2007年02月24日

「春のワルツ」story15

今「チェオクの剣」を見ながら書いてます。
これからどんどんファンボ・ユン-チェオク-チャン・ソンベクの3人の悲しい運命が近づいてきてるかと思うとせつない…


話は「春のワルツ」へ。
来週いよいよ最終回。
ハッピーエンドだと知ってはいるものの、どうやって2人が過去の出来事を乗り越えるのかが早く知りたい。


NHKBSでヒョンビンの「雪の女王」が放送されるとのこと。
韓国ではそれほど視聴率が伸びなかったみたいだけど、かなりコアなファンを生み出した作品らしいので楽しみ。


「春のワルツ」
ユン・ジェハ(ソ・ドヨン)
パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)
フィリップ・ローゼンタール(ダニエル・ヘニー)
ソン・イナ(イ・ソヨン)
2006年 全20話


【あらすじ】
story15.「墓前の誓い」



チェハが本当は“イ・スホ”であると知ってしまったイナ。
チェハはウニョンの母の墓前で「たった今スホを消して、チェハとしてウニョンを愛する」と誓う。
その姿を見たイナは、一生チェハとして生きるよう詰め寄る。


島から戻ったチェハは両親にウニョンが死んだとなぜウソをついたのかと激しく問う。
父はただ母のためだったと説明する。


チェハは、ウニョンに真相を知られることを恐れ、また幼い頃のスホとしての罪の意識から彼女に冷たくあたってしまう。
幸せの絶頂にいたウニョンは、そんなチェハの真意がわからず、戸惑いを隠せない。


イナへ許しを請い、愛するのはウニョンだけだと告げるチェハだったが、15年間チェハを想い続けたイナはチェハを許せない。
「私の知っているチェハを返して」と言い詰める。
そんなイナはウニョンへ事務所にあるチェハの写真をとってくるよう指示をする。
写真を見つけたウニョンは、一緒にあった子供の頃のチェハの写真を見て驚く。
そこへ、イナとチェハが現れる。

at 23:38│Comments(0)drama 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字