2008年08月01日

サスペンスの聖地!?南禅寺の水路閣

京都東山にある「南禅寺」はこのエリアの人気スポット。
私も何度も行ってます。
特に有名なのが写真↓↓↓の「水路閣」ですよね。
モダンな感じが漂ってて大好きな場所。

2050910


今ここが崩落危機に!!

老朽化のために崩落の危険性が高まったらしく、昨日7/31から緊急工事が始まってるんです。
崩落の危険がある橋台は、普段観光客が立ち入らない場所らしいです。
この水路閣はおなじみサスペンスドラマのハイライトシーン(殺人現場や犯人の自供場所)の撮影場所。
補修工事を無事終えて、これからもサスペンスの聖地としてあってほしいです。
私がサスペンスごっこをするためにも…ハハハっ



okiraku 超~ミニミニ講座

水路閣は琵琶湖疏水の一部で、14のアーチが連なるレンガ造りの水道橋。
明治21年(1888年)に完成しました。


京都のお水は地下水か、北方の山々から流れる川しかなかった明治14年当時、日本最大の湖である琵琶湖の水を利用しよう!と考えられたのが、いくつもの山をぶち抜いて長大な水路を作ること!!
若干21歳の田邊朔朗によって完成した水路は”建築物はすべからく、美しくなければならない”という建築ポリシーから生まれました。



昭和~平成を過ごしている私には、明治~大正期のロマン(浪漫)というものにすごい憧れがあります。
「はいからさんが通る」の世界にもロマンを感じるくらいですから…。
数少ないロマンを感じられる建造物は、この先もず~っと残してほしいです。
そのための入場料・拝観料なんですもんね。

razz_0120 at 17:27│Comments(0)TrackBack(0)travel 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字