2007年05月18日

平安雅・今昔物語③

平安雅・今昔物語③


「大徳寺」行きのバス停(河原町今出川)に到着。
が、どうやら調べていたバス番号が見つからない!!
でも「大徳寺方面」って書いてあるし…
ブツブツ2人で言ってると、地元の男子高校生が「どこへ行くんですか?」と手を差し伸べてくれた。
「①のバスに乗って、北大路バスターミナルで乗りかえれば大丈夫です」
やさしい青年よ、ありがとう~!!


「大徳寺」を訪れるのは2度目。
今回は修学旅行生にたくさん会いました。
「大徳寺」は千利休ゆかりの地でもあります。


千利休は大徳寺に門を寄進。
2階部分に仏殿を設らえ,そこに数体の仏像の他に雪駄履き姿の利休像も安置された。
茶好きの豊臣秀吉は大徳寺で茶会があれば門を潜ることになる。
しかし、その上には雪駄履きの利休がいる。
「天下人にここを通らせるつもりか!」との難癖がつけられ、やがて切腹に追い込まれる。


利休の切腹の理由にはいくつかの説があるそうです。
なので、この説も本当かどうか今も謎のままです。
(以前読んだ「千利休殺人事件(山村美紗)」にも描かれてました)


「大徳寺」にはたくさんの寺院があります。
主に高桐院、大仙院、瑞峯院、そして私達が入った龍源院の4つ。
blog 215




まず最初に目にする庭園「滹沱底(こだてい)」。
別名「阿吽の石庭」と呼ばれ、阿の石と吽の石が両サイドにあります。
blog 204






「東滴壺」と呼ばれる我が国最小の庭園。
我が国最小でも、この空間が家の中にあったら癒されるだろうな~。
ぜいたくだぁ~。
blog 205





室町時代の方丈(=禅寺の住職の居室)建築として、完全に構造がとどめらている重要文化財。
その襖絵「竜の図」。
ちょっと不気味です。
blog 208





龍安寺の石庭の次にすばらしい「方丈前庭園」。
白い砂の波うちが芸術ですね。
この白い砂が大海原を表し、石が島や山を表しています。
気持ちいい陽射しと心地よい風、目の前の芸術はしばし時間を忘れさせてくれます。
ず~っと眺めていたい石庭ですね。
blog 209




実際、おじさん3人衆がこの石庭を見た瞬間「これはすごいわ~」を連呼。
「日本の芸術やな」
「日本人が見ても素晴らしいのに、外国人が見たらもっとやろうな~」と言ってました。
私も同感!!
ぜひぜひ、一度「大徳寺・龍源院」を訪れてみてください。
損はしないです!!



「大徳寺」
京都市北区紫野大徳寺町53
075-491-0019
市バス「大徳寺前」下車すぐ




「大徳寺」のすぐ北側にある「今宮神社」へ足を伸ばします。
徒歩で行ける距離にありますよ。
疫神を祀る神社として有名。


その前に、道中お漬物屋さんに立ち寄る。
後輩ちゃんの「試食ありますか?」の一言に、次から次へと出てくる漬物の数々。
ひとつひとつ説明してくれて、お手拭にお茶まで出してくれて、至れり尽くせり。


今宮神社への参道脇には2軒のあぶり餅屋さんがあります。
帰りに食べることにし、鳥居をくぐります。


境内にある「阿呆賢さん」という神占石。
別名、「重軽石(おもかるいし)」。
身体の悪い部分を治してくれる石です。


前に書かれている説明を読みましょう。
まず軽く手の平で三度石を打ち、重さを感じながら持ち上げ、再度願い事を込めて、三度手の平で撫でて持ち上げます。
軽く感じれば願いが成就すると言われています。
blog 216



早速悪い部分の”頭”(この日は頭痛が特にひどかったため)が治りますように…と願いを込めて。
うぅ!!重い!意外にこの石重い。
本当に軽くなるのかな???
ちょっと期待して2度目に持ち上げるも、やっぱり重かった…
まだまだ念じ方が足りなかったようです。
結局、この日は一日中頭が痛いままでした。ハァ~。



「今宮神社」
京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082
市バス「今宮神社前」下車すぐ




「今宮神社」名物の「あぶり餅」を食べ一息つく2人。
1人前500円。
鳥居を前に左右に同じあぶり餅屋さんが並んでいます。
「かざり屋」と「一和」(私が入ったのは一和さん)。
どっちがおいしいかは不明。
お好きなほうへお立ち寄りを。
blog 217



このあぶり餅を食べると疫病から逃れられると言い伝えられています。
ちぎった餅を竹串に刺し、きな粉をまぶして炭火であぶる。
だから「あぶり餅」。
白いタレは白味噌です。
お持ち帰りもできますが、温かいうちに食べたほうがおいしいどす~。(←京都弁)


おぅ!!気づけばpm4:00。
今日は時間が経つのが早い。



「一和」
京都市北区紫野今宮町69
075-492-6852




「今宮神社」からバスに乗って「上賀茂神社」へ。
伊勢神宮に次ぐ大社だそうです。
blog 218



5月15日は葵祭。
衣冠姿の行列が京都御所~下鴨神社~上加茂神社へと向かっていましたね。
ニュースでその模様が映ってました。



「上加茂神社」
京都市北区上賀茂本山339 
075-781-0011 
市バス「上加茂神社前」下車すぐ




今回はしっとりと厳かな京都散策でした。
予定では北山も散策するつもりでしたが、ちょっと時間が足りなくできませんでした。


帰り、河原町にある高島屋で大好きな「洛匠」の草わらび餅を発見!!
(先月も食べたけど、何度食べてもおいしいのよね~)
金・土曜日のみ出店しているそうです。
ラッキー!!


次回は夏の嵐山散策を予定。
去年の夏に行った「祇王寺」がお気に入りのスポットになったので、また行く予定。


razz_0120 at 13:23│Comments(0)TrackBack(0)travel 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字