2008年08月18日

ドラマ化決定作品!!東野圭吾「流星の絆」

先日の戸田恵梨香ちゃん、たくさんのコメントありがとうございました。
吉本芸人ならよく大阪では見かけることができますが、ビッグネームの芸能人にはなかなか会える機会はなく…
無料で見れるイベントだっただけに、ミーハー気分だったのです


その戸田恵梨香ちゃんの次なるドラマ出演は、東野圭吾の「流星の絆」です。
原作読みました。
犯人ズバリ!!当たりました~!
バンザ~イ!!!!
犯人が当たると嬉しいんですよね~。
だからミステリー作品が好きなのです。


「兄貴、あいつは本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」


ペルセウス座流星群を見るために夜中こっそりと家を抜け出た小学6年生の功一、4年生の泰輔、1年生の静奈兄弟。
雨が降り出したため家に帰ると、そこには血だらけの両親が。
洋食屋「アリアケ」を営んでいた両親の交友関係を調べる刑事の柏原と萩村。
手がかりは泰輔が見かけた男の顔と店に残されたビニール傘のみ。
捜査は一向に進む気配はなく、時間だけが過ぎていく。
「もし犯人がわかったら、俺たち3人で殺そうぜ」
幼い兄弟妹は復讐を誓い合うのです。


14年後―
詐欺師として生きている功一、泰輔、静奈。
手広く展開している洋食屋「とがみ亭」の御曹司である戸神行成をターゲットとし、詐欺の実行に移ろうとしていていた時、偶然にも泰輔が見かけたのは両親を殺した男だった。
その男こそが戸神行成の父親で戸神政行。
復讐のため、功一たちは戸神親子に近づく。
しかし、両親を殺したという証拠が見つからない。
その上静奈は戸神行成に好意を持ち始めている。
功一たちが仕掛けた復讐計画に刑事たちも動き始めるが―


最初のほうで「犯人はこの人ちゃう???なんかこの行動が怪しいし…」
そう思ってたら犯人も当たったし、怪しい行動も事件のカギになってたし。
なんだかうれしいです


よく原作とドラマは結末が違うっていうから、ドラマではどういう風に終わるのか楽しみです。
ちなみにドラマは10月金曜夜10時スタートです。

razz_0120 at 17:38│Comments(0)TrackBack(0)book | another drama

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字