2007年10月24日

「HEROES」1~3話

「HEROES」1~3話見ました!
キャラクターがかなり多いので、まずはキャラクターを覚えるのが大変だった…。
いきなり”マシ・オカ”のドアップ画面ですが、「HEROES」のプロモです↓↓↓



第1~3話はイントロダクションですね。登場人物の紹介って感じ。
アメリカ・日本・インドとバラバラなところで、自分たちの能力に目覚めだすんです。


★超人が生まれる可能性を信じ、学者である父の死の真相を探るタクシードライバーのインド人
★議員である兄の飛行能力を知り、自分も空を飛べるのではないかと未知なる能力を信じる看護士
★瞬間移動できたことから時空をあやつる能力があると喜ぶオタク日本人サラリーマン
★ケガをしてもすぐに再生する不死身の体を持つ女子高生チアリーダー
★無意識に強大な攻撃能力を発揮したネットストリッパーのシングルマザー
★予知能力があるのではないかと自分を疑いだす画家兼コミックアーティスト
★人の心の声が聞こえだした制服警官


微妙に繋がってる人もいたりするんだけど、これから彼らがどうやって出会っていくのかがすごく楽しみ!
それに、怪しげな人物も登場して、何?何?って気になっています。


マシ・オカ演じる日本人サラリーマンのヒロがいい味だしてるの。
アメリカのドラマだけど、彼のセリフは日本語。
「ヤッタ~!」はアメリカの流行語にもなったとか!?
お友達のアンドウくんは設定は日本人だけど、実際は韓国の俳優さんだから、ちょっとおかしな日本語になってるのが笑えますね~。
字幕があるから「あ~、こう言ってるのね~」って思いながら見てます。
ヒロ&アンドウくんコンビのシーンはほのぼの感があって好きだわ。
アメリカで作られた”日本”はあまりにもおかしくて笑いどころ、ツッコミどころが満載!


残念ながらマシ・オカのエミー賞受賞はならなかったけど、レッドカーペットにも登場してましたね。

razz_0120 at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)American drama 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字