2007年08月09日

西村京太郎「奥能登に吹く殺意の風」

久しぶりに西村京太郎の小説を読みました。
推理小説ファンとしては王道ですね。
タイトルは「奥能登に吹く殺意の風」。


トラベルミステリーではないんですが、十津川警部の部下2人が狙われるという、ちょっと斬新なストーリーなんです。


若い女性刑事が人生を見つめなおすために、休暇をとって能登半島を旅している時に、急に狙撃されるんです。
この女性刑事は自分が狙われたのではなく、泊まっていた民宿の娘を自分と間違えて殺そうとしたのではないか?と考え、犯人をおびきだそうともするんです。
犯人は何度も女性刑事を殺そうとします。
そんな時、民宿の娘が自殺したとの連絡を受ける。
本当に自殺なのか?自分ではなく、この娘を狙ったのでは?と推理し始めます。


一方、東京では、女性刑事の同僚が帰宅途中、バス爆発で死亡してしまいます。
十津川警部の元には犯人からの「殺人予告」の連絡が入ります。
2人の部下が狙われた!


容疑者らしき人物が浮かび上がるが、殺人の動機がわからない。
民宿の娘との接点もわからない。
「犯人は警察に恨みを抱いているものかもしれない」「実行犯と指示するものがいるのではないか」と仮説をたてるんです。
そして容疑者に近づいたと思った途端、また警察官に犠牲者が。
警察の動きを完全に読んでいる犯人。
十津川警部はこれ以上犠牲者を出さない!との意気込みで犯人逮捕に臨みます。



刑事が狙われるというストーリーなので、興味をそそられ、スラスラと読むことができる小説でした。
事件の関連性や、犯人の狙いが終盤にならないとわからないので、そこまでは一気に読んでしまいました。
次読もうと思っている本は、これまた推理小説ですが、「ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する」という海外小説です。
タイトルがおもしろくて、思わず手にとってしまいました。
ヴェネツィアの風景を思い浮かべながら読んでみようと思ってます。

razz_0120 at 14:28│Comments(0)TrackBack(0)book 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字