2006年11月30日

「オープン・シーズン」

今月4本目の映画「オープン・シーズン」の試写会に行って来たよ。
テレビCMでは”感動した”ってコメントがあったけど、「どうなんだろう?CG映画で感動するかな?」なんて思いながら行って来ました。
(感動…はどうかな???だけど、こどもにはいい映画)

a5813e41.jpg
「オープン・シーズン」<吹き替え版>
ブーグ:石塚英彦
エリオット:八嶋智人
ベス:木村佳乃
2006年 アメリカ

【あらすじ】
山あいにある静かな町、ティンバーライン。
パークレンジャーのベスに育てられ、気ままな暮らしをしていたクマのブーグは、ある日、ハンターに捕らえられていたシカのエリオットと出会う。
しかし、そのエリオットを助けたことから、ブーグの生活は一変。
自然での暮らし方を知らないブーグが、エリオットと共に森に放り出されてしまったのだ!
初めての野生暮らしに戸惑うブーグ。
ベスとの生活が恋しい彼は、町へ帰ろうと試みるが大失敗。
誤ってダムを壊し、動物たちの住家を奪ってしまった。
オープン・シーズン(狩猟解禁の日)まで、あと、わずか。
責任を感じたブーグは、エリオットや森の動物たちと一緒にハンターたちと戦う。
見事ハンターに勝利したブーグたちの前に、彼を連れ戻しに来たベスが現れる。
動物たちと仲良くなったブースは、山での生活を選び楽しく過ごしていくのだった

くま   くま   くま   くま   くま


吹替版だったから子供たちの笑い声がすごかった。
ほんとに楽しそうに見てるんだ笑顔
シカのエリオットがブーグに落とされそうになるシーンでは男の子が「落ちてへんで!」って映画に向かって突っ込んでたんだ。
子供たちが笑ってるのに私が笑ってない所が何箇所もあって、「あ、童心が失われてる…もっとPureになりたいわ…」って思っちゃった。
大人になると自然に失われる部分があるね…悲しい


吹替版主題歌はケミストリー。
このケミストリーが特別出演?でサケ役で声優デビュー。
ほんと一瞬だから意識してないと聞き逃しちゃう。
注意堂珍くんは「シャケじゃけえ」って広島弁で言ってた。
もう一組特別出演?がPUFFY。
共に一瞬だからお見逃しなく。

at 21:33│Comments(0)American movie 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字