2008年03月

2008年03月31日

金八と教え子の”TU→YU”

突然ですが、今大好きなCMがあるんです。
マルちゃんの「赤いきつねと緑のたぬき」の”TU→YU”です。


金八シリーズを見ている私にはめちゃめちゃうれしいユニット!
先生と教え子が一緒にアイドルとして出てるんですよ。


第3シリーズの長野くん(V6)
第5シリーズの風間くん
第6シリーズの増田くん(NEWS)
第7シリーズの八乙女くん(Hey!Say!JUMP)


もうおわかりの通り、全員ジャニーズです


金八にはジャニーズメンバーが出てるんですよ。
第1シリーズのたのきんトリオを初め、KAT-TUNの亀梨くんやHey!Say!JUMPのメンバーまで出てますから。
この前最終回だった第8シリーズにはかっちゃんの息子やフっくんの息子も出てましたよ。
もうJr.が出る時代になってしまったなんて、時の流れが早すぎる。
ちなみに、今シーズンはJr.が4人。
この中から後々スターになるメンバーが出てくるかも…。


っで、話をCMに戻して。
アイドルユニット”TU→YU”のメンバーでもあるテツヤ。
このテツヤ=金八=武田鉄矢が笑かしてくれるんですよ。
一生懸命若いメンバーについていこうとするその姿が最高なんです。
頑張ってフリも覚えてるし…。
「ダンスレッスン編」では、後方真ん中でテツヤは踊ってるんだけど、一人おかしなフリになってます。
でも、一生懸命踊ってるんですよ。
その成果が「TOYOU編」の右から2番目。
違和感なく!?アイドルしてるでしょ。



金八ファンならゼッタイうれしいCMのはず!!(←私だけ???)
ドラマの「金八」は今シーズンは大きな事件がなかったので、全体的に印象が薄いんですけど、親子の絆を前面に出したドラマになってました。
個人的に坂本一家のシーンが好きなんです。
結構マニアックかも…。
金八先生が家に帰ると”ただのお父ちゃん”になるんです。
お姉ちゃんである乙女ちゃんと息子の幸作の家族3人のシーンはちょっとしたコントですもん。
乙女ちゃんが一人暮らしを始めて、幸作も彼女のために沖縄での教員採用試験を受けると言い出し、「坂本一家、とうとうバラバラかっ!?」って思ったけど、幸作が「父ちゃ~~~ん、オレふられた…沖縄行かない、桜中学の採用試験受ける」と言ったときには「そうやと思った~。やっぱり坂本一家はバラバラになったらアカン!!」とまたまたテレビに向かって独り言を言ってました。


「3年B組 金八先生 第5シリーズ」の再放送してくれへんかな~。
一番好きなシリーズやから。



razz_0120 at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)music 

2008年03月29日

「Dr.HOUSE」「スーパーナチュナル」新シリーズスタート

最近、「デスパレートな妻たち シーズン3」「BONES シーズン2」「HEROES シーズン1」が終わって淋しいな~って思ってたら、FOXで5月からまたまた2つのドラマの新シーズンが始まるからうれしい!!


「Dr.HOUSE シーズン3」「スーパーナチュラル シーズン2」です。


「Dr.HOUSE」は大好きなドラマなんです。



タイトルの通り、ハウス医師が主人公の医療ドラマなんだけど、「ER」や「シカゴホープ」のような真面目な医療ドラマじゃないんです。
ハウス先生がとんでもない異端児。
だけど、どこの病院でも治せなかった病気を、部下3人と一緒になって難病を治していくんです。



1話完結だから見やすいし、ハウス医師のトークがおもしろい!!
それに、チェイス先生(左)が好きだから、ハウスにいじられる時「かわいそう~、だけどこのいじられがおもしろいからな~」って思いながら毎回見てます。
本国アメリカではシーズン4がこの前終わったのかな!?
脚本家ストがあったからいつ最終回だったのかはちょっとわからないんですけど…。
あ~~~、5月が楽しみ~。


それともうひとつ、「スーパーナチュラル」ですね。
まだまだ謎な部分が残ったままシーズン1が終わったので、続きが気になってるんです。
シーズン1は吹替えで見てたんです。
成宮くんと井上(次長課長)が主人公2人の吹替えをやってたんで。
その時、ゲスト出演で河本も吹替えしてたんだけど、なぜか気付かなくて、「いつ出てくるんやろう?」って最終回まで思って見てたんです。
結構初めのほうに出てたらしいんですけど…。


本国ニュースです。
アメリカで「プリズン・ブレイク シーズン4」の放送が決定したそうです
シーズン3の視聴率が下降気味でもう続編はないかも…って思われてたけど、それでもやっぱり人気番組なんですね。
相変わらず”プリズン・ブレイク”らしいです。
何回刑務所に入るんでしょうね。

razz_0120 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)American drama 

2008年03月28日

「スパイダーウィックの謎」

昨日、試写会で「スパイダーウィックの謎」を見てきました。
子供たちと妖精たちの戦いを描いたアドベンチャー映画なんです。
↓↓↓試写状です。


主人公は「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア。
この映画では双子を演じているので、一人二役。
見事に演じ分けてますよ。
天才子役って言われるのがわかります。


子供が主人公で、それもアドベンチャー的な映画が好きな方にはオススメ
ストーリーがわかりやすいし、家族を守ろうと一生懸命”悪”と戦う姿に、「がんばれ~」って応援したくなってしまうんです。
主人公がある”謎の書”を開いてしまったことから、森の中に住む”妖精たち=悪”との戦いが始まるんです。
家の中に入り込んできた妖精を倒すために、トマトジュースで作った撃退薬!?をスプレーしたり、その撃退薬!?をオーブンで爆発させて一気に撃滅させたり、なかなかスリリングなんです。



子供が主人公の映画には必ず”家族愛”が描かれてますよね。
この映画もそうなんです。
「ママなんて大っ嫌い!!」と言ってしまったことに後悔してるから、危険を承知でママを助けなきゃ!!って戦いに挑むんです。


物語は約2日間の話。
コンパクトにまとめられてて、上映時間も90分程なので、楽しく見ることができました。




「スパイダーウィックの謎」 公式HP
フレディ・ハイモア(ジャレッド、サイモン)
サラ・ボルガー(マロリー)
メアリー・ルイーズ・パーカー(ママ)
ニック・ノルティ(大叔父アーサー)
2007年 アメリカ映画
2008年4月26日 G・W公開予定


【あらすじ】
両親が離婚し、母親と共にNYから新たな生活を始めるため、森に囲まれたスパイダーウィック家の屋敷へとやって来た双子の少年ジャレッドとサイモン、姉のマロリーの3人姉弟。
この屋敷には80年前、大叔父であるアーサー・スパイダーウィックと娘であるルシンダ叔母さんが住んでいた。


ある日、好奇心旺盛なジャレッドは、屋根裏の隠し部屋からある“謎の書”を発見する。
その書には、それを書いた大叔父アーサー・スパイダーウィックの“決して読んではならない”という警告のメモが貼ってあった。



しかし、中身が気になるジャレッドはその書を開いてしまう。
その瞬間から、屋敷とその周り一帯は真の姿を現し始める。


普段は人間に見えない“妖精”たちだが、“マジック・ストーン”によって見る力を得た彼らの前に現れたのは、かわいい妖精とは全く違った邪悪な妖精たちだった。
この妖精たちは”謎の書”を手に入れるため、ジャレッドたちに「本を渡せ」と迫ってくる。
この本には妖精たちの秘密が書かれているのだった。
”謎の書”を守るために、家族を守るために、姉弟たちは力を合わせ、邪悪な妖精たちとの戦いに挑む―





妖精ってとってもかわいいものを想像しますよね。
でも、この映画の妖精は名ばかり。
どんな姿をしているかは、公式HPを見てください。
ただ、ある人のそばにだけ、本当にかわいい妖精がいるんです。
その妖精たちを見た時、なんだかホっとしました。



子供たちが主役の映画、この後控えているのは「ナルニア国物語」ですね。
第一章を見たので、やっぱり第二章も気になるところ。
そうそう、この試写会の時、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の予告編が流れていました。
シリーズ第4作目。
前作から約20年ぶりの続編になるんですね。
ハリソン・フォード頑張ってるな~。



razz_0120 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)American movie 

2008年03月26日

「北新地うのあん」での送別会

昨日は仲良しの女の子が退職するため、職場での送別会だったんです。
「北新地うのあん」というお店で、お鍋を囲んでワイワイと過ごしてたんです。


4人で1つのお鍋を食べてたんだけど、なんか物足りなくて「みんなお腹いっぱい?」って聞いたら、「いい感じ」らしく、でも、私はなんかまだ食べたかったので「お腹空いてるんだけど…」って言ったら「追加しよう!」ってことになったんです。
鴨肉・鶏肉・野菜の盛り合わせ
それぞれ2人前ずつ頼んだんです。
鶏肉を食べてたら、なんか妙~にお腹に満足感がでてきて、「ちょっと頼みすぎたかも…」って一人後悔…
だけど、私がお願いしたからここは食べないと!!と頑張って食べたんです。
そしたら、やっぱりお腹いっぱいに。
最後にうどんも出てきて、おぅ!ちょっとヤバイ…けど、うどん食べたい!!
また頑張って食べました。
もうお腹いっぱいだよ~~~。
なのに、親子丼が出てきたよ!!
ここの親子丼はおいしい!と聞いていたらしく、苦しいけどこれまた頑張って親子丼食べたんです。
もう苦しい~~~!!
そこへ、「デザート頼みたい人は頼んで~」なんて言われると、やっぱり食べたくなってくるもの。
わらび餅を頼みました。
おそろしや…。
もうこれ以上は絶対にムリっ!!


この写真はわらび餅と白玉パフェ





わらび餅は温かくてきっとできたてだったんだろうな~って思います。
お抹茶付だったので、ほっこりしながら食べてました。
ちなみに、わらび餅がのってるお皿はお月さんなんです。
満月や三日月もありました。
私の月は…微妙な形だな~。


時間も時間だったので、とりあえずお開きに…ってことで外に出たら、キャ~~~雨が降ってる~
それも段々大粒の雨に…。
お店の人が傘を手渡してくれたので、2人一組になって次なる場所カラオケへと向かったんです。
カラオケ屋についた途端小雨に、気づいたら止んでいるではないですか!
半身ビショビショになった私達はなんと運の悪いこと。
カラオケ屋に走ってくれた男性なんて、傘もささずに全身ビショビショ。
タイミングが悪すぎでした…


終電一本前の電車で帰りましたが、今日はなんだか体が眠い…
早く眠りたい~!!


「北新地うのあん」
大阪市北区堂島1-4-20  第2ロイヤルビルB1
06-6346-2466


razz_0120 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)gourmet 

2008年03月25日

GLAYからのバースデーカード

先日、また一つ歳を重ねました。
もうこの歳になると、自分が何歳なのかわからなくなってます。
実際、間違えて覚えてました。ハハハッ


私の誕生日に合わせてGLAYからバースデーカードが届いてました。
↓↓↓


JIROくんが私の誕生日を知っているわけではないけど、でも、こうやって好きなアーティストから自分宛に届くと嬉しいです!!
来月のGLAYのライブが日々近づいてきてますが、最近全くCDを聴いてなかった…。
ヤバイっ!!
この2週間で頑張って曲覚えなきゃ!!


好きなら曲覚えてるんじゃないの???


そう思われる方も多いと思います。
昔は覚えてたんです、ちゃんと。
でも、毎年CD出すから覚えなきゃいけない曲(新曲+過去曲)は増えるわけで、こっちの記憶力は衰えてくるし、どの曲がリストアップされてるのかわからないし…。
そうなってくると、私の記憶のキャパはオーバーヒートな上、覚えたものは自動的に脳から削除されていってるような気がするし…


まぁ、とにかく最近の曲が一番怪しいので、頑張って覚えなおします

razz_0120 at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)music 

今週のテレビ放送「宮」20話

韓国ドラマ「宮」。
テレビではもう最終回を迎えてしまいましたが、思い出しながらUPします。
また長~くなってしまった…スミマセン…。


★KBS京都・サンテレビ 20話 「皇太子妃、初めてのスキャンダル!」★


チェギョンがユル君と外で会った翌日、早速新聞に”皇太子妃の不倫 その男性の正体は?”と記事になってしまったんです。
宮中では「誰といたのか?」とチェギョンに問いますが、シン君からは「本当のことを言うな」と言われているから「実家の父と一緒でした」とウソをつくチェギョン。
photo_256_1_1_no_21072_1

photo_256_1_1_no_21072_2

photo_256_1_1_no_21072_4



今回の件で更に皇室廃止論が高まるのでは…と心配な皇帝陛下。
シン君に「行動には気をつけろ」といつも以上に厳しく言うのです。
photo_256_1_1_no_21072_5




一方、ユル君は「本当のことを話す。僕も悪い。彼女を一人にできない」とユルママに話しますが、そんなことユルママが承知するはずがありません!
「皇帝になる身。女にうつつを抜かすな!」とユルママが言っても、今のユル君はチェギョンのことしか頭にありません。
「皇帝の座より彼女が大切だ!」とまで言い切ってしまうのですから。
そりゃ~、ユルママでも倒れてしまいます。


「昔愛していた人との愛を捨てて息子を皇帝にするために人生を賭けてきた。女一人のために全てを捨てるのか?」とユルママはユル君に話します。
昔愛していた人とは、シンパパ=皇帝陛下のことです。
この時ユル君はまだこの真実を知らなかったのです…。


ユル君はチェギョンに「僕がいたと言え。一人で苦しむな」と言いますが、「気持ちは受け入れられないけど、一度くらいは助けたあげたい」と優しいチェギョンです。


「妃殿下の男は誰だ?妃殿下の男を捜せ!」どこでもこの話で持ちきりです。
”ユル君を守る!”と決めたチェギョンにシン君は「そんなにユルが大切か?」と聞くので、「いろいろ助けてもらった。心は渡せないから心配するしかできない」とチェギョンは言います。



でも、シン君はチェギョンがユル君のことを心配するのでユル君に嫉妬しているのです。
それに、親同士のこともあるし…だけど誰にも言えないから「ユルはダメだ。汚い縁など捨てろ」と言ってしまうのです。
「汚い縁」なんて表現するから、またチェギョンが誤解して怒っちゃうの。



シン君はユル君に「彼女の前に現れるな。許さない。お前のため、彼女のため、僕のため、皇室のためだ。」と怖い顔で挑戦状をたたきつけます。
photo_256_1_1_no_21071_1

photo_256_1_1_no_21071_2

photo_256_1_1_no_21071_3


ユル君もチェギョンへの想いから「これ以上彼女を宮中にしばりつけるな」とはねのけます。
「悪縁はオレたちの代で終わらす」シン君の言葉に理解できないユル君、この時は―。



ウソついたことがバレてしまったチェギョンは、皇后様に怒られた上、その相手がユル君だと知られ、「皇太子妃の自覚がない!」と更に怒られてしまいます。
落ち込むチェギョンに何もできないシン君。
photo_256_1_1_no_21071_6

photo_256_1_1_no_21071_7




「苦しまない方法を見つけた。非難を最小限にして離婚できる」とユル君はチェギョンに話します。
「生放送のインタビューで離婚すると言うんだ。これを逃したらチャンスはない」
これこそが”シンチェ崩壊”への扉だったのです。
どんどん悪ユルになっていっちゃう。



書庫の修繕工事に反対する皇帝陛下。
「特別な思い出でもあるのか?」とシン君はトゲのある聞き方をするので、皇帝陛下は「子供の頃からの思い出の場所」とうまく逃げました。
photo_256_1_1_no_21071_10

だけど、痛いところをつかれた皇帝陛下は「妃宮といた若い男を調べたか?」と反撃!?に出ます。
おいおい、話を反らすなよ、ズルイな~。
「人の車を盗むヤツより妃宮の言葉を信じます。妃宮は僕を捨て他の男に走ったりしません」
シン君かっこいい!!
チェギョンに聞かせてあげたかったな~。



ユルママもなぜ書庫の修繕をするのか?とシン君に聞きます。
「不潔だから。お熱い恋文が隠してあると思うと吐き気がしました」
パチ~ン!!
シン君の言葉にユルママの平手打ちです。
photo_256_1_1_no_21070_1

photo_256_1_1_no_21070_3

photo_256_1_1_no_21070_4

photo_256_1_1_no_21070_6

「この件を再び持ち出したら、恋文はユルのもとへ送り届けます」と、シン君、ユルママに負けてはいません!!



カットシーン

皇帝陛下とシン君の仲を心配したシンママですが、「父上のために自分を偽るのはイヤだ」と言います。
「皇太子の座を捨てるの気か?」とシンママの言葉に驚くシン君。
やっぱり母親なのね。
息子の気持ちを知っていたのです。
「宮中にはない自由な生活を夢見るからか?妃宮を自由にしたいと思う気持ちからか気になるが、皇帝陛下になる運命なのです。母からの最後の願いでもある」
シン君の心の内を理解しようとする母の思い、そして母の願い。
皇后様もつらい立場なのです。
photo_256_1_1_no_21070_7




そして、またここにも子供の心の内を理解しようとする親がいます。
「家に帰りたい。家が恋しい」と嘆くチェギョンに、母は「あなたが戻ってきてもうちは温かく迎えるけど、世間はそう甘くない。でも、本当につらくてどうしようもなくなったら最後に帰れる場所は…」
”家”と言いたかったその時、「ありえません!!」とシン君の声が。
photo_256_1_1_no_21070_10

photo_256_1_1_no_21070_11

photo_256_1_1_no_21070_12


「チェギョンは帰しません!2人が甘やかすと余計にチェギョンが苦しむ」
シン君の言葉に従うしかない父と母。
チェギョンの苦しむ姿をただ見つめるしかできないのです。
photo_256_1_1_no_21070_15

photo_256_1_1_no_21070_16

photo_256_1_1_no_21070_17



「出て行きたい!!」チェギョンの言葉に「僕はお前が必要なんだ。もう皇太子を辞めない」とシン君は言うけど、「私ではなく一緒にカメラの前に立つ妃殿下が必要なんでしょ?」と、チェギョンはシン君の言葉を素直に受け止められないでいるんです。
photo_256_1_1_no_21069_1

photo_256_1_1_no_21069_2

photo_256_1_1_no_21069_3


「お前が…」シン君の言葉を遮るチェギョン。
きっと”好きなんだ”、”必要なんだ”ってことが言いたいんだろうけど、今のチェギョンにはシン君の言葉が素直に入ってきません。
「私にとって宮中生活がどれだけつらいか。息がつまりそう」
そう言って部屋に戻っていったチェギョンの背中を見ながら、「行くな…僕を置いて」と言うシン君が切なすぎです。
photo_256_1_1_no_21069_4

photo_256_1_1_no_21069_5




そこへ、ヒョリンが今日留学のためソウルを発つとの連絡が入ります。
「空港まで一緒に行くか?」とチェギョンに聞くけど、チェギョンは「1人で行って。2人には私の知らない時間が流れてる。最後なのに私が行ったらじゃまになるから」とチェギョンなりのシン君とヒョリンへの優しさと思いやりです。
photo_256_1_1_no_21069_7



シン君1人で空港へ。
「イ・シンを手放し自分の夢をつかむ。サヨナラ、私の王子様」
ヒョリンは旅立っていきました。
photo_256_1_1_no_21069_12

photo_256_1_1_no_21069_13

photo_256_1_1_no_21069_15

photo_256_1_1_no_21069_14


ヒョリンの最後の出演。
いい子なだけに、バレリーナーとして成功してね★と私は思うのでありました。



その頃、ユル君はと言うと―
「生放送でのインタビューが離婚できる最後のチャンスだ」
ユル君の言葉にチェギョンは
「離婚を言ったらシン君が苦しむ。自由をあきらめて好きな人のそばにいたい」
そう思うんだったらそばにいてあげてよ!!って思うんだけど…。
photo_256_1_1_no_21068_1


それなのに、宮中の女性は不幸になるなんてユル君が言うから、チェギョンが不安になっちゃった。
「自分の幸せのために生きろ。インタビューで離婚すると言うんだ」
何度も同じ事をユル君が言うから、なんか暗示にかかっちゃいそうよ。
この後の行動を見ると、チェギョンは暗示にかかったんじゃないの?って思ってしまう。
「考えてみる」なんて言うんだもん。



っで、その言葉を聞いちゃったよ、シン君。
放心状態…。
ア~~~、なんてこと言うのチェギョン!!
シン君がかわいそすぎる…。
photo_256_1_1_no_21068_2

photo_256_1_1_no_21068_4



インタビュー当日―
まだ迷っているチェギョン。
そこへユル君からのダメ押しの電話が。
photo_256_1_1_no_21068_7

photo_256_1_1_no_21068_8



「そんなに離婚を望むなら後でケジメをつけるから、今は黙っててくれ!」
シン君の真剣なお願いです。
photo_256_1_1_no_21068_9



インタビュアーからの「政略結婚ですが…」の問いにシン君は「とても愛しています」
キャ~~~!!やっと言ったよシン君。
photo_256_1_1_no_21068_10


なのに、なのに…
チェギョ~~~ン!!



エンディングのアルフレッド
今回は空港でのシン君、ヒョリンのお見送りシーン&悩むチェギョン姫
photo_256_1_1_no_21068_13

photo_256_1_1_no_21068_14




最終回へ向けて、最後のユルママ反撃が待ち受けています。

razz_0120 at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean drama 

2008年03月24日

F1マレーシアGP

2週連続で日曜日はF1day。
お昼はセンバツを見て、夜はF1で、スポーツ観戦にどっぷりつかった日曜日でした。


久しく高校野球を見に行ってないな~。
学生時代は夏の大阪府予選を見に行って、思いっきり応戦して喜んだり、悲しんだり…。
甲子園へは春も夏も足を運んだ当時が懐かしいわ~。
春は寒いし、夏は暑いし…でも、高校野球が好きだからよく見に行ってました。
青春時代だ~!!


さてさて、F1です。
昨日はライコネン圧勝でほとんどテレビ画面にも映らないような状況。
ファンにとっては淋しい限り。
後方でのバトルばかりが注目されてて、余裕で走ってるライコネンを映しても面白みがない!ってことかしら。
確かに危ないシーンはなかった。





白熱してるのは見ごたえあって楽しいけど、そこで勝ってこそ、ファンとしては嬉しいわけで。
バトルを展開して負けたら悔しいし…。
なんとも自分勝手でありますが、ちょっと見せ場がほしかったわけです。

razz_0120 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sports 

2008年03月23日

フィギュアスケート世界選手権 男子はかっこいい!

昨日のフィギュアスケート世界選手権 男子シングルすごい戦いでした。
前日の女子も真央ちゃんの大逆転劇で拍手喝さいでしたよね。
真央ちゃんの演技は安心して見ていられる。


高橋大輔くん、SPが良かったからフリーも行ってくれるでしょう!!って見てたのに、残念な結果でしたね。
やっぱり最終滑走6人にはすごいプレッシャーがかかるんでしょうか?
ことごとく、王者たちがジャンプを失敗して、まさか…って結果に終わってましたもん。
その中でも、ブライアン・ジュベール(フランス)とジェフリー・バトル(カナダ)はいい演技でしたね。
(めっちゃ偉そうな私、何者だっ!!)


敢えて4回転を1回だけにし、確実に上位に食い込む演技をしたジュベール。
途中、勝利を確信してガッツポーズをしてましたが、「演技終わってないのに、ガッツポーズなんかしてホンマにいいんか?演技終わってからすればいいのに…」なんて思ったのは私だけかしら
見事暫定1位。



バトルは最終滑走者なだけに、4回転を封印し、全てのジャンプに安定感を持たせ、前日のSP1位、トータル1位で見事初優勝!!



バトルの安定感抜群の演技が終わった瞬間、今まで勝利を確信していたジュベールの表情が一変。
天から地獄って感じの表情に見えました。


女子より男子が好きな私。
女子は日本人の活躍がすごいからもちろん応援しますが、総合的に演技だけを見ると、男子のほうが力強くかっこいいんですよね。
私にとってはラストのステップが一番のハイライト
男子ならではのかっこいいステップが見れるんだもん。
昨日も、「かっこいいわ~」なんて思いながら華麗で力強いステップを見てました。
でも、やっぱりヤグディンのステップが一番かっこいいわ~。
(ヤグディンファンなのでスミマセン…おもいっきり偏見ですね)


高橋大輔くん、ジャンプを失敗した瞬間にメダルは逃げちゃったけど、「迷いはありません!挑戦するのみ」の気持ちで望んだ決勝。
結果は4位で本人も悔しそうだったけど、失敗を恐れず戦いに臨んだ姿はかっこよかったです。
オリンピックまで2年あるもん。
挑戦し続ける気持ちがある選手は必ず最後にいい結果に結びつく!
と、信じてます。

razz_0120 at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sports 

2008年03月21日

見つけました!hydeくん×TERU×TAKURO

ラルクファンでもあり、GLAYファンでもある私。
以前、hydeくん×TERU×TAKUROの夢のセッションがあったとブログで書きましたが、この模様が関東ではテレビ放送があったんです。
(2008年2月27日 hydeくん×TERU×TAKURO)
が、!!私が住んでる大阪では放送がなかったんです。
ショックだった~。
っで、その時から何度も画像を探したらありました!!


「日本のロックBOX」



いや~、すごいセッションです。

ラルクもGLAYも単独では何度もライブに行って、そのかっこよさを知ってますが、こうやって一緒の舞台に並んで、お互いの代表曲を披露しているのを見ると、すご~い!!の一言しか出ませんでした。
hydeくんも「これ以上のセッションはないでしょう」って言ってるもんね。


まずhydeくんから。
「誘惑」を選んだのはわかる気がする。
GLAYのハードナンバーの中でもかっこいい曲だもん。
(ライブでも「誘惑」はよく演奏されてますからね)
それをhydeくんが披露。
ウマイ!!当然わかってたことだけどウマイ!!
それにやっぱり声高~い。
TERUの誘惑より高いもん。
途中、歌詞を忘れてTERUに助けられて、そのTERUに忘れちゃった!って舌を出すhydeくんかわいかった~
ライブで何度も見た光景でもあるけど。


っで、TERU。
TERUの「HONEY」はGLAYの「HONEY」になってたな~。
hydeくんのハーモニーもあって、すごくかっこよくなってた。
この曲は必ずhydeくんはギターでの弾き語りなんだけど、この日は歌のみだったから、この曲で動き回ってるhydeくんはめずらしいですね。
GLAYのライブのアンコールの時に、この「HONEY」歌ったら絶対盛り上がると思う。
まぁ、ないだろうけど…。
TERUもTAKUROも楽しそうだった。


どっちも好きな私には、本当に、本当に夢のセッションなの。
私の願いが「私が選んだ曲でラルク×GLAYが一緒にライブをする」だもん。
ホンマに夢の話やけど。
いつか「さんま、玉緒の、あなたの夢かなえます」でインタビューされたらこう答えようって決めてるくらいですから。

razz_0120 at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)music 

2008年03月20日

最新韓国ドラマ情報 vol.5 パク・ヨンハ「オンエアー」

最新韓国ドラマ情報 vol.5


パク・ヨンハが5年ぶり(「Loving You」以来)のドラマ主演ということで色々話題になっているドラマ「オンエアー」が、本国韓国では他のドラマを抜いて視聴率1位をkeepしているようです。


パク・ヨンハの他に、キム・ハヌル、ソン・ユナ、イ・ボムスも共演で、豪華キャスティングだな~って思います。

onair_01_s


頑固ながらも純粋な新米プロデューサーがベテランの脚本家や俳優とともにチームとなって初のドラマ演出に挑戦する姿を描くらしいです。
新米プロデューサーがパク・サンウ
脚本家がソン・ユナ
トップ女優がキム・ハヌル
マネージメント会社社長がイ・ボムス


パク・ヨンハが主役で視聴率取れるの~?っていらぬ心配したけど、今のところ心配無用みたいです。
脇の俳優さんたちがいいからかな~?
ライバルとなっているのはユン・ゲサンの「どなたですか?」ソン・ユリの「快刀 洪吉童」です。

35cc84ac_1

poster1


「どなたですか?」は、冷血な企業家の体にのりうつった父の魂が、娘と一緒に過ごす現世での最後の49日間を描いたヒューマン・ロマンス。


この2つのドラマも気になります。


razz_0120 at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)korean drama