2007年07月23日

ポール→大雨→リタイア

今日は朝から電話が鳴りっぱなし。
とっても、とっても、電話が鳴り続く。
午前中だけで一日分の仕事をした!って程疲れてしまいました…
電話対応でノドがカラカラです。



特に今日は昨夜のF1・ヨーロッパGPのTV観戦のため寝不足だから余計ツライ…



そのF1・ヨーロッパGP決勝はすごいレースでした。
まずは土曜日の予選。
現在ドライバーズランキングトップのハミルトン(マクラーレン)が、最終予選で大クラッシュ!
今年に入ってクラッシュが立て続けに起きちゃっててビックリ!
夜中4時前だったのに、思いっきり目が覚めちゃいました。
ハミルトン自体は大きなケガもなく、決勝へGOサインが。
ポールポジションはライコネン(フェラーリ)が開幕戦以来の今季2度目の獲得。
ちょっと勢い出てきたんじゃない!?と喜びも1日のみ。


日曜日の決勝。
ポールスタートのライコネンはトップをKEEPするも、スタート直後に大雨が。
レインタイヤに変えるためにピットレーンに向かうも、雨にタイヤがとられたのか???ピットレーンに入ることが出来ず、ドライタイヤのまま周回を重ねることに。


他のマシンも同じ場所でスピン、クラッシュの連続で、リタイヤが続出…
すごい大雨で、オンボードカメラ(マシンに設置されている小型カメラ)の映像を見ても、前方真っ白!!
視界が最悪で、コースは川状態。
20分間レース中断後に再開。


その後、ライコネンはなんとか7位から3位にまで浮上し、前のアロンソ(マクラーレン)を追うも、どうも追いつけない…
と思った瞬間、スローダウン…リタイヤ…
ハァ~、PPスタートだったのに、3連勝がかかっていたのに…
このドイツのサーキット、ニュルブルクリンクとライコネンはどうも相性が良くない!!
相性ってこんなにも明確に現れるものなのか!?と不運といいようがないくらい、ライコネン不運です。


レース終了間際の残り7周あたりから、また大雨が。
全車一斉にレインタイヤへ交換。
1位だったマッサ(フェラーリ)はみるみる2位のアロンソに追いつかれ、1位を譲るハメに。
この時、マッサとアロンソのタイヤが接触。
マッサがリタイヤを避けるためちょっとアロンソに譲る形になってしまったんですよ。
レース終了後の2人の模様がTVに映ってたんですが、マッサがかなり怒ってました。
でも、アロンソは勝った事がめちゃ嬉しいから「ハイハイッ」って感じで、余計マッサがイライラして…。
勝利会見でもマッサはそのことに対して怒りあらわで、アロンソは「マッサに悪い」とは言いつつも勝って嬉しい!!しか頭にないような感じだった。
だからアロンソはあまり好きじゃないんだよね。


優勝してくれたら翌朝は目覚めもいいのですが、リタイヤされてしまうとどうも気分が優れない…
更に寝不足が思いっきりのしかかってくる…。
25日のサッカー・アジアカップで日本に勝ってもらって、気分一新させてもらいたい!!



razz_0120 at 14:19│Comments(0)TrackBack(0)sports 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字