2008年07月19日

「ファンタスティック・フォー」

毎日暑いですね。
クーラーなしの生活はできません…
家の中にいて熱中症にでもなったらシャレになりませんからね。
3連休ですが、地元の神社で日・月とお祭りがあるんです。
ピ~ヒャラピ~ヒャラ
私も子供の頃は笛子や踊り子としてハッピを着てお祭りに参加してました。
あ~懐かしい。


お祭りに行くかは当日の気分次第で…
3連休初日は先日間違えて続編を先に見てしまった「ファンタスティック・フォー」を見ました。
これで続編で謎だった部分の理解ができました。
やっぱりちゃんと製作順に見ないとダメですね。


前回もチラっと紹介させて頂きましたが、1961年に発表されたアメコミの映画化作品。
思わぬアクシデントで能力を身につけてしまった4人がヒーローとなって活躍する物語。
第一作目はなぜ「ファンタスティック・フォー」と呼ばれるようになったか?という部分に焦点があてられています。

fantastic_four11

「ファンタスティック・フォー」
ヨアン・グリフィズ(リード)
ジェシカ・アルバ(スー)
クリス・エヴァンス(ジョニー)
マイケル・チクリス(ベン)
ジュリアン・マクマホン(ビクター)
2005年 アメリカ映画

fantasticfour05


【あらすじ】
人間の進化に多大な影響を与えたと考えられる宇宙嵐の秘密を解明し、人類の役に立てようと考える天才科学者のリード。
研究のための資金援助を大学時代のライバルで、研究所を経営する億万長者のビクターに依頼。
ビクターはリードの功績を自分のものにしよう、そしてリードの元恋人スーの愛情も頂こうと、リードに協力する。
リード、スー、スーの弟ジョニー、リードの友人ベン、そしてビクターの5人で宇宙ステーションへ。
しかし、計算よりも早くに宇宙嵐が来てしまい、5人はそこから発せられた放射線を浴びてしまう。


地球に戻った彼らは、宇宙放射線によってDNAが変化し、それぞれに特別な能力が備わっていることに気づく。
ゴムのように伸縮自在になったリード
自分自身や物体を透明化し、バリアも発生させるスー
自らを発火させ空を飛べるようになったジョニー
岩のように固い皮膚と怪力をもったベン
人々を危険から救った4人は一躍ヒーローに。

322311_003


ビクターもまた放射線によって特殊能力を身につけていた。
実験が失敗し投資家から見放された上に、4人の活躍を知り、その怒りから破壊光線を発する”Dr.ドゥーム”になってしまう。


人々を救うため、ファンタスティック・フォーはDr.ドゥームとの戦いに突入し、見事Dr.ドゥームを倒す。
スーにプロポーズをしたリードに、ジョニーはお祝いとして空にファンタスティック・フォーのマークを描く。(end)


-THE END-と出た後もお話は続きます。
死んだビクターがコンテナに乗せられ国に送られるんです。
でも…
これが続編の「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」のストーリーへと繋がりました。


黒づくめのメタリックに変身したDr.ドゥームを見て「これってダースベーダーに似てる!」って思ったんです。
それもそのはず。
元々はDr.ドゥームで、このデザインがダースベーダーに影響を与えたそうです。
そう言えば、もうすぐ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」が公開しますね。
この前予告編を見ました。
見たいような、でもDVDでいいよな…
やっぱり実写が一番いいからな~。

razz_0120 at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)American movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字