2007年08月23日

春カナダ旅行②

寒々だったカナディアン・ロッキーをあとにし、エア・カナダでカルガリー→バンクーバー→ヴィクトリアへと。
ヴィクトリアはイギリス色の濃い街です。
バンクーバーの西側に位置するんですが、移動は船or飛行機の利用になります。
私達は飛行機だったんですが、わずか20分のフライト。
超~低空飛行です。
だから、飛行機の下ではクジラだったかイルカちゃんだったかが見えましたよ



さてさて、ヴィクトリアはとっても温かい街なんです。
今までのコートは脱いでレザージャケットに替えました。



ここは「ブッチャート・ガーデン」と呼ばれるとっても大きなガーデンです。
日本庭園もありましたよ。
ゆっくりお花や木々を楽しみながら散策していると、時間があっという間に過ぎてしまいます。


ロバート・ブッチャートさんが奥様のために作った庭園だそうです。
こんな素敵な庭園を贈られる奥様ってどんな気分なんだろう。



中央の建物がティールームになっているんです。
窓から庭園を眺めながら優雅なひと時を過ごすんでしょうね。




私達もティールームでアフタヌーン・ティーを頂きました


ちょっと甘かった…。




青い海は太平洋~!
この遥か彼方に日本があるんですね~。





ヴィクトリアで一番有名なホテル「エンプレスホテル」です。
ここに泊まりましたよ。


春~夏にかけてはホテルの前の通りはお花で飾られます
この街はの~んびりした街なんですよ。
だから、色とりどりのお花がとっても似合う素敵な街なんです。



ホテルから歩いてすぐのところにある「州議事堂」は中にも入れます。


ヴィクトリアはブリティッシュ・コロンビア州に位置するんですが、名前からも想像がつくように、英国文化を感じられる街です。
そうかと思えば”桜並木”もあるんですよ。
お花が好きな方にはヴィクトリアはオススメです。


razz_0120 at 14:34│Comments(0)TrackBack(0)travel 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字