてしまった…
まだ半分なのに…悲しい
いろいろボタン押しても電池がよみがえるわけでもなく…
ちょうど添乗員さんがいたので交換してもらいました。
すいません…すいません


ここは、お城の中にある「礼拝堂」です。
ここで結婚式ハート2をあげることができるんですよ。
もちろん、日本人の私たちも。
実際、日本の海外ウエディングにもこの「モダーヴ城ウエディングハートたち」は紹介されています。
地下にはレストランもありました。
クリスマス前ということもあり、ツリーやクリスマスデコレーションがきれいでした。

3b3aacbf.jpg



名残惜しく、次の古城へ。
こちらは5つの円塔のシルエットが有名な「ヴェーヴ城」。
ちょっと冷たい感じもしますが、スカートをまくり上げて石段をかけ下りるお姫様。
その先には馬を走らせてきた王子様が待ってるんです。
何を想像しているんだか…冷や汗

31656ab5.jpg

「Chateau de Veves」

今日は天気が悪いんですよ。
曇り空から小雨が雨
天気が良かったらお城の雰囲気も変わるんだろうな。



この後、デュルビュイやディナンといった街を観光。
次にUPします。



この夜宿泊したホテルがナミュールにある「シャトー・ドゥ・ナミュール」。
シャトーホテルですびっくり3
このホテルに宿泊できる!というのも、今回のツアーを選んだポイント。
シタデル(=城塞)の一番上に建っていて、ナミュール州のホテル学校が経営。

15dc83a7.jpg

「Chateau de Namur」

ホテルに着いてびっくりしたことが。
いきなり”超イケメン”がお出迎え。
それも3人!!
みんなで「かっこいいね。若いね。」と言いながら終始イケメン君たちの観察開始。
一生懸命スーツケースにルームナンバーを書いてるんだ。


「すごい若いけど、彼らはホテルマンかな?」
「このホテルのオーナーの3人息子、つまり御曹司では?」
「一番背が高くてモデルみたいな長男がかっこいい」
なんて好き勝手言ってたら、添乗員さんが「彼らはホテル学校の研修生なんです」と。
なるほど!!だから若いんだ…
御曹司でも、3兄弟でもなかったのね冷や汗


ポーターの役になったり、Dinner時の接待役になったり、一生懸命頑張ってる姿がかわいくて、ツアーのおば様たちも顔がニコニコ笑顔(私も…)。
翌日分かったことですが、3ヶ月研修で、彼らはこの12月から研修スタートとのこと。
3週間前に同じツアーで訪れたグループは女性だったようです。
ちょうど入れ替わりのタイミングだったんですね。
イケメン君たちの時でよかった!と思ったのは私だけではないはず…

at 19:53|PermalinkComments(0)travel 

2007年01月17日

何だこりゃ?

おもしろい動画CMを見つけちゃいました。
「キックおでん」クリックという関西発のネット動画CM。
サントリーCM「バブルマン」や、アニメ「ウサビッチ」で知られるカナバングラフィックスが作成したフルCGアニメなんだ。


なんか意味不明な点もあるけど、変な関西弁(イントネーションが変!!)使って、おでんを売ってるCM。
屋台のおでんやに入ってきたお客さんに「あんた東京の人?出張で来たの?」って聞くと、「大阪生まれの大阪育ち」って答えるお客さん。
どう聞いても大阪育ちじゃない!!
ゼッタイあんなイントネーションじゃないよ!!怒


「あんたと違って忙しい。早く帰ってアタック25見ないといけない」みたいなことをお客さんに言ってるんだ。
ってことは、設定時間は日曜のお昼1時ぐらいってことかな?
なんで「アタック25」なんやろ?
それやったら「えみぃSHOW」や「新婚さんいらっしゃい」ちゃうか???


それに、”関西人はせっかち”ってのが、全面的にでてる。
「イライラするねぇ」なんて店員が言ってます。
まぁ確かに関西人はせっかちです。
信号青信号になるまで待てないですからね。


いろいろツッコミどころがあって、関西人の私から見たらおもしろいけど、他地域の人達はどんな風に感じるんだろう?

at 00:05|PermalinkComments(0)diary 

2007年01月16日

「Pierre Marcolini」

Sweets Factory


Kumikoさんが羽田空港で買ってきてくれた「Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)」のプラリネたち。
言うまでもなく、ベルギーチョコです。
もちろん、今回のベルギー旅行でこのマルコリーニのチョコは買ってきました。
なので、詳しくはベルギー旅行記メモの中でご紹介します。


c0544f31.jpg
日本では東京の銀座店(ここではチョコレートの他に、カフェが併設されているので、アイスクリーム・パフェも食べれるそうですよ)と羽田店しかないんです…
またもや、大阪にはなく…ダメ2
大阪という土地柄なのでしょうかね。


左から
★Pierre Marcolini<ピエールマルコリーニ>
72%のダークチョコレートの中に、ピエールお気に入りのカカオを使用したビターガナッシュ
★Manjari<マンジャリ>
64%のダークチョコレートの中に、原産国の違うカカオをブレンドしたビターガナッシュ
★Torsade<トルサード>
ミルコチョコレートの中に、アーモンドとヌガーチップス入りプラリネ
★Palet Or Lait<パレオレ>
ミルコチョコレートの中に、タヒチ産バニラで香り付けしたガナッシュ
★The Fondant<デフォンダン>
ダークチョコレートの中に、アールグレイティーで香り付けしたビターガナッシュ
★Java Fondant<ジャバフォンダン>
ダークチョコレートの中に、マダガスカル産カカオとジャワコーヒーの風味


どれも美味しそうで迷っちゃう。
でも、やっぱりビター好きな私は左2つを頂きました。
ありがとう!Kumikoさん。


ベルギーチョコは本当に濃厚で、後味がしばらく残って楽しめるのが特徴的。


ベルギーから帰国後はチョコにハマリまくってます。
マイ・ブームってやつです。
だってほんとおいしいんだもん!
デパートのバレンタインフェアで、”自分用に”ベルギーチョコを買おうと、今からどれにしようか迷ってるところ。

at 19:03|PermalinkComments(4)gourmet 

2007年01月15日

「春のワルツ」story9

チェハとウニョンの恋模様が徐々にあらわれてきた第9話。
それと同時に、恋に破れる女のイヤな部分があらわにもなってくる。
段々おもしろくなってきましたハートたち「春のワルツ」。


9話でウニョンの髪がチェハの顔にかかるシーンがあるんだけど、「冬のソナタ」を思い出した。
高校時代、学校を抜け出し湖へ行くバスの中で、ユジンの髪がチュンサンの顔にかかるシーン(第1話)。
同じ監督が作ってるから同じようなシーンが生まれるのかな?


「春のワルツ」
ユン・ジェハ(ソ・ドヨン)
パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)
フィリップ・ローゼンタール(ダニエル・ヘニー)
ソン・イナ(イ・ソヨン)
2006年 全20話


【あらすじ】
story9.「失敗に乾杯」

チェハのロード・マネージャーとして働き始めたウニョン。
しかし、チェハとウニョンが親しげにしている姿が面白くないイナは、ウニョンを冷たく扱わう。
チェハからも失敗して怒られてばかり。
しかし作曲活動がうまく進まないチェハを元気づけるため、ウニョンはチェハと一緒に外出する。


持ち前の明るさで徐々にチェハの心をつかんでいく。
そんな二人の姿を見たチェハの母チスクは、気が気ではない。
それは、苗字こそ違え、「ウニョン」という名がどうしても気になるから。
チスクは夫ミョンフンに、幼い頃別れたウニョンが、今どこにいるのか調べて欲しいと頼む。
一方、大臣の座を目前にしたミョンフンの元にも、「チェハの子供時代について知りたい」と、イナの友人記者ヒジンが訪れていた。


チェハが出演する音楽祭の日。
イナは会場まで一緒に行こうとするが、チェハは「コンサートの当日は一人で電車で行く」と断る。
イナはウニョンに、チェハを駅まで送ったら会社で資料整理をするよう命じ、一足先に会場へと向かった。
初めて仕事らしい仕事ができると思っていたウニョンはがっくり。
その姿を見たチェハは、会場までウニョンに送ってもらうことにする。
ところが事故で道は大渋滞。
コンサートの開始時刻が迫ってくる。
近くにあったスクーターでチェハを送るウニョン。
この時、ウニョンの風になびく髪をハンカチで結ぶチェハ。
無事、会場に到着する2人。
しかし、イナはウニョンを責める。


翌日、ウニョンとチェハは2人でソウルへと戻る途中、田舎の国道沿いで鶏を積んだおじいさんの運搬機と接触事故を起こしてしまう。
必死に逃げ出した鶏を追いかける2人。
おじいさんの家で休憩することになったチェハとウニョンは、孫の面倒を見る羽目になり、帰れなくなる。
そんな事が起ってるとは知らないイナは、チェハに電話をかける。
「今日は帰れない」とのチェハの返事の直後、ウニョンの笑い声が聞こえてきた。


チェハとウニョンが戻ってくるなり、イナはウニョンの髪に結ばれたハンカチを見て怒り出す。
その姿にチェハは激怒する。

キラキラ星1    キラキラ星1    キラキラ星1    キラキラ星1


一気に12話まで見たので、徐々にストーリーUPします。

at 22:44|PermalinkComments(0)drama 

2007年01月14日

季節外れのクリパ

昨日は、季節外れのクリスマスパーティーを友人宅でしました。
まぁ、新年会のほうがあってるかな。


毎年12月にクリスマスパーティーをするんだけど、今回は体調不良やみんなの予定なんかで日程が調整できず、年明けにすることに。
お決まりのプレゼント交換も、その時に用意してたから、みんなクリスマス仕様。
メモに名前を書いて順番に選ぶんだけど、1回で決まることはまずナイ!
誰かが、「あ自分のや」ってことで、やり直し。
今回も6.7回やったかな?
プレゼント交換がメインイベントだけど、一瞬にして終わってしまう切なさもあるんだよね。


友人はお料理上手だから、いつもお昼ごはんをご馳走になってます。
昨日もすごく美味しくて、お腹いっぱいになるまで食べてしまった。
その結果、晩ご飯まで入る胃袋はなく、でも、せっかく母親が用意してくれてたから申し訳なく、10時頃食べることに。


ボード版「人生ゲーム」で大金持ちになったり、破産宣告する!?状態になったり…
楽しい1日だった。

at 16:48|PermalinkComments(2)diary 

2007年01月13日

「フラッグスカフェ」

金曜日、久しぶりに友達との外食。
前から行きたかった4℃がプロデュースしているカフェレストラン「フラッグスカフェ」へ。
阪急三番街B1にあります。
1Fがちょっとしたカフェとテイクアウトショップ。
お食事はお店の中にある赤い螺旋階段を下りてテンション下B1F。


壁際の席に案内されました。
その壁にはこんなにかわいいプレートがたくさん飾られてます。
”cafe”が目と鼻になってるのわかる?

ed9e146e.jpg



「夜カフェごはん」をチョイス。
料理本日のパスタ・本日デリ・ガーデンサラダの1プレート
料理選べるケーキとアイスクリーム
料理お好きなドリンク
これで1700円なんですよ笑顔


ホタテのトマトソースパスタ・サーモングラタン・かぼちゃのデリ(=お惣菜)・サラダ
思ったよりボリューム満点びっくり3

2d6fb5a0.jpg



パンもついてきますよ。

d9efc145.jpg



コイバナ・人生について・懐かしドラマ・カラオケネタ…etc
話は尽きませんね。
結構お腹いっぱいだけど、デザートの登場です!
っが、コレ見てみて!!
砂糖なんだけど、かわいくないですか?

d4c56079.jpg



ケーキはメニューの中から好きなのをチョイス。
私はフルーツいっぱいのショートケーキケーキ
5層のスポンジケーキ。
かなりボリューム感ありますよ。
バニラアイスも添えられてます。
ドリンクもかなりの数からチョイスOK。
なんてネーミングだったか忘れたけど、フルーツティーでした。

5464e27b.jpg



かなり盛り上がってテンション上、周りのお客さんに迷惑だったかな?
でも、他のお客さんも盛り上がってたから、まっ!いいかっ!
ホント美味しかった。
また行きたいお店のひとつになりました。

at 20:23|PermalinkComments(4)gourmet 

2007年01月12日

「春のワルツ」story7・8

最近、木曜日に予定が入ることが多くって、リアルタイムで「春のワルツ」見れてない…汗
他のも溜まってるから、まとめ見になっちゃうんだよね。
早く追いつかなくちゃ…
今回は7話・8話をまとめて


「春のワルツ」
ユン・ジェハ(ソ・ドヨン)
パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)
フィリップ・ローゼンタール(ダニエル・ヘニー)
ソン・イナ(イ・ソヨン)
2006年 全20話


【あらすじ】
story7.「母の眠る島へ」

ウニョンに大切な貝殻細工の入った箱を落とされたチェハは激怒。
驚いてその場を立ち去るウニョン。
フィリップはチェハを責め、二人は険悪な雰囲気に。
その夜、チェハはフィリップに謝罪の電話を掛ける。
しかしフィリップは携帯電話をウニョンの車の中に忘れていた。
「今日はごめん。彼女を見ると、なぜか辛くなってイライラする」というチェハの言葉を聴いてしまったウニョン。
思いがけないチェハの言葉に、ウニョンはますます傷つく。


翌日、フィリップに携帯を届けようとホテルに行ったウニョンは、宿泊客から泥棒と間違えられ、かばんの中身をひっくり返される。
偶然通りかかったチェハはウニョンを助けるが、昨日の電話に出た相手がウニョンだったことに気づく。
チェハはウニョンが落としていったコンパクトを拾い、割れたファンデーションを新しいものに買いなおした。


ウニョンは実の母親の墓参りのために故郷のチョンサン(青山)島へと旅立つ。
友人のミジョンからそのことを聞いたフィリップは、飛行機でその後を追った。
フィリップはウニョンの故郷で楽しく過ごす。
帰りの船がなくなり、民宿に泊まることになった2人。
その夜、ウニョンへチャハは「悪かった。怒鳴ったこと。君を見るとイライラすると言った事」と誤りの電話をかける。


ウニョンにはいつも見る夢があった。
目の前からスホが消え、スホの父親にだまされて旅館に売られた少女時代のことを…。


ホテルで会ったウニョンにコンパクトを返そうとウニョンを探すチェハ。
その頃、ホテルの中庭でフィリップはウニョンに告白をしていた。
その姿を見てしまったチェハは、複雑な想いでその場を後にする。




story8.「ロードマネージャー」

状況をよく理解できないまま、フィリップの告白を受け入れた形になってしまったウニョン。
そんな二人の姿を見ていたチェハは、静かにその場を立ち去った。
その足でホテルのレストランで両親とイナ父娘との食事をするチェハ。
ところが同じレストランに、フィリップとウニョンもやってきた。
ウニョンにコンパクトを渡したいチェハだったが、なかなか渡すチャンスがない。


ウニョンの家には、養父のトゥシクが帰ってきていた。
しかしトゥシクはマルチ商法で借金がたまっており、店に取立てがやってくる。
そこにコンパクトを届けに来たチェハが現れる。
ウニョンを助けようと取立屋を殴ろうとするチェハの拳をウニョンはとっさに守った。


借金を返すためにウニョンは奔走する。
子供の頃、母親を亡くしたウニョンを救ってくれたのは今の家族。
その家族のためなら何でもするウニョン。
しかし、どうにもお金の工面ができずにいたウニョンは、チェハに助けを求めようと彼に会いに行く。
しかし、何も言えずに帰る。
そんなウニョンの状況を気にしていたチェハは、陰ながらウニョンを助けようと、フィリップを通じ自分のロードマネージャーにならないかと持ちかけた。


フィリップの話にウニョンは了承する。
ほろ酔い気分でウニョンはホテルへ向かう。
フィリップに告白された時パンプスもらったが、その時履いていたスニーカーを忘れて帰ってしまったため、そのスニーカーを探しにやってきたのだ。
雨の中一生懸命に探すウニョンの姿を見つけたチェハは傘を差し出す。
そんな二人の姿を見た母親は驚きを隠せない。


チェハはやっとウニョンにコンパクトを返すことができた。
「私、明日からロードマネージャーになるんです」とウニョンはチェハに報告。
ウニョンが仕事を引き受けてくれて安心するチェハ。


ロードマネージャーとしての初日、そのウニョンの手には、チェハに返してもらったコンパクトが。
そのコンパクトを見て驚くイナ。
化粧品売り場で何かを買っているチェハの姿を見かけたとき、自分へのサプライズプレゼントを買っていると思い込んでいたのだった。

ハート   ハート   ハート   ハート   ハート


これからイナのウニョンへの嫌がらせが始まるのかな?
早く続きを見なきゃ。

at 23:51|PermalinkComments(0)drama 

2007年01月11日

「グリーンローズ」

サスペンスタッチのドラマはおもしろい!!
今見てる「グリーンローズ」がまさにそう!
陰謀に巻き込まれ、無実の人間が殺人犯になり、逃亡生活の果てに復讐を誓う。
いったい誰に陥れられたのか?
どうやって真相に近づくのか?
そして復讐は…?
先が気になるドラマです。


d10bafcf.jpg
「グリーンローズ」
イ・ジョンヒョン(コ・ス)
オ・スア(イ・ダヘ)
シン・ヒョンテ(イ・ジョンヒョク)
チャ・ユラン(キム・ソヒョン)
2005年 SBS

【あらすじ】
普通の会社員イ・ジョンヒョンは恋人オ・スアの父でありSR電子グループのオ会長を狙った放火、殺人の濡れ衣を着せられる。
ジョンヒョンは「自分ははめられた。無実だ。」と主張するも、真相を知るオ会長は意識が戻らない。
濡れ衣のまま殺人者となったジョンヒョンは、無実を証明するため逃走する。
偽証したチャ・ユランの後を追い中国へとやってくる。
浮浪者のような生活をしながら再起と復讐のチャンスを狙う。

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー


「グリーンローズ」の花言葉は”永遠の愛”。
真犯人を見つけて”グリーンローズ”を手に入れることができるのかな???

at 21:09|PermalinkComments(0)drama 

2007年01月10日

チャン・ヒョク復帰作決定!

昨年11月に除隊したチャン・ヒョクの復帰作が決定!
3月から韓国で放送されるMBCドラマ「僕らがいた」で復帰するみたいです。

偶然出会った男女がぶつかり合いながらも愛情を育てていく様子を描くヒューマンドラマ。チャン・ヒョクは自由奔放で荒々しいが有能な医師だそうです。
相手役は、コン・ヒョジン(「サンドゥ、学校へ行こう!」)。

楽しみ!!
日本でも放送してほしいものだわ。

at 23:17|PermalinkComments(0)drama 

2007年01月09日

スーツケース

先日、スーツケースが修理されて戻ってきました。
というのも、新品のスーツケース(ベルギー旅行のため、新しく買ったんですよ)が、気がついたら一部壊れている!!


買ったばかりだからゼッタイ壊れているわけがなく、それに、すぐに目に付く位置だから、どう考えても航空会社以外考えられない!!


関空のターンテーブルの横にある、スーツケース修理受付場所で「これ買ったばかりなのに、壊れてるんです!」と主張。
「修理します」ということで書類を渡されました。


いつも旅行の時に添乗員さんが「スーツケース壊れてませんか?確認して下さい」って言ってたけど、まさか、自分がそうなるとは…
同じツアーの人が”破損”というのは見たことあったけど…。


今回のツアーでも、何人か”破損”してました。
実際、飛行機に荷物が詰まれる現場を見ると「うそ!!あんなに乱暴なの!?」って思うもんね。
もうちょっと丁寧に扱ってほしいものです。

at 20:26|PermalinkComments(2)travel