2007年06月24日

「ビッグ・スウィンドル!」

久しぶりにラストまでどうなるの???と映画に引き込まれた作品「ビッグ・スウィンドル!犯罪の再構成」を見ました。
元々、この映画は大好きなパク・シニャンが出ている作品、その上、銀行詐欺という内容に惹かれて見ました。


1996年に実際に韓国で起きた<韓国銀行事件=何者かによって当座手形が偽造され、8億ウォンが引き出された未解決事件>にヒントを得て作られました。


冒頭からいきなり主役のパク・シニャンが逃亡の末事故死。
弟の事故死の連絡を受けた兄(パク・シニャン二役)が、弟の死亡保険金を受け取るということで、そのお金を狙って近寄ってくる美女。
銀行横領詐欺の容疑者の1人として逮捕された男の供述。
捕まった容疑者たちの供述や美女の話から、詐欺事件がどのようにして行われたのかがわかります。


詐欺計画もおもしろいし、成功したあとの逃走劇も見ものだし、消えた50億ウォンを必死になって探す男も見ものだし、その男を捕まえようとする警察の姿も見もの。
でも一番の見ものは、この詐欺事件の本当の意味。
これ以上書くとネタバレになるのでやめますが、詐欺師らしい攻防が楽しめる映画です。

C7853-03

「ビッグ・スウィンドル!」
パク・シニャン(チャンヒョク、チャンホ)
ヨム・ジョンア(インギョン)
2004年 韓国映画


【あらすじ】
詐欺の常習犯で出所したてのチャンヒョク(パク・シニャン)はビッグプロジェクトを伝説の詐欺師キム先生に持ちかける。
狙いは史上最大規模の韓国銀行横領詐欺。
そのメンバーとして揃った詐欺師5人。
緻密な筋書きの天才チャンヒョク。
裏社会のゴッドファーザーキム先生。
博識で口先から生まれたようなオルメ。
狙った女性は百発百中の女キラーツバメ。
職人技の偽造技術を持つガソリン。
しかし、5人が5人とも下心を抱いていた。
作戦は実行され成功したかのように見えたが、全員がバラバラになり、お金も消えてしまった。
完璧な計画だったはずが、いったい何が起こったのか???

                

パク・シニャンは大好きな俳優さんです。
「パリの恋人」でやられました。
「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンの役は、パク・シニャンにオファーされていたらしいですよ。


脚本のおもしろさが韓国内の映画業界で評判になり、ハリウッドからも注目を集めたというのが納得できる映画です。
韓国映画はちょっと…と敬遠している人も多いと思いますが、この映画は最後の最後まで楽しませてくれるので、一度見てください。
エンドロール中もストーリーが続きますよ。



razz_0120 at 14:01│Comments(0)TrackBack(0)korean movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字