2007年08月06日

ハンガリーGP

昨日はF1グランプリ第11戦 ハンガリーGPの決勝
土曜日深夜、眠い中予選を見て、「あ~、マクラーレンの1-2だわ…」とライコネンの4番スタートにショックを受けて眠りの中へ
翌日夜ネットで「アロンソPP剥奪」って見出しが目に付いたから思わず記事を熟読。


公式予選のQ3(最終予選)で、最後のアタックに向けタイヤ交換を行なったアロンソ(マクラーレン)が、後ろでハミルトン(マクラーレン)が待っているにも関わらず、ピットに長く留まったため、ハミルトンはアタック前にチェッカーが振られ、タイムの更新ができなかった。


アロンソとチームのとった行動の審議が行われ、ポールポジションのアロンソに5グリッド降格のペナルティ(6番手スタート)、マクラーレンのコンストラーズポイント(チームポイント)も無効という審判が下された。



私がF1を真剣に見始めたのはセナ全盛期(かなり古いですね~)。
マクラーレン・ホンダだった時代からライコネンがエースとして在籍していた去年までず~っとマクラーレンを応援していたけど、こんな失態を見たのは初めて!
マクラーレンはすごい紳士なチームという印象があったから。
フェラーリのほうがしそうな感じなのに…(シューマッハ時代のチームオーダー制事件があったから)。
でも、今はライコネンがいるフェラーリを応援しているから、ありがたい結果になりました
ライコネンのスタートが4番手から3番手にアップ↑
そして、このサーキットは奇数列がスタートに有利なため、ほんとにラッキー
ラッキーっていうか、悪いことをした人には報いがくる!ってことですね。


決勝当日、つまり昨日。
3番手スタートのライコネンは奇数列という利点を生かし、好スタートでいきなり2番手に。
トップは脅威のハミルトン。
「ワールドチャンピオンをとるためにも、ハミルトン、アロンソ、マッサの前でゴールしなければならない!」と、いつもクールなライコネンとは思えない力強い気合のもとでのレース。
3位のハイドフェルド(BMW)との差をどんどん引き離すライコネン
標的はハミルトンただ一人。
でも、ハミルトン-ライコネンの位置は一向に変わらず、最終0.7~1秒にまで差をつめてトップを伺ったけど、抜くことはできなかった…残念…


ポイントリーダーのハミルトンとの差はまた開いてしまったよ…。
残り6戦。
トップ4に何が起こるかわからない状況だからこそ、次回トルコGPでライコネン優勝を期待してます


しかし、マクラーレン内部はいったい何が起こってるんだろう???

razz_0120 at 14:27│Comments(0)TrackBack(0)sports 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字