2007年11月08日

「グッド・シェパード」

見てきましたよ、「グッド・シェパード」
私には難しすぎて理解不能でした
登場人物が多く、時間軸も行ったり来たりで、「あれ?この人は何の人だったっけ???」とか、「この行動はどういう意味があるの???」とか…初めからわからない状態のままず~っと見てたから、最後まで「」とわからなかったです。
それに、途中眠くなってしまって、それが余計に内容をわからないようにさせてしまったんでしょうね。
他の方のレビューを読んでいても”眠いときに見るとゼッタイに寝てしまう”って書かれていたので「ウン、ウン」と頷いてしまいました。
シリアスな映画なので”笑い”があるわけでもなく、画面も暗く、そして上映時間が3時間近くある!!
眠くもなります…
ただ、長さは感じなかったんです。
(お尻は長さを感じたようですが…)


あまりにも理解できなさ過ぎたのでホームページを見ておさらいしました。



「グッド・シェパード」
マット・デイモン
アンジェリーナ・ジョリー
アレック・ボールドウィン
ウィリアム・ハート
マイケル・ガンボン
ロバート・デ・ニーロ
2006年 アメリカ映画


ポイント!!
アメリカ-ソ連の冷戦時代が背景
マット・デイモンはCIA謀報員
現在=1961年と過去=第二次世界大戦前後のクロスオーバーストーリー




1961年4月17日、アメリカの支援を受けた亡命キューバ人の部隊が、カストロ政権の転覆をもくろみピックス湾に上陸。
しかし、CIA内部の情報漏えいによって作戦は失敗。
この作戦の指揮を執ったエドワード(マット・デイモン)のもとに一本のテープと写真が送られてきた。
CIAに内通者がいると感じたエドワードは写真とテープの分析を急ぐ。
その結果が家族に衝撃をもたらすことに…




めちゃめちゃ簡単なあらすじでスミマセン…。
大きくはこの話が中心なんです。
その間に過去、マット・デイモンがどうやってCIAに入ったか?とか、アンジェリーナ・ジョリーとのできちゃった結婚話や、KGBのスパイ捜査等…が入ってくるんです。
ここら辺は理解していないので説明できません…情けない…



タイトルの「グッド・シェパード」は新約聖書のキリストの言葉を引用しているそうです。
「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」
これはマット・デイモン扮するエドワードの人生を表していますね。
アメリカ国民のために、家族をも犠牲にして人生を謀報活動に捧げたわけですから。




「ボーンシリーズ」もスパイですが、ボーンは”動”ですよね。
こちらのデイモンは”静”です。
ほとんどデイモンの笑顔はありません…。
ちょっと淋しいわ~
どんな時でも感情を抑え顔に表さないんですよね。




監督はロバート・デ・ニーロで、彼も映画に出演しています。
マット・デイモンをリクルートする将軍役です。
↑↑↑「糖尿病を患い足を切断してしまった…」って話をしているシーンです。
先日観た「スター・ダスト」でのデ・ニーロの演技はおもしろくていい味出してました。



最後の終わり方が「結局どういう意味???」って曖昧な感じで終わるんです。
ある女性がすごい殺され方(あんな死に方はゼッタイにイヤです。怖すぎる…)をするんですが、その指示を出したのがデイモンなのか???っていう疑問です。
自殺したお父さんの遺書を燃やしてたことから、デイモンも父親と同じ”CIAの人間”だったってことなのかな!?
誰か教えて~!!


razz_0120 at 10:36│Comments(0)TrackBack(0)American movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字