2007年05月31日

「300 スリーハンドレッド」

昨日、「300 スリーハンドレッド」の試写会に行ってきました。


めちゃかっこいいです!
闘いのシーンがほとんどだけど、男らしくって、団結力あって、本当にかっこいい映画です。


自分達の国を守るため、子供の頃から鍛えられた体と精神と判断力で、敵軍と真っ向勝負を挑むんです。
集まった300人は、”王のためなら死ねる”という男達。
足並みもそろっていて、隊列を崩すことなく、見事に敵軍をバタバタと倒していく。
その姿が男前なんですよ。


敵軍がたったの300人に翻弄されまくり、奇抜な作戦(サイやゾウがでてくるんです)を出してくるものの、ことごとくスパルタ兵300人にやられる。
見ていて気持ちいいくらいかっこいい!
私、かっこいいの連発ですね。
それくらいかっこいい映画なんです。


ただ、かなりグロテスクです。
頭はぶっ飛ぶ、手足もグサリ…かなりグロですが、闘いものだからね、ってことで見てください。


「300 スリーハンドレッド」
ジェラルド・バトラー
レナ・ヘディー
デイビッド・ウェナム 
ドミニク・ウェスト
ビンセント・リーガン
2006年 アメリカ
2007年6月9日から全国ロードショー 


【あらすじ】
紀元前480年。
スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。
曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。
しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。
託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。
その数はたった300人。
対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

            

映像手法は詳しくはわからないけど、CGをはるかに超えた映像です。
はじめて見るような感覚の映画でした。
どう説明すればいいのかわからないので、CMが流れ始めたらちょっと見てください。


この映画が世界各国でナンバーワン記録を出しているのがわかる気がする。
史実に基づく話だから英雄物語としてもかっこいいし、時間を感じさせない程、戦闘シーンが迫力あってかっこいい。


とにかく”かっこいい映画”でした。



razz_0120 at 13:40│Comments(0)TrackBack(0)American movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字