2007年01月29日

ジェネレーションギャップ

今日、ニュースで就職セミナーの模様が映ってたんだけど、10年前の自分の就職活動をちょっと思い出してしまいました。
教育実習に行ってたので、学校に戻ってきた時にはすでに求人票には×印(応募終了)がいっぱい。
まだ募集期間に間に合う企業を探すことになるんだけど、選ぶポイントがあまりにも不純すぎた…
家から近いこと!!
乗り換えがないこと!!
ゼッタイに面接では言えない動機ですね。


運良く!?第一希望の会社に就職できたわけですが、履歴書書くときに、いつも「動機欄をなんて書いていいかわからない…」ってずっと悩んでた記憶がありますね。
間違えたら修正液で訂正するわけにもいかないから、また新しい履歴書に書き直し…
今って、インターネットで企業に応募するんですね。
すごい時代!!
ジェネレーションギャップですよ…


転職希望ですぐに退職した人や、海外留学から帰って来た人などを対象とした「卒業してからの就職」ってサイトがあるんですよ。
新卒の就職活動が終了してしまったが、2007年春の新入社員になるために、リクナビが期間限定でオープンしているサイトです。
(新卒入社と同待遇での求人情報が掲載)
私の時代にはこんなものはなかった…
インターネットで就職先を探すなんてこと自体が考えられなかったですが。


企業選択や応募が簡単になっても、実際筆記試験や面接は、いつの時代も変わらず緊張するもんですよね。
当時、先生から「笑顔で、素直に面接に望みなさい」と言われました。
私も若かったんですね。
「笑顔で素直」に面接に望みました。
その結果か!?苦労することなく、就職活動を終えましたね。
リクルートスーツ姿の学生さんを見るたびに「ガンバレ!」って思う先輩面した自分がいたりします。

at 23:53│Comments(0)diary 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字