2006年06月25日

風薫る嵐山・嵯峨野 源平の旅 vol.2

さっそく昨日の続き。


「落柿舎」は松尾芭蕉の弟子向井去来の俳諧道場。
この日も静かに俳句を考える人の姿がありました。
知的!!


芭蕉の句碑。
私も一句!と思ったけど全く浮かばない…汗

aae3a986.jpg


俳句占い」があったのにやるの忘れてた。



「落柿舎」から少し歩いたところに「去来のお墓」発見!


手を合わせて「なんまいだ、なんまいだ、」


32d4084a.jpg


竹林をひたすら歩き次の目的地「祇王寺」へ。

平清盛の寵愛を失った白拍子・祇王が妹と母と出家。
晩年を過ごした場所。
『平家物語』に描かれているそう。


受付のおばちゃんに「暑かったでしょう」と。
「すごい暑いです」。「中涼しいよ」。


ほんま涼しい。気温が全く違うのに驚き!!

d0ec5868.jpg


中へ入りもっと驚いたのがここのお庭。
苔がめちゃキレイ!陽の当たり具合で緑が更にきれいに見えた。


奥に見える草庵の控の間に座り、
左手にある吉野窓(虹の窓)からは竹林。
正面には苔。右手には紅葉。
とひとつの部屋から3通りも楽しめる…雅だわ。

8a3fe4ff.jpg


一面に桜が敷き詰められる春・紅葉で色づく秋に訪れるのが
一番いいみたいだけど、緑の初夏もオススメキラキラ

涼しいし…

私と後輩ちゃんのお気に入りになった「祇王寺」。
名残惜しい。



ここから更に奥嵯峨へ。


かなり歩いた。更に太陽はサンサン太陽 汗だく…
休憩がてら「茶寮弁治」抹茶わらび餅を。


ニッキが入ってないから抹茶の味がそのままでおいし。
テイクアウトできないのが残念…。

f0473083.jpg


この続きもまた明日すいません
まだまだ続くよ、奥嵯峨散策。


今夜はW杯イングランド戦にF1カナダGP。
また寝不足の1週間になりそう…困った

at 22:55│Comments(0)travel 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字