2008年07月22日

エミー賞ノミネートの「ダメージ」

海外ドラマファンには気になるエミー賞のノミネート作品が発表されました。
私が見ている「ボストン・リーガル」「Dr.HOUSE」が作品賞にノミネートされていましたが、その中でも先日BS2で放送が終了した「ダメージ」はすごいハマりました。


まず主演のグレン・クローズの演技。
BS2では吹替えなので、本人の声での演技はどうなのかわかりませんが、「危険な情事」を思い出したんです。
あの映画でのグレン・クローズはめちゃ怖かったですからね。
「ダメージ」では、「危険な情事」のようなストーカー的は怖さではなくて、勝つためなら手段を選ばない冷酷な女っていう点で怖さを感じました。



それと、先が気になる現在と過去がクロスするストーリー展開。
見ているうちに「誰が裏切ってるの?」「誰を信じればいいの?」という風に、いったい誰がいい人なのか?悪い人なのか?わからなくなってくるんです。



簡単にあらすじをご紹介します。


勝つためには手段を選ばないカリスマ弁護士パティ・ヒューズ(グレン・クローズ)。
非情かつ冷徹で知られるパティの事務所に、新人弁護士エレン(ローズ・バーン)がやって来た。
パティとエレンは、大富豪の会社経営者フロビシャー(テッド・ダンソン)を相手取った訴訟事件を担当することに。
パティはフロビシャーを徹底的に追求し、巨額の賠償金を勝ち取ることを宣言する。
しかし、パティとエレンの周りでは次々に不可解な事件が発生する。
フロビシャーの仕業なのか?
パティの罠なのか?




冒頭からいきなりヤラれました。

血にまみれた状態でアパートから飛び出てきたエレン。
アパートの浴槽には恋人の死体が。
人をかきわけて走るエレンを保護する警察。
取調べ中、全く何も語らないエレン。
唯一の所持品だった「ホリス・M・ナイト」という弁護士の名刺を手がかりに、警察はエレンの身元を調査し始める―


この時点でどういう展開で恋人殺しの容疑者になったの?
誰が殺したの?
どんな理由で???
もう、いろんな疑問点が1話から沸いてくる、沸いてくる。
だから先が気になって仕方がなかったドラマだったんでしょうね。


とにかくこのドラマは登場する人物みんなが怪しい!


そして最後にはビックリするような展開が待っていて…。
最終回は「新たなる謎の始まり」なんてタイトルがついてるんです。
一応は完結したけど、でも”新たなる謎”があるんですよね。
シーズン2はないのかな?


9月21日に「第60回エミー賞」が発表されます。
何が受賞するのか楽しみ!!


razz_0120 at 22:54│Comments(0)TrackBack(0)American drama 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字