2007年06月11日

大波乱のカナダGP

昨日の(実際には今朝未明)カナダGPはすごかった
セナが亡くなったサンマリノGPの時以来の緊張感がありました。
というのも、クビサ(BMWザウバー)の大クラッシュがあったから。
車は空中を何回転もし、バラバラに砕け、ドライバーは動かない状態。
「セナと一緒???」
あの時の光景を思い出し、ドキドキしながら様子を見ていました。
解説の片山右京も脇坂寿一も「大丈夫か?」とすごく心配そう。


レース終了後に「クビサは骨折したけど命には別状なし」との情報が入って、よかった~とホッとしました。
セナの事故以来、多少のクラッシュはあるものの、ドライバーの命を守るように車も作られていますが、でも、高速で壁にぶつかれば安全の保証はないから、本当に冷っとしました。
二度とセナのようなあの光景は見たくないから。


カナダGPのサーキット(ジル・ビルヌーブサーキット)は道幅が狭く、カーブを曲がる時、壁に当たるのでは???と思うくらい狭いサーキットなんです。
だから、様々なクラッシュやスピンがあって、セーフティーカー(SC)の導入が4回もあった波乱のレース。
また、ルール改正もあって、失格者がでるなど、22台のうち、完走が12台。
最近のレースではめずらしい波乱のレースでした。


お目当てのライコネン(フェラーリ)はどうも調子が出ません…
4番手スタートから順位を落とし、5位でフィニッシュ。
フェラーリにまだ馴染んでないのかな???
ライバルのアロンソ(マクラーレン)は最後の最後にミスを犯し、その上、佐藤琢磨(SUPERアグリ)のアグレッシブな走りに負け、7位フィニッシュ。
恐るべしルーキー・ハミルトン(マクラーレン)がポール・トゥ・ウィン
ポイントランキングもダントツです。


来週のアメリカGPこそ、ライコネン負けられません!!


今朝はめっちゃ眠い…
生放送だったのと、大波乱でレースが長引いたのとで、終わったのがam4:00。
ほとんど寝ていません。
今夜は早く寝なくては。

razz_0120 at 13:50│Comments(0)TrackBack(0)sports 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字