2008年04月12日

GLAYと一緒に幸せになった大阪の子猫ちゃん Vol.2

照明が落ちいよいよライブ開始です

GLAY HIGHCOMMUNICATION TOUR 2007-2008 
2008年4月10日(木)大阪城ホール


FCから届いたチケット↓↓↓
写真入りチケットっていうのがうれしいのです
サンキュ~HAPPY SWING!!



ライブ中メモってたわけではないので、TERUのMCが違ってたりしてるかもしれません。
お許しを…。


<セットリスト>

1.ASHESE-1969-
2.VERB
3.誘惑


♪1969 アポロが月へ~♪
1曲目からノリノリの曲でスタート。
もういきなり汗タラタラ
「誘惑」のイントロが流れたときは「キャ~~~!!」
♪時に愛は2人を試してる Because I love you♪
1万人大合唱です!
やっぱりこの曲は盛り上がりますね~。
汗タラタラ流れてくるので、首に巻いたタオルが早くも大活躍


<MC>

「ハードナンバーで盛り上がっていこうぜ~!」
Yeah~!!

4.YOU MAY DREAM
5.ROCK’N’ROOL SWINDLE
6.coyote,colored darkness


選曲いいです!いいです!!
懐かしい「YOU MAY DREAM」や新しい「ROCK'N’ROOL SWIDLE」、HISASHI作詞・作曲の「coyote,colored darkness」
楽しい!!
もう汗が流れ落ちてきてます。


<MC>

「今の想いを詰め込んだ曲です」

7.SORRY LOVE
8.カーテンコール
9.Life~遠い空の下で~
10.BE WITH YOU

GLAYが得意とするバラード4曲、聴かせてくれました。
周りでは涙を流している人もいました。
みんな思い思いに胸に響いた曲なんですね


「SORRY LOVE」めちゃめちゃ好き!
GLAYが今すごく大切にしている曲なんです。
「カーテンコール」のイントロが演奏された時はこれまた「キャ~!!」でした。
ライブでは久しぶりに聴いたんです。
静寂の中、TERUの声が城ホールに響き渡っていました
「BELOVED」というアルバムの中に収録されている曲なので、もうかなり古い曲ですね。
このアルバムは私の中で”GLAYベスト”のひとつなので、すごくうれしかった~。


「うまくいかなくて思い悩んでいた頃に出来た曲です。聴いてください、Life~遠い空の下で~」
もしかしたら、初めてライブで聴いたかも…。あんまり記憶がないな~。
インディーズの頃の曲だから。
TERUがアコギを弾きながらの熱唱でした。
♪あなたに会えたこと♪「BE WITH YOU」は、これまた好きな曲で、久しぶりにライブで聴いた曲です。


GLAYのミディアム・バラードは聴かせてくれます!本当にいい曲ばっかり。


<MC>

「みんな新曲は聴いてくれたかな?」

11.STARLESS NIGHT
12.AMERICAN INNOVATION
13.Lock on you

「STARLESS NIGHT」はポップチューンでかわいい楽しい曲。
一緒に歌って楽しむぞ!


TERUの掛け声に合わせ、1万人の声がひとつになります。
「TAKURO~ 大好き~」
「HISASHI~ 大好き~」
「JIRO~ 大好き~」
「TERUちゃ~ん 大好き~!」
これ全部TERUの後に続いて1万人が声をそろえてメンバーに向かって叫ぶんです。
見事にキレイに決まるんです!
1万人の心はひとつです!
ひとつになったらライブで盛り上がる曲、JIROくん作曲の「AMERICAN INNOVATION」でタオル振り振り。
ハイ!これで見事右腕が筋肉痛になりました
「Lock on you」はTERUのセクシーさが売り!?で、胸をはだけて腰クネクネ…。


<MC>

「ありがとう。本当に心からそう思ってるんだよ。ありがとう」
「もっともっと大阪の声を聞かせてくれ~」

14.-VENUS
15.KISSIN' NOISE
16.Runaway Runaway
17.彼女の”Modern…”
18.SHUTTER SPEEDSのテーマ
19.BEAUTIFUL DREAMER


本編最終曲まではハードナンバーで飛びまくり!!
1万人、暴れまくってます。


新曲の「-VENUS」はライブで初めて聴いた曲。
「STARLESS NIGHT」とは真逆のハードナンバーに仕上がってます。
♪Good Luck~♪インディーズ時代の曲「KISSIN’ NOISE」
こういう昔の曲やってくれるのがうれしいんですよ
カラオケでもよく歌う「Runaway Runaway」はアップテンポでポップチューンなので好きな曲です。


ライブで絶対欠かせない「彼女の”Modern…”」
これはジャンプしまくるので、内蔵が上下に動くんです。
ちょっとセーブしないとめちゃ疲れてしまうんだけど、そんなこと考えてる余裕はないですね、もう完全にノッテるので…
おぅっ!JIROくんのハードなベース音が…と言うことはあの曲ね。
待ってました!!JIROく~ん
♪Hey Man~ 乱痴気騒ぎ人を巻き込んで ヨリを戻したんだって 人騒がせな!♪
JIROくんがボーカルでJIROくんファンには最高の「SHUTTER SOEEDSのテーマ」
「キャ~!!!JIROく~~~ん!!!」
興奮しまくりの私


「大阪ラスト~!!BEAUTIFUL DREAMER」
あ~~~、もうそんな時間!?早すぎるっ!!
今回TERUはず~っと「夢を持って頑張って」を何度も言ってました。
「右手には夢、左手には希望」(←違ってたかも…)そんなようなことも言ってたな~。


アンコール待ちの間は、スタンドもアリーナもウェーブで盛り上がってました。


<ENCORE>

「もっと、もっと、愛し合おうぜ!!」

1.HIGHCOMMUNICATIONS
2.生きてく強さ
3.ピーク果てしなく ソウル限りなく
4.BURST


いきなりサイレンの音が…赤いライトが照らされて、消防車のサイレンが響き渡ってます
音が止まると今回のツアータイトルになっている「HIGHCOMMUNICATIONS」
4年前にも同様のタイトルのツアーをやってましたが、再びGLAYとファンとのHIGHCOMMUNICATIONSを交わそう!ということで今回もこのタイトルのツアーに。
もうライブでは欠かせない曲です「生きてく強さ」。
アップテンポに合わせて両手を左右に振る「ピーク果てしなく ソウル限りなく」。
この前のハイコミもそうだけど、腕が痛い!!
間違いなく筋肉痛への道です。


「みんなの声を聞かせてくれ~BURST~!!」
とうとうラストナンバー。
声が枯れるまで「BURST」を叫びまくった私含め1万人。
GLAYとのHIGHCOMMUNICATIONができた大阪ナイトでした


「今日、大阪でのHIGHCOMMUNICATIONは無事終了しました。ありがとう。明後日から埼玉、名古屋と行ってきます。」
メンバーも私達もみんな手をつないで1~2~3~~~ジャン~プ!
笑顔のTERUが「行ってきまぁ~~~~す」
私達も笑顔で「行ってらっ~~しゃ~~~い!!」


ありがとうTERU、ありがとうTAKURO、ありがとうHISASHI、ありがとうJIROくん。
ありがとうGLAY!!


エンドロールには、2007年11月から始まった全国52公演ツアーに訪れたみんなの笑顔、そして、メンバーの笑顔


See You Soon…
またここで会いましょう



スクリーンに映し出されたテロップに「またここで会いましょう」と1万人が応えたことでしょう。
♪逢いたくなったらまたここへ来てよねえ♪
「またここであいましょう」を聴きながら、大阪の子猫ちゃんたちはみんな幸せな顔で大阪城ホールを後にしたことでしょう


ゲットしたテープです↓↓↓



また大阪で会える日まで…。



razz_0120 at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)music 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字