2008年04月03日

「あぶない奴ら~TWO GUYS」

昨日は色々疲れたので(←下の記事)なんかおもしろくてボ~っと見れる映画ないかな~って思って見たのが「あぶない奴ら~TWO GUYS」
チャ・テヒョン主演なので、おもしろいだろうな~って思ってたんですけど、所々笑ってる自分がいました。
大笑い!っていうんじゃないんだけど、プフッ!みたいな笑いです。
アクション・コメディーになるのかな!?


チャ・テヒョンの代表作はやっぱり「猟奇的な彼女」になると思います。
(当時ラブストーリー映画歴代1位)
この後主演した数々の映画の興行成績が思うようにいかなくて、ある共演女優に「申し訳ない」とまで謝ったりもしてました。
映画のヒットって難しいですからね。
毎作当たる作品になるなんて至難の業だと思うんです。
製作側は「ヨシっ!!」と思っても、見る側は「イマイチ…」ってのはあるので。
そう思うと俳優さんって大変なお仕事ですね。

tg1

「あぶない奴ら」
チャ・テヒョン(キム・フン)
パク・チュンフン(パク・ジュンテ)
ハン・ウンジョン(チソン)
2004年 韓国映画

【あらすじ】
借金の取り立て屋にして前科4犯のパク・ジュンテは、「カード詐欺師のキム・フンを探してきたら分け前を3分の1やる」と儲け話を持ちかけられる。
そのキム・フンは、高級クラブの代行運転の仕事をしていた。
ジュンテはカードの借金を取り立てにフンに会いに行き身柄を押さえるが、そこへフンに突然の代行運転の仕事が舞い込んできた。
ジュンテも助手席に乗って外国人客を高級マンションまで運ぶが、車を間違えたことで、外国人客の持ち物である”カバン”がないことに気づく。
フンは車を取りにクラブへ戻り、ジュンテは外国人客と一緒に部屋に入ることに。
ここで銃撃殺人に遭遇してしまうジュンテ。
なんとか逃げ切り、フンと連絡を取るが、フンは2人組みの殺し屋に囚われていた。
狙いはジュンテがひょんなことから持ってしまった”カバン”だった。
2人はかろうじて逃げ出すが、フンの携帯に「10億出すからカバンを渡せ」とナゾの男から電話がかかってきた。
天才的な錠前破りのチソンに鞄を開けてもらうと、それは韓国で開発された最先端の半導体。
これを狙う国際スパイ組織が暗躍していたのだ。
命を狙われた2人は国際スパイ組織に挑戦状をたたきつける―

512S6C2RN7L


国際スパイ組織って怪しい団体が出てるんですけど、ここはコメディー映画。
まんまと2人にハメられ、ウソも見抜けない、挙句の果てにはいつも逃げられてしまう、なんとも弱っちい国際スパイ組織なんです。
そのどんちゃん騒ぎが見ていておもしろいんですけどね。


そうそう、この映画の中で2人がサウナに行くシーンがあるんです。
韓国のサウナって、日本のサウナとちょっと違うんです。
サウナにはTシャツと短パンを履いて入るんですよ。
日本よりかは低温なんですね。
そして、広場みたいなところでみんなゴロ~ンと寝転がっていて、ゆで卵を食べるのが習慣のようなんです。
ドラマ「パリの恋人」でも同じようなシーンがありました。
私はサウナって苦手なんです。
あの暑さがガマンできなくて、効果が表れる前にギブアップ…。
だから、韓国サウナの方があってるのかも。


映画やドラマで、その国の風習や文化がわかるのはおもしろいですよね。
日本と違うところがたくさんあるので。

razz_0120 at 16:54│Comments(0)TrackBack(0)korean movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字