2008年08月02日

「乾パン先生とこんぺいとう」

この前見終わったタイトルがかわいい「乾パン先生とこんぺいとう」、内容もかわいかったです。
韓国版”ごくせん”なんて言われていますが、ヤンクミみたいに心身とも強くないんです。
ただ生徒のことを一生懸命に考えて頑張る先生なんです。
そして女性だからもちろん恋もします。
ず~っと好きだった初恋の人と両想いになったと思ったら、その人の甥っ子であり、自分が受け持つクラスの生徒から猛烈アタックを受ける、なんともうらやましい乾パン先生。


生徒役のコン・ユは、このドラマでブレイク。
そして「コーヒープリンス1号店」で不動の人気を。
今現在は、韓国では義務になっている軍隊で頑張っています。


乾パン先生役のコン・ヒョジンは、Rain(ピ)と共演した「サンドゥ、学校へ行こう!」でも先生役だったな~。
この人の雰囲気が好きです。
特別きれいな顔ってわけじゃないけど、笑顔がかわいい!髪型がかわいい!スタイルがいい!
きっと女性からも好かれる女優さんなんだろうな~。

00012a
「乾パン先生とこんぺいとう」
コン・ヒョジン(ナ・ボリ)
コン・ユ(パク・テイン)
キム・ダヒョン(ジ・ヒョヌ)
2005年 韓国ドラマ 全16話

【あらすじ】
高校中退、三流大学を卒業後、母校の定石高校の教員採用面接を受けるナ・ボリ。
悪ガキ高校生テインをどうにかおとなしくさせるために、学校の理事長である母親がボリと契約を結ぶ。
「授業はさせない。ただテインのクラスの担任になって、テインを四六時中見張って更生させてほしい」
どうしても母校の教師になりたかったボリはこの条件を受けることに。

img_986109_7047907_1


そうとは知らないテインは自分にしつこくつきまとうボリを初めはうっとおしく思うが、段々ボリを好きになっていく。
しかし、ボリには昔から好きな人が。
ボリが高校生だった頃、教育実習に来ていた美術の先生ヒョヌのそばにいたいがために教師になったのです。

ScreenHunter_014


生徒達が問題を起こすたびに一生懸命になって問題解決に奔走するボリ。
ヒョヌも昔からボリが好きだったとわかり2人はラブラブ状態。
ボリを好きなテインは2人を引き離そうといろいろと企んでは玉砕。
そこへ、ヒョヌの元カノ・ウンソンが現れ三角形から四角関係へ。


一生懸命自分の思い、ナ・ボリ先生が好きだという思いを伝えるテイン。
「サランヘヨ~」を連呼しまくってます。

d0084933_0201073


ボリが辛い時には必ずそばにいるテイン。
ボリの中で段々テインの存在が悪ガキ生徒から男性として変わってくるのです。

20071220_392474


紆余曲折、ボリとヒョヌの結婚式前日。
テインへの想いに気づいたボリはウエディングドレスを着ながら「結婚したくない」とテインに打ち明けます。
翌朝まで一緒にいたところをテインの両親に見られたボリとテイン。
ボリはヒョヌに「別れて欲しい」と告げます。
テインは退学処分となり、ボリもまた定石高校を去るのです。


1年後―
ボリは予備校の講師に。
海外へ留学していたヒョヌを迎えに空港へ行ったボリは、偶然テインの姿を見つけます。
テインを追いかけるボリですが、見失ってしまいます。
ヒョヌはボリにもう一度プロポーズしますが、「他に好きな人がいる」と告白します。


再会したボリとテイン。
やっと2人の気持ちが通じ合い、テインは大喜び。
結婚したいテインの気持ちは持ち越されますが、母校へ帰ってきたボリと、そこへ教育実習生としてやってきたテイン。
歳の差はあるけど2人はラブラブです。

10003305

pdvd_330


乾パン先生(ボリ)の生徒への思いで涙を流し(ちょっと金八っぽかった)、テインの頑張りに声援を送り、ボリとテインのhappy endに拍手を送ったドラマでした。
このドラマでコン・ユがブレイクしたのわかります!
笑顔がかわいいんですもん。

d0084933_0201073
↑↑↑このシーン、このコン・ユの笑顔、一番好き★


なぜタイトルが「乾パン先生とこんぺいとう」なのか???


ハングルでは「麦」も「ボリ」と発音するために、テインに「(麦)乾パン」というあだ名を付けられたのです。
そして、非常食である乾パンには金平糖がついていたりします。
カロリー摂取と、乾パンを食べやすくするために唾液の分泌を促進する効果、さらには、カラフルで楽しげな金平糖を一緒に入れることで、非常食が必要となる災害時に被るストレスを軽減させる効果が期待されているからだとか。


乾パン先生の栄養分やストレス解消となるこんぺいとうはテインだったのです。


ドラマのエンディングで「ナ・ボリ武勇伝」が語られるんです。
これがおもしろい!!
高校時代、たった一人で不良学生をやっつけたナ・ボリ。
先生になってからもすごいアクションで生徒を危機から救うんです。
が、実はこれは全てナ・ボリ先生を崇拝する生徒達による彎曲された武勇伝。
本当は…全てが偶然によって、タイミングによって危機を脱しただけだったのです。
ドラマ後半にはこの武勇伝は出てこないのよね~。
結構おもしろかったから、もしかして最終回には…なんて期待してたけどなかった…。


コン・ユ作品の「ある素敵な日」「コーヒープリンス1号店」のDVDが待機中。
来週からはオリンピック始まるからいつになったら見れるんだろう???
それは自分次第…。

razz_0120 at 17:29│Comments(0)TrackBack(0)korean drama 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字