2007年10月18日

オム・テウン「復活」

毎日、毎日、楽しみで見ているのが韓国ドラマ「復活」です。
サスペンス満載の復讐ドラマ。
第一話からたくさんの謎が散りばめられ、一話一話進んでいくごとに少しずつ点だった謎が線になっていくんです。
「グリーンローズ」もサスペンスでドキドキしながら見てたけど、この「復活」も劣らず負けずのドキドキ感満載です。

1


主演のオム・テウンが二役なんだけど、すごい演じ分けているんです。
一人はとっても心優しい明るい青年、一人は心を閉ざした冷徹な青年。
これには意味があるんですよね。


突然の交通事故で父と兄を失ってしまう双子の弟シンショク。
兄を死なせたのは自分のせいだと責任を感じ、それ以来心を閉ざしてしまいます。
実は兄ガンヒョクは事故現場から助けられ、記憶喪失になった状態で別の家で育てられます。
そして20年後。
刑事になったハウン(ガンヒョク)は、イム・デシクの変死事件を捜査していくうちに、この事件が20年前の父の死と深い関わりがあったことをつきとめます。
また、自分がガンヒョクという名前だったことにも気づく。
しかし、彼の捜査を妨害しようとするドンチャンらによって、上司である班長キョン・ギドが襲われ、ハウンは無実の罪を着せられます。
なんとか20年ぶりの再会を果たした兄弟。
喜びも束の間、弟のシンヒョクはハウンと間違われ殺されてしまいます。
悲しみにくれるハウンは、弟シンヒョクとして生きる決意をし、父や弟を殺した犯人に復讐を誓います。

paper04_1024


恋人ウナにも素性を隠し、自分はシンヒョクだと言い放つんだけど、彼女への思いはゆるぎないものだから、陰で見守るんです。
その姿が切ないんですよ。
切ないと言えば、弟シンヒョクのガンジュへの思い。
政略婚約させられるんですが、実はシンヒョクは心ではガンジュを思っていて、その気持ちが表に表れないからガンジュには伝わってなかったんです。
ハウン(ガンヒョク)がシンヒョクの日記を読んでその思いを知り、「シンヒョクの大切な人」としてガンジュに接するんだけど、ガンジュはハウンであるシンヒョクを好きになるの。
「オマエの気持ちにはこたえられない」と言われてもガンジュは「これからは私が待つ」と言って切ない恋をするんです。
かわいそうで、かわいそうで。


ガンジュはテレビ局の記者として、ハウンが追っていた事件を調べるんだけど、段々謎に近づくにつれて、父親が事件に関係していることを知るんです。
恋も切ないのに、父親が事件の関係者なんて本当にかわいそうな女性です。


第一話から黒幕の正体は想像がついていたので、この先最終回までの4話はどうやってハウンが復讐を果たすのか???
どうやってハウンとして復活するのか???
すごく楽しみなドラマです。

razz_0120 at 10:15│Comments(0)TrackBack(0)korean drama 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字