2008年01月14日

「カンナさん、大成功です」

ず~っと見たかった韓国映画「カンナさん、大成功です」を、今日やっと見に行ってきました。


とにかく、おもしろい!


20080903_553018


韓国ラブコメ映画特有の”笑えて泣けて”映画です。
「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」を抜いての韓国ラブストーリー映画史上最高の動員数を記録した映画なんです。
納得です!だって、おもしろいんだもん!!
それに、カンナさん役のキム・アジュンがかわいいし、カンナさんの憧れの人サンジュン役のチュ・ジンモもかっこいい!
脇を固める俳優さんたちも”クセモノ”だらけ。
韓国ドラマを見ている人なら「あっ!あの人や~」ってすぐにわかる人たちばっかり。
思いっきり笑って、後半は泣けて、とにかく楽しい映画です。
カンナさん大好き~。


左がbeforeカンナさん、右がafterカンナさん。
どっちもキム・アジュンが演じてます。
ハリウッドから特殊メイクチームを招いて4時間かけて95kgのダイナマイトボディーを完成。
意外とbeforeカンナさんがかわいいんですよ。
20080909230112s


e7b8f490_BIJYOHA
「カンナさん、大成功です」
原題:「美女はつらいよ」
キム・アジュン(カンナ)
チュ・ジンモ(サンジュン)
2006年 韓国映画


【あらすじ】
身長169cm・体重95kgのダイナマイトボディを持つカンナ。
好きな人の写真を持って占いに通いつめる女の子。
20080203180450


彼女は唯一の取り柄である美声と歌の才能を活かし、スター歌手AMIの“ゴースト・シンガー”をしている。
スポットライトのあたらない裏方でも、想いを寄せるプロデューサー・サンジュンに会える仕事を楽しみにしていたカンナ。
しかし、偶然にもサンジュンとAMIの会話を聞いてしまう。
「才能があっても美貌はないカンナなど、せいぜい利用すればいい」
サンジュンの本音だった。
決定的な現実を突きつけられた彼女は、命がけの“全身整形”を決意する。


突然姿を消したカンナ。
サンジュンもAMIも行方を探すが見つからない…。


1年後、カンナは見事なボディーを手に入れる。
生まれ変わったことで憧れだったセクシードレスを着て街中を歩き回るカンナ。
08_large


しかし、親友ですらカンナだとは気づかなかった。


AMIの”ゴースト・シンガー”を探していると聞いたカンナは”ジェニー”としてサンジュンの目の前で歌声を披露。
見事な歌声に即契約。
img_1604311_38260810_6


サンジュンによってプロデュースされ、カンナは初めて人前で歌を歌うことに。
20081122154856


”ジェニー”の歌声を聞いた人々は、その美しい歌声と歌唱力に魅了される。
カンナは一気にスターダムを上り詰めていく。
07_large


サンジュンも徐々に”ジェニー”に惹かれ始めていく。
img_631048_32275920_4


だけど、”ジェニー”が何気なく書いたマークが、以前カンナが書いていたものと同じだと気づいたサンジュン。


またもう一人”ジェニー”の正体を見破った人物がいた。
”ジェニー”に嫉妬していたAMIは、カンナの父親をパーティーに招待する。
痴呆症にかかっている父親を目の前に、歩み寄りたくてもできないカンナ。
”ジェニー”が”カンナ”だと知ったサンジュンは”ジェニー”に距離を置くようになってしまう。
カンナとして、涙ながらに気持ちを訴える。


サンジュンは誰にもカンナの正体を話さずに”ジェニー”として売り出し、コンサート開催当日を迎えた。
「歌えない…」と言うカンナに「自分のために歌え」と言ってステージに送り出す。
photo143033


”ジェニー”の歌声を聞くために集まったたくさんの人々。
目の前には父親も、サンジュンも見守っている。
しかし、カンナは―
b0024832_22132717

                         


カンナさんが劇中で何曲か歌ってるんだけど、全部キム・アジュンが歌ってるんです。
映画スタッフは、当初歌の部分は吹替えを…っと考えていたけど、キム・アジュンの歌声を聴いた瞬間に、本人の歌でいくことに決めたとか。
本当に上手いんです。
すごい歌唱力です。
高校時代、歌手を目指して歌を磨いたそうです。
うん、納得。
とくに♪マリア♪という曲を初めて”ジェニー”が披露する瞬間は、私も鳥肌が立ちました。
映画が終わってもず~っと♪マリ~ア~ アベ・マリ~ア~♪って頭の中でグルグル回ってます。
エンドロール、日本語版主題歌ということで梨花が歌ってるんです。
梨花もうまいけど、やっぱ余韻を楽しみたかったからキム・アジュンの歌声で終わりたかったな~。


ちなみに、キム・アジュンは2007年第44回 大鐘賞映画祭(韓国版アカデミー賞)主演女優賞を受賞しています。



razz_0120 at 11:45│Comments(0)TrackBack(0)korean movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字