2007年09月30日

大雨の日本GP

今日は日本GP決勝、生放送
1時からテレビの前でスタンバイ状態。
昨日から「大阪雨降ってるけど、富士も雨かな~?」「今日も相変わらずず~っと雨やな~」と思いながら放送開始を待っていました。
そしたらやっぱり富士も雨
雨って言うか大雨。
「ドライバー大変やん!それも皆初めてのサーキットやのに…」なんて私なりに心配


ちょっと長くなりそうなので、F1に興味のない人はサラ~っと流してください。


スターティング・グリッドにつく22台のマシン。
p.p.ハミルトン、2番手アロンソ(以上マクラーレン)、3番手ライコネン、4番手マッサ(以上フェラーリ)。
その前にセイフティーカーがスタンバッているではないですか!!



それだけ雨がひどく危険だということなんでしょうね。
セイフティーカー先導でもレースカウントはされていますが、”追い越し禁止”なので順位は全く変わりません。
「マッサピットイン!?タイヤ交換してる!(完全なレインタイヤに交換)。えっ!?ライコネンも???」
最悪です
フェラーリ2台ともに最後尾へ。
「ガ~ン!!ライコネン3番手スタートだったのに21番手なんて、逆転ワールドチャンピオンがかかってるのに脱落やん!!」
一人で怒っておりました
きっとライコネンファンならみんなそうだったと思います。
30分経ってもまだ14周。
「いつまでこの状態が続くの~」と、ちょっとダレた感じでテレビを見てしまっていました。
レーサーたちはこんな状況でもすごい精神力で走っているのに…と思うと恥ずかしい。



ハミルトンの前をず~っとセイフティーカーが先導してます。
ライコネン燃料補給のため2度目のピットイン。
このレースどうなるんだろう???


20周目にリスタート。
各車マシンからの水しぶきがすごい状態です。
後ろのマシンは全く前が見えない状況で走っているんだからF1レーサーは本当にスゴイです。
怖いわ~



ライコネンもあれよあれよとポジションアップ。
次々と各マシンが雨によるスピンで順位がめまぐるしく変わります。
そしてテレビに釘付けになったシーン↓↓↓



アロンソがクラッシュ!!
マシンが大破してコース上に破片が散らばっています。
これでアロンソはリタイヤ。
またしてもセイフティーカーが入ります。



ライコネンは雨の中、オーバーテイクでポジションを上げ、3位にまで戻ってきました。
オーバーテイクのシーンは「すご~い!!」とテレビに向かって拍手してました
解説の森本さんやマッチもスゴイ!と言ってました。
ず~っと雨が降り続く中、2時間制限とレースは決まっているので、残り周回周は短くなりました。
以前モナコGPでも2時間レースになったことを思い出しました。
結局、ハミルトンが1位フィニッシュ、3位にライコネン、アロンソはノーポイント。



ハミルトンのワールドチャンピオンはほぼ確定!?って感じだけど、アロンソにもライコネンにもまだまだチャンスは残ってます。
残すGPは中国とブラジルの2戦。
今年のF1はプロ野球と同じくめちゃめちゃ混戦です。



今回生放送だったにも関わらず雨の影響でとっても長いレースになりましたね。
放送も延長してたけど、あれがいっぱいいっぱいの放送時間だったんですね。
(後に競馬中継が控えていたから???)


ネットを見ていたらちょっと気になる記事がありました。


日本GPのレースコントロールは、レース開始前にすべてのクルマがフルウェットタイヤを装着するようにと伝達したが、フェラーリはこの連絡を受けていないとしている。
ライコネンとマッサはインターミディエイトタイヤでレースをスタートし、最初の2周でピットストップを行ってタイヤを交換するか、ペナルティを受けるか、という選択を迫られた。


だから2人ともタイヤ交換してたんですね。
これが本当だったらフェラーリは踏んだり蹴ったりの日本GPですよ



razz_0120 at 15:03│Comments(0)TrackBack(0)sports 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字