2007年12月

2007年12月15日

最新韓国ドラマ情報 vol.2 「ニューハート」

最新韓国ドラマ情報 vol.2


ペ・ヨンジュンが体を張った演技で高視聴率をマークし続けた「太王四神記」の後続番組「ニューハート」が12日より韓国でスタート。
主演は軍除隊後初ドラマとなるチソンです。

79906_l


チソンの知名度が上がったのは「オールイン」だけど、私が好きなのは「ラストダンスは私と一緒に」です。
ユジンとの切ないラブストーリーが良かった~↓↓↓

09091420


今回の「ニューハート」は医療ドラマです。
初回視聴率17%を獲得し、ライバル番組を引き離している状況らしいです。


意志の強い性格と優れた医術を持つチェ・カングク(チョ・ジェヒョン)は、名門グァンヒ大学医科大学病院の胸部外科新任科長として赴任する。
レジデント1年目の地方大学出身のイ・ウンソン(チソン)と、大学修学能力試験満点の主席入学生ナム・ヘソク(キム・ミンジョン)は、チェ・カングクの指導を受けながら真の医師として成長していく。
病院内権力争いや恋愛も絡んだドラマになっていくそうですよ。

81966_l

右側のチェ・ジェヒョンは「ピアノ」で初めて知った俳優さんだったんですが、演技派俳優です。
「ピアノ」では泣かせてもらいました。
家族をどこまでも信じ、愛する姿には感動です。
すごく優しいお父さん役だったけど、今回のドラマでは全く違う硬派なお医者さんなのかな?
まなざしが鋭いから。


ただ、チェ・ジェヒョンの役どころが「日本ドラマ「医龍」の朝田龍太郎を連想させる」って言われてるけど、坂口憲二とチェ・ジェヒョンでは全然違うんだけどな~。
ドラマ見てたらそう思うのかな???


チソンはこれより先に映画「宿命」にも出演してました。
クォン・サンウ&ソン・スンホンのW主演で、ソン・スンホンもチソンも除隊後最初の作品になってます。
撮影は12日にクランク・アップ。
主演俳優が顔を揃えた映画なので、こちらも期待大ですね。


韓国公開は来年上期、日本はもうちょっと先でしょう。


日本では4月からの新ドラマで韓国映画「猟奇的な彼女」をリメイクすると発表がありました。


草なぎ剛と田中麗奈主演。
20%は取れる!と関係者は言ってるそうだけど、う~~~ん、オリジナルを見てるからどうかな~って思いますね。
ラブストーリー映画の中でもめちゃめちゃ好きな映画だから、余計にそう思うのかも…。

razz_0120 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean drama 

2007年12月14日

北山猛邦「『クロック城』殺人事件」

ここ数日、雨が多かったので家の前のイチョウ並木はかわいそうなくらいハゲハゲになってました。
道には落ち葉になったイチョウの葉が散乱…。
この前までは黄色の葉がキレイだな~って思ってたのに、雨と風にやられちゃってました。
こういう光景を見ると冬だな~って思います。
♪冬がはじまるよ~♪とマッキーの曲を思い出した今日の朝。


話は変わって、以前東野圭吾の文庫本を送ってくれた本社の人からまたドサ~っと文庫本が届きました。
あまりの多さにビックリ!!
すぐには読めないけどゆっくり読んでいこうと思ってます。


この前読み終わった文庫本があったんですけど、これまた不思議なお話でした。
北山猛邦さんの「『クロック城』殺人事件」という、タイトルからしてベタな推理小説だと思って読み始めたら、「」いっぱいの内容でした。


まず設定がありえない!
幽霊退治を専門にしている探偵が主役なんです。
それも、磁気異変で”世界が滅亡へと向かっている”という時代背景。
なんじゃこりゃ???と思いながら読んでいました。


依頼者である瑠華に連れられて彼女の家「クロック城」へと探偵ミキと幼なじみ奈美がやってくるんだけど、ここの住人たちが次々と殺されるんです。
その殺され方がスゴイ。
いわゆる首ナシ死体でクロック城で発見されるんです。
犯人は内部の人間であることは間違いないけど、館の造りからして殺人を犯すのは不可能。
いったいどうやって不可能犯罪を可能にしたのか?
また動機は何か?


首ナシ死体が発見されたあたりから、これってもしかしたらおもしろい!?って感じになってきて、知らない間にページが進んでました。
「犯人は○○だ!」と謎解きをした瞬間に犯人は自殺。
これで事件解決と思いきや、「実は犯人は□□です」と別の人物による謎解きが始まるんです。
「え~!?この人が犯人???」って思ったら、「本当の犯人は△△です」と、3度目の謎解き。
最後の最後、本当に残り数ページで真犯人と動機がわかる推理小説だったんです。


幽霊退治やら磁気異変やら、なんか変な世界だったけど、謎解きとしては最後まで楽しませてくれました。



razz_0120 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)book 

2007年12月13日

”葛根湯王子”Jung-Hun(ジョンフン)

今日久しぶりにクラシエ「カンポウ専科」のCMを見たよ~。
ジョンフ~ン~!!って叫んでしまった。





じっくりCMを見たかったのでまたまた映像を探してみました。



ジョンフン:「おさらいです。」
おばちゃん:「ハイ」
私も「ハイ!」っていいました。

ジョンフン:「読んで、選んで。」
私:「うん!読むね」

完全にアホまるだしです。


香港のグレゴリー・ウォン、台湾のスタンレー・ワンには全く目が行きません。
ジョンフンOnlyです。


来日記者会見の映像もあったのでどうぞ~。



ジョンフン:「葛根湯王子のジョンフンです。風邪かな~と思ったら僕を呼んでください。」
私:「呼ぶ呼ぶ!絶対来てよ!」


「葛根湯王子のジョンフンです」って言った瞬間、記者たちが笑ってましたが、私も笑いました。
ジョンフンが言うからかわいくていい意味で笑っちゃうのよ

razz_0120 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean actor 

2007年12月12日

シューマッハ&ライコネン”FIAT”CM/アロンソ&ハミルトン”Mercedes-Benz”CM

ありました!!
シューマッハ&ライコネンの”FIAT”CM画像。


F1ファンでない人にはなんの意味も持たないCMだと思いますが、ライコネン好きの私には笑ってるライコネンの姿が見れるのはうれしいことなんです。
レース中は本当にクールで笑顔を見れるのが少ないんだもん…。



ライコネンがフェラーリに来たからこそ実現できたCMですね。
F1ファンにとっては最高の組み合わせ!



そして、そして、日本GPで一度しか流れなかった幻!?のメルセデスCMも見つけました。
アロンソ&ハミルトンの”Mercedes-Benz”CM画像。
今となってはもう絶対見ることのできないCMです。
貴重ですね~。



ワールドチャンピオン・アロンソが一歩リードしている状況で、でも、2人が争っている感じを上手くコミカルに表現してますよね~。
最後にスペシャル・ゲストのハッキネンも登場して、マクラーレンの最強レーサー(ここにセナがいないのが本当に残念です)が集結です。


単なる私の趣味の世界でした。


razz_0120 at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sports 

2007年12月11日

アロンソやっぱりルノー/シューマッハとライコネンのCM共演

今シーズンのF1を騒がせたアロンソの移籍先が決まりました!

やっぱりルノーでした。

今年はフェラーリとマクラーレンの2強だっただけに、ルノーとしては来年はここに割って入りたいんでしょうね。
アロンソにとってもルノーは古巣だから、マクラーレンとは違った”いい待遇”が待ってるわけで、きっと両方にとってメリットありありなんでしょう。
アロンソが移籍してきたために、もちろん出されるレーサーもいるわけで…。
世界最高峰のF1をドライビングできるレーサーはたったの22人。
超~狭き門です。


ワールドチャンピオンになったライコネンのトロフィー授与式です。



蝶ネクタイが似合ってますね~。
ジャン・トッドも嬉しそうです。


来年3月からカーナンバー1でレースをするライコネン。
ファンとしては今までの期待とは違う大きな期待を持って応援するわよ!



そうそう、FIAT(フィアット)のTVCMにシューマッハとライコネンが共演してるってニュースが。

38歳のシューマッハはそのハッチバック(2ボックスセダン)について息つく間もなく語り続ける。
ライコネンが「おしゃべりとドライブ、一体どっちがいいんだい?」と言うまで。

見た~い!!
日本ではCMないだろうな~…。
ライコネンの日本でのTVCMで好きだったのはメルセデス。
かっこよかったな~。
今では絶対に見れないCMになっちゃった。


razz_0120 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sports 

2007年12月10日

「ENTREPOT」でDINNER

今日もまたまた職場の女の子でDINNERです。
ちゃんと忘れずに写真撮ってきましたよ。
(ちょっとピンボケしちゃった


なんばパークスにある「ENTREPOT(アントルポ)」というお店で、フランス語で「倉庫」という意味らしいです。
ワイン倉庫って感じの店内でした。


元々女の子5人で食べに行く予定だったんですが、上司に「今からご飯食べて帰りま~す」って言ったら「ご馳走してあげよう!」って言ってくれたので、お言葉に思いっきり甘えて女の子5人+上司(もちろん男性)でDINNERです。



ワインやワインカクテルなどでかんぱ~い


まずはオードブル。
何種類かある中から好きなものを選びます。
私はホタテの何とか(覚えてません…)。




ハムの2種盛





惣菜3種盛(ポテト・サーモン・お豆さん)





ニース風サラダ





魚介(たこ・いか・エビ)のピリ辛オイル煮




ピザ&パスタ(←すっかり写真撮るの忘れました…)


デザートケーキ(これを6人でカットしました)は、オーダーしてから作ってもらいます。
クレープケーキになってますよ。






上司がいるのに、女の子だけで話をしているくらいすっごい盛り上がりました。
”甘いものが大好きな上司”ということが今日判明し、今度はリッツ・カールトンのケーキバイキング行きましょう!なんて話にまで。
上司がいることに全く違和感がない楽しいDINNERだったんです。
上司も「男だけで飲んだり食べたりするより、女の子と一緒の方が楽しいよ」と言ってくれてるし、みんなも楽しんでました。
たまにはこんな会もいいもんですね。


今日はご馳走様でした!!


「ENTREPOT」
大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス7F
06-6634-3440


razz_0120 at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)gourmet 

2007年12月09日

クリスマス・ピラミッド

街中はクリスマスイルミネーションでキラキラしているのに、我が家は全くクリスマスの雰囲気がありません。
今日あわてて「クリスマス・ピラミッド」を飾りました。
この「クリスマス・ピラミッド」は去年もブログで紹介しましたが、ドイツに旅行に行った時に買ったとってもお気に入りのクリスマス・グッズです。
ドイツではクリスマス・マーケットでも売ってるし、クリスマスグッズ専用のお店でも売ってます。
これはローテンブルグのクリスマス・グッズ専用店で買いました。
木で出来ているあたりがドイツらしいですよね。



ろうそくの炎で上のプロペラがクルクル回るんです。
プロペラが回るとお人形さんたちも回る仕組みになっています。



ドイツにはたくさん思い出があって、本当に楽しい旅行だったな~。
ヨーロッパが大好きで、特にドイツが好きなんです。
子供の頃からお城や宮殿に憧れてて、いつかドイツへ行きたい!って思ってて、いざドイツへ行ったら毎日が夢の世界ですごく楽しかったんです。
東ドイツ時代の暗い部分ももちろんあるけど、きれいな部分もたくさんあって、何度でも訪れたい国の一つになりました。
2回目に行った時も、やっぱりドイツはいいな~って思ったくらいです。
もし、ドイツに行く機会があれば、オススメは12月です。
クリスマス一色のドイツはどの街に行っても楽しいですよ。

razz_0120 at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)diary 

2007年12月07日

今週の「宮」

この数日すごく寒いんですけど~。
空気が冷たいのかな?
去年は暑いな~って思ってたのに、今年は寒い冬(当たり前だけど)になるのかな?
確かおととしはすごく寒くって、大阪でもめずらしく雪の日が多かったんだけど、雪をあまり見ることがない私にはなんだか雪が降るとうれしいのよね~。


さてさて、話は全く変わります。
今週の韓国ドラマ「宮~Love in Palace~」

★サンテレビ 第9話「宣戦布告」★

シン君はタイへ。
飛行機から降りて出迎えられるシーンは飛行機は合成されてるんだよ。
見るからにちょっと違和感あったからやっぱりとうなずけました。
仲直りの電話を何度もかけてるのにシン君からの連絡は全くないから、どんどん落ち込むチェギョン。
シン君がいない宮中で頼れる人がいない時、ユル君が優しく手を差し伸べるの。
チェギョンと学校を抜け出したユル君。
お弁当まで作ってあげるなんて、優しすぎます~。
でも、チェギョンは「シン君が好き。片想いってつらいね」ってユル君に話すの。
オイオイ!
目の前のユル君もチェギョンに片想いしてるんだよ。
つらい気持ちはユル君のほうがよく知ってるよ。





せつなすぎますね~ユル君。
切ない表情が素敵なユル君ことジョンフン。
ユル君役がハマってます!



内緒で姿を消したチェギョンは皇后様に怒られ落ち込みます。
そこへ皇太后様がはげましに来てくれるの。
「妃宮をたくさん泣かせた。彼女の涙は澄んでいてとても美しい。その涙を見た時自分の中で感じるものがあった」とシン君。
タイへ経つ朝にシン君が皇太后様に話したことを皇太后様がチェギョンに告げるんです。
シン君、この後もたくさんチェギョンを泣かせるんだよね。





タイでのシン君はといえば、ヒョリンとの密会です。
勝手にヒョリンがシン君に会いに来たんだけどね。
このときの様子がパパラッチされ、後日新聞に載ることに。
更に更に、空港でヒョリンはシン君にキスを。
これもばっちり撮られちゃうんだよね。







これがエンディングのアルフレッドです。↓↓↓
テレビ版は残念ながらカットされてるんだよね~。



↑↑↑ユル君とチェギョン姫。


↓↓↓シン君とヒョリン。




★KBS京都 第10話「突然の告白!」★

ヒョリンを空港へ送ったシン君はあわてて記者会見場へ向かうんだけど、街中でゾウの大群に出会うわ、交通渋滞に遭うわで、ギリギリなんとか間に合うんです。
テレビではこのシーンが大幅にカットされてました。
まぁ、このシーンはカットされてもストーリー的にはほとんど問題ないから大丈夫だけどね。





無事、記者会見を終えたシン君は、チェギョンに電話しようかな~って携帯電話を触るんです。
その時にコン内官が「妃殿下に電話されましたか?」って聞くんです。
(チェギョンは何度も連絡してくるんだけど、シン君が全く連絡していないから心配してるんです、コン内官)
シン君慌てて携帯をしまう…。
本当は電話しようと思ってたんだよね。
なのに、照れちゃってるシン君です。







一方、チェギョンは淋しさからユル君と学校を抜け出し、宮中で大騒ぎに。
ユル君はチェギョンに「本当は僕の許婚だったんだよ」って淋しそうに言うんですよ~。
いつもチェギョンを助けてくれる優しい王子様。
(この先どんどんユル君のせつないモードは上昇していきます。悲しいですぅ~)
冷たいシン君とは大違い!ってチェギョンは思ってるんだけど、実はシン君は態度には出さないけど、チェギョンのこと意識してるのよね~。





↑↑↑このユル君の顔好き~!!って言うか、どんな顔でも好き~!!



皇后様に怒られ落ち込んでいるチェギョンのそばにタイから戻ってきたシン君が!!
チェギョンは何にも連絡くれなかったシン君に対して「最低男!」とののしるけど、シン君は「今度は一緒に行こう」と言ってチェギョンを抱きしめるの。
キャ~!!シン君は完全にチェギョンですぅ~。
2人の微笑ましい光景をコン内官とチェ尚宮が見守っています。










タイのお土産をチェギョンにあげようとチェギョンの部屋へ入るシン君。
シン君人形が怒った顔だったから、クルっと笑顔バージョンへひっくり返すシン君。
ベッドの上にお土産を置いた途端、チェギョンが戻ってきた~。
あわてるシン君。
そっと部屋から出た後にお土産に気づくチェギョン。
中にはネックレスが…。






うれしくてシン君人形を背負いながらシン君の部屋へやってくるんです。
そんな姿を見ても相変わらずクールなシン君なんです。
「ダイヤなの?ネックレスつけて~」ってチェギョンに言われても「コン内官が買ったものだから」とあっさり。
「本当はシン君が買ってくれたんだよね。照れてるのよね。お仕置きするからついて来なさい!」ってシン君人形に言いながら部屋に戻るチェギョン。
その後はいつものシン君人形に当たり散らかすのでありました。











次回はシン君とヒョリンの密会がいよいよ新聞に載っちゃいます。
ますますチェギョンは落ち込んじゃいますよ~。


エンディングのアルフレッドです。↓↓↓





このアルフレッドがその回のハイライトシーンや次回の予告をうまく表現してくれてるんですよ。


前回ブログ(11/22)写真を追加しました

razz_0120 at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean drama 

2007年12月05日

「HEROES」9話/新ドラマ「ラスベガス」「4400」

昨日は溜まっている海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」を見ました。
9話まで来てもまだまだイントロダクションぽいんですけど~。
”どんだけ~ぇ~”と言いたいです!


今まで怪しいな~って思っていた人物が実はいい人!?(まだ信じがたいんだけど)ってわかったのはよかったけど、まだまだ登場人物が微妙~にしか絡んでないのよね。
早くみんなが集合してほしいな~。
もしかして最終回まで集合しないのかな???


今月は新ドラマが2つ始まるのでウレシイ!その分ビデオたまらないようにしないといけないんだけど…。
「ラスベガス」(FOX)と「4400」(ABC)。


「ラスベガス」
カジノの裏側をドラマ化したとなると見ないわけにはいきません!
ラスベガスへ行ったことある人ならわかると思いますが、一日中朝も晩も関係なくカジノ・カジノ・カジノのラスベガス。
私のように小額しか賭けない人間もいれば(←こんな人少ないかな?)、大金を賭ける超リッチマン。
そんな人たちの相手をするディーラーや経営者。
どんな世界なのか興味深々です。


「4400」
「Xファイル」を彷彿させる謎に満ちたミステリー
「24」にも通じる緊迫感とサスペンス
「LOST」のように先が読めない展開
これだけで”もう見ます!”状態です。
半世紀の間、行方不明者4400人が、2004年の現在、何の前触れもなく突然宇宙から舞い戻ってくる。
彼らは年格好も失踪当時のまま、失踪中の記憶もない。
ただひとつ以前と異なる“特別な力”を身につけ戻ってきた。
「HEROES」にも通じますよ~。


「プリズン・ブレイク」と「HOUSE」が終わったから淋しいな~って思ってたんです。
これからまた半年間楽しみができました!

razz_0120 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)American drama 

2007年12月04日

最新韓国ドラマ情報 vol.1 「悪い愛(BAD LOVE)」

最新韓国ドラマ情報 vol.1


今日からBSハイビジョンで「太王四神記」が始まりますね。
私は見れないので4月からのBS-2まで待ち組みですが…
韓国で高視聴率をたたき出していますよね。
日本でも関連本がいろいろ出てるので、やっぱりペ・ヨンジュンはすごいです!


その韓国で昨日から新ドラマが始まりました。
久しぶり、クォン・サンウ主演の「悪い愛(BAD LOVE)」です。


月ー火ドラマで、裏番組はこれまた高視聴率を出している時代劇「イサン」と「王と私」です。
初回視聴率が6%だったらしく、苦戦を予想されてるみたいですが、正統派メロドラマ(クォン・サンウ、イ・ヨウォン、キム・ソンスが三角関係)のようですよ。

badlove_1


1話からクォン・サンウの超~激しいキス・シーンがあって、視聴者は賛否両論なんて記事が出てました。
(ちょっと激しいのであえて載せてません…)
たった数分のシーンなのに、10時間もかかって撮影されたようです。
ドラマ作りって大変なのね~。

db88685e_wallpaper03_1024


もともとこのドラマはRain(ピ)とコ・ソヨン共演で決まっていたのに、いろいろあって結局白紙に。
それが、クォン・サンウ主演でドラマ撮影がスタートしました。
クォン・サンウのドラマだから、間違いなく日本へやってくるでしょうね~。
ちょくちょくブログでドラマ情報をお知らせしま~す。

razz_0120 at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean drama