sports

2008年07月07日

ウィンブルドン決勝戦/F1イギリスGP

昨日はまさかウィンブルドンがあんなに白熱した戦いになるなんて思わなかった。
世界ランキング1位のフェデラーと2位のナダルの戦いだから、そりゃ~いい試合になるとは思ったけど、フルセットの激闘の上、雨による中断2回。
気づけばもうイギリスは夜
日本は明け方―コッケコッコー
新聞配達のおっちゃん(もしかしてお兄ちゃん)も仕事し始めてる時間なのに、まだ決着がつかない!
私は今週も寝不足の月曜日です。
そしてきっと今週は眠~い一週間になること間違いなしです。


6連覇という数字はとてつもない数字なんですね。
でも5連覇だってスゴイこと!
ウィンブルドンの勝利は全豪や全仏とは一味も二味も違いますからね。
って、あんたはわかるのか!と一人突っ込み。


カーディガンを着ているフェデラーがなんか好き

準決勝までのフェデラーの戦いを見てたら「いける!!」なんて素人目で見てたけど、ナダルが強い!強かった!!
さすが世界№1、2の戦いでした
お互いすごいサーブやレシーブを打ってるのに、力が落ちないなんてスゴイです。
まともにサーブ受けたら骨折しそう…


ウィンブルドン初優勝の全仏チャンピオン・ナダル
誰かに似てるだんだけど、思い出せない…


テレビ解説ではフェデラーVSナダル時代って何度も言ってましたが、当分は続きそうですね。


しばらくウィンブルドンというか、グランドスラムから遠ざかっていたから、ナダルの存在自体知らなかった…。
フェデラーはよく耳にしてたけどな~。
やっぱりアカンな~
スポーツ観戦大好き!なんて言いながら、し~ばらくテニスから離れていたから全く選手がわからん…。
これを機に、再びテニスもちゃんと見ることにしよう!


F1イギリスGPは雨の中スタート
途中すごい雨で、この雨によってライコネンは作戦失敗…
ハミルトンに追いついてたのに結果4位。
「チームの作戦ミスやん
と一人怒ってたら、ライコネンは言うことが違うね~。

コースコンディションが良くなると予想していたから、タイヤを交換しなかった。
でも、これが失敗だったね。
これはみんなで決めたことだった。
僕たちはチームで勝つときも負けるときも一緒だからね

まだまだ私はダメ人間ですわ~(←中居くん風)


中嶋悟がゲストに来ていて、息子の一貴のレースの解説をしてたけど、完璧”父親”だった。
レース終了後、「つかれた~」って言ってたもん。
親子でF1レーサー。
お父さんの目の前で息子はポイント獲得。
悟さん、うれしかっただろうな~。


テニスを見ていて「今日は雨ばっかりやな~」なんて思ってたらそれもそのはず。
F1もテニスも同じイギリスだったのよね。

razz_0120 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月05日

今週もやはりスポーツ三昧

いや~、昨日のハンセンのニュースにはびっくりした!!
まさかWRどころか代表落ちしてしまうなんて…
昨日の夕刊を見てびっくりして思わず「えっ!?ハンセン代表落ちしたんや~!!」って声あげてしまったくらい。


いくらレーザーレーサー(LR)を着ても、選手の力と水着がぴったりかみ合わないといいタイムはでないんですね。
北島康介くんの言葉「泳ぐのは自分」、改めて実感しました。
日本選手が最後の公式レースで初めて着用したLRでWRやNRをたたき出したということは、水着だけの力ではない!ということが証明されたのでは?
8月8日から始まるオリンピックの競泳陣楽しみですね。

北島康介くんのHPから↓↓↓

メンタルが弱いと報道されていますが、それだけではないような気がしました。 
本番を1ヶ月後に控えたこの大会で、なにかテーマを持ってチャレンジしてるようには思えなかった。 
本番は1ヶ月後。
僕は、今は自分のやるべき事をするだけです。
今日の事は忘れて、今を進むだけです。

有言実行の男、さすが北島康介くん
最大のライバルはいないけど、彼の道はWRと金メダル。
もちろん、あなたを応援しますよ。
ファイティ~ン!!

(ハンセンは200mで代表落ちしたけど、100mはWR保持者として出場します。)


久しぶりにウィンブルドンを見ています。
昔は眠い目をこすりながら連日見てたけど、しばらくウィンブルドンから遠ざかっていたのよね。
今はフェデラーの時代。
6年連続6度目の優勝を目指すとはスゴイ!
昨日チラっと元世界ランキング№1のサンプラスの映像が出たときには懐かしかった~。
この時代までなのよね~、私が見てたのは…。
だからフェデラーって言ってもイマイチピ~ンと来ない…
やっぱりスポーツは継続して見ておかないとアカンな~って思いました。
日曜日の決勝が楽しみだわ。
あっ!!日曜やったらF1と思いっきり重なってる…
キャ~どうしよう!!!
めちゃ迷う…F1見ながらテニス見るか?テニスは録画するか??どうしよう…



razz_0120 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月23日

3連敗のスポーツ観戦/アメフト→野球→F1

日曜日はお昼から深夜まで、スポーツ観戦でフル回転
って言っても、もちろんテレビ観戦ですけど。
忙しかった~。


昼―アメフト「グリーンボウル決勝戦」
西日本の社会人チーム№1を決める戦いで、松下電工インパルスVSアサヒ飲料チャレンジャーズ。
インパルスは今年のお正月、ライスボウルで見事関学を倒して日本一に輝いたチーム
強いのは当然!!
私が応援していたのはチャレンジャーズ。
今年から有馬くん(有馬隼人)が加入したので、何かと注目されてます。
地元に戻ってきてくれたのが嬉しい!


やっぱり電工は強かった…。
1Qは7-7の同点で「いい感じ~」って思ってたけど、2Qからは電工ペース。
さすが日本一のチームやわ。
有馬くんのパスをインターセプトされるわ、タックルされるわ、ギャンブル失敗するわ…
でも、試合後の電工監督のインタビューでは、何度も「有馬くん、有馬くん…」と連呼されていたので、有馬くんの存在は大きいのね。ウフっ。


ちゃんとゴールデンルーキー賞を受賞しちゃってました。
(移籍組だからルーキーとみなされるのですね)
本人、苦笑いっぽかった。

→1敗


夜―プロ野球交流戦「巨人VSソフトバンク」
ペナントレースはオイオイ…状態なのでほとんど見てないけど、交流戦、気づけば巨人優勝争いしてるやん
日ハム、巨人、ソフトバンク、阪神
この4チームが同率首位。
すごい!!
日ハム負けたので、巨人VSソフトバンク、勝った方が優勝
前日のサヨナラゲームといい、最終戦の接戦といい、見ていて力が入りました。
結果、1点差で負けちゃったけど、仕方ないな~。
もうちょっと内海を投げさせても良かったのにな~と思うのは、素人判断かしら???

→2敗目


深夜―F1フランスGP
あ~~~これこそため息…
ライコネンP.P.で決勝もぶっちぎり1位独走
なので、全然テレビ映れへん!!
久しぶりに映ったと思ったら「ライコネンのペースがおかしい!!エンジンがおかしい!!」なんて実況が。
2位マッサとのアドバンテージもあっという間になくなり逆転…
マシントラブルはつき物だけど、あれだけいいペースで走ってたのに、優勝や~!!って思ってたのに、結果2位。
「勝てるレースだったからがっかりしているよ」のライコネンの言葉わかる。



久しぶりにライコネンファンには「ヨシっ!」って思わせてくれるレース展開だったのにな~。
まぁ、8ポイント獲得できたからヨシとしなきゃ
「レース終盤には止まってしまうリスクを背負っていた」とライコネンが言ってたから、それを思うと2位は上出来なのかも…。
ファンは欲張りだから。



前回、カナダGPでとんでもないことをしてくれたハミルトン君。
結局、フランスGPでもいいところがなく、ノーポイント。
この2人何を話してたんでしょうか
やっぱり、カナダでのピットレーンでの追突についてかしら…↓↓↓



→ガ~ン…3敗目


アメフト→野球→F1
全て応援チーム(選手)が負けるという、ファンにはなんとも不運な日曜日


(余談)
左近が写真週刊誌に撮られてましたね~。
イケメンF1レーサーって出てたから「誰だ???一貴???」って思ったけど、週刊誌めくると「山本左近」の名が。
イケメン???F1レーサー???
ちなみに、現在はF1正規ドライバーではないんです。ルノーのテストドライバーです)
私には左近のほうがメジャーだけど、世間はマリエのほうがメジャーなのね…。
あの写真見ると「お友達」の範囲がわからない…。

razz_0120 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月09日

大荒れのF1カナダGP

もうっ!ムカっ

いきなりスミマセン…
昨日のF1カナダGPで、ハミルトンがとんでもないことをやってくれたんです。
ライコネン不運しか言いようがない
前回のモナコGPは散々な結果に終わったライコネン(←あまりにもヒドすぎたのでレポする気になれなかった…)だったから、絶対このカナダでは!!って燃えてたと思うんですよね。
それなのに、ハミルトン!なんてことするの!!


予選3番手のライコネンが前のクビサに追いつき、ファステストもたたき出して「よしっ!!いいやん!逆転する!」なんて思ってたら、1台リタイアした車から炎が出ていて撤去作業のためにSCが導入され、上位陣一斉にピットに。
ライコネン、1位のハミルトンより早くピット作業終了し、「いいね~いいね~」。
ここまではよかった。
それが、ピットレーン最終地点で赤信号のため、ライコネンとクビサは並ぶようにしてストップ。
これは当然!
ピット信号が赤だからストップするのはルールで決められていること。
それが、それが…


思いっきりハミルトンにぶつけられたライコネン(前方)


ハミルトン、思いっきりライコネンにぶつかりマシンが―

信号を見てなかったハミルトンの明らかなミス。
クビサは悲惨なライコネンを横目に見ながらレースに戻って初優勝という結果。
ライコネン、マシンのダメージが大きく、そのままピットレーンでリタイア…


騒がしくなったピットレーン


「うわ~!最悪ぅ~。ハミルトン何してくれんのよ!


ハミルトンのリタイアはいいよ、自分が起こしたミスなんやから。
でも、ライコネンまで巻き添えにせんでもいいやん!
それも、どう見てもハミルトンのミス、ミス、大ミス。
それなのに、あとの態度が気に食わない!
「運の悪い出来事だったんだと思うよ」
自分ひとりだけでリタイアしてよ!


マシンから降りた直後のハミルトンとライコネン。
文句の一つも言いたいでしょ~。


リタイア後のライコネン。
「もちろん、誰だってミスをするものだし、僕だって2週間前にモナコでミスをした。
でも、時速200kmでミスをするのと、赤信号で止まっているクルマに突っ込むのとでは訳が違うよ。
怒ったところで問題が解決する訳じゃないし、僕の結果が変わることもないから、怒ったりはしないよ」
ハミルトンとは大違い!


カナダは時差の関係で深夜2時からの生放送。
今日寝たのは4時。
気分も目覚めも悪かった…


絶対ペナルティーがあるはず!
そう思ってたら、やっぱりハミルトンはペナルティー受けましたね。

次戦フランスGP10グリッド降格

当然!
”たら・れば”を言ってしまえばキリがないけど、あ~ぁ、ライコネンペースが上がってきてたから優勝狙えたかもしれないのに…。


今夜は部長とお食事会。
目持つかな~。

razz_0120 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月03日

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー/ディズニーシー編vol.2

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー
~ディズニーシー編 vol.2~


アメリカン・ウォーターフロントのショー「オーバー・ザ・ウエイブ」のディズニーキャラクターたちです。


S.S.コロンビア号の "ドリーム・クルーズ"に出発したクルーズディレクターのミッキーを始めとしたディズニーの仲間たちとクルー。
乗客たちはその船中に忍び込んだ兄妹2人により、さまざまなハプニングに巻き込まれるというストーリーになっています。



S.S.コロンビア号にミッキーとミニーの登場で~す!
見つけた途端「あっ!ミッキーや~。ミッキ~」と叫びたくなってしまいます。
私だけ???



プルート、グーフィー、ドナルドたちも登場。
グーフィーのこいうい格好好きだわ~。
あのなんとも言えないゆる~い感じのトーンで話されるとこっちまでゆる~くなってしまう。



クルーズ・ディレクターのミッキーにエスコートされてS.S.コロンビア号に乗船する乗客たち。
この老夫婦、体柔らかくてダンスうまいんですよ。



ファッション・ディレクターのデイジーとミニーは、きれいな衣装を用意してファッションショーを開催。





ミニーとデイジーの2ショット。
貴重だわ~。



トロピカルパーティーのはじまり~。



チップとデールはパーティーディレクターとして登場。
ここで質問!!
どっちがチップでどっちがデールかわかりますか?

答えは最後に…。







密航していた兄弟たちはグーフィーによってつかまってしまうの。



離れて暮らす病気の母親に会うために、兄弟は豪華客船に密航したのです。
密航した理由を知るミッキー。
下船させようとするクルーに乗客たちは猛反対!



ミッキーは兄弟を名誉クルーに任命しちゃいます!



乗船券を渡すミッキー。
私も欲しい~!!



いろんなハプニング(←現地で確かめてね)で中断していたパーティーが再開。
夢に向かって進むS.S.コロンビア号なのであります。



ここではゲストもこのショーに参加できるんですよ。
S.S.コロンビア号の乗船客として船内からショーを見る私たちに小旗を振るんです。
ちゃんと衣装もあるんですよ。
もちろん記念撮影もしてくれます。
小旗を振る練習なんかもしながら、ミッキーたちと同じショーに参加できるので、ちょっとした優越感があるかも…。
ディズニー・アカデミー(所要時間1時間40分 1500円)


ディズニーランドとは違ったコスチュームを着たディズニーキャラクター。
かわいいですよね。


ミッキーの声を聞きたければ、アンバサダーホテルやホテルミラコスタのエレベーターに乗ってみて!
「扉が閉まるよ」「上に上がるよ」などなど、ミッキーの声で案内してくれます。
他には、オフィシャルホテルとベイサイドステーション間、アンバサダーホテルとパーク間を無料運行している「ディズニーリゾートクルーザー」に乗ってみて!
「さぁ~出発~!」なんて言ってくれます。


次回はスプリングカーニバルです。


答え:鼻が黒い=チップ 鼻が茶色=デール
この見分け方が一番わかりやすいと思います。
他にも相違点はあるんですよ。
前歯1本=チップ 前歯2本=デール
お目目クリクリ=チップ 半開き!?=デール

正解しましたでしょうか???


razz_0120 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月02日

残念…ハンドボール最終予選

5月30日~6月1日まで、クロアチアで男子ハンドボール北京オリンピック最終予選が行われました。
東京での再試合はすごい注目度の中で行われたけど、この最終予選はあんまりニュースになってなかったような気がする…。


3組にわかれて各組上位2チームがオリンピック出場権獲得となったんですが、日本は残念ながら3位に終わり、オリンピックへの道は遠き道となってしまったのです。
初戦はアテネオリンピック金メダルのクロアチアに完敗。
2戦目はアルジェリアに勝利。
そして、最終戦、勝ったほうがオリンピック出場権獲得という状況で、アテネオリンピック銅メダルのロシアに大敗。


日本はミスが多すぎ!!
素人が見てもわかるくらいミスが多かった…。
それに、手足の長い相手チームに簡単にインターセプトされちゃうんだもん。
う~~~ん、世界の壁はまだまだ高いです。


アテネのメダリストチームが最終予選にまわるくらいだから、ヨーロッパのレベルが高いのかな?
そんな強いチームに負けたけど、こうやって戦った日本チームは世界のレベルを肌で知って、更に4年後には世界のチームと接戦になるくらいに力つけるかもしれないから、これからもハンドボールは期待の種目です!!


それにしても、試合放送時間が深夜1時~3時ってめちゃ眠い!!
今日は朝からボ~っとします…。

****************************************

男子バレーはオリンピック出場権獲得できるのかな?



razz_0120 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月12日

F1トルコGP/プチプチokiraku講座~トルコ編~

昨日はF1dayだったので、今朝は非常に眠たい…
ライコネンが優勝しての寝不足ならまだ気分はいいけど、3位と微妙~な結果だから、余計に目覚めが悪かったのかも…。


前回のスペインGPで大クラッシュしたコバライネンは無傷だったので昨日のトルコGPも出場してました。
いや~、すごいクラッシュだったのに、無傷とはスゴイ!
体の鍛え方が違うのでしょうか?
先日もブログに書かせてもらいましたが、スーパーアグリがF1撤退という結果になったので、11チーム22台のマシンから10チーム20台のマシンになってのトルコGP。
前年優勝しているマッサ(フェラーリ)が今年もポール・トゥ・ウィンで優勝
終盤、ライコネンがハミルトンを追い詰めたものの、追い越すことはできず、2位ハミルトン(マクラーレン)、3位ライコネンの結果に


左側からハミルトン、マッサ、ライコネン(右側のおっちゃんはフェラーリ関係者)

昨日の見ものは、コバライネンロズベルグ。
レース終盤での”抜かれたら抜き返す!”
コース上でのデッドヒートはおもしろかったです。
個人的にロズベルグを応援してたので最後抜かれちゃったのが残念だったけど…。


次戦はモナコGP。
このGPで優勝したレーサーは”モナコマイスター”と呼ばれる他のグランプリとはちょっと違ったグランプリなんです。
予選の結果でほぼ勝利は決まってくるので、モナコマイスターの一人でもあるライコネンには予選でいい位置につけてもらいたい!


ところで、ところで、トルコってどんな国?
バーレーンに引き続き、プチプチokiraku講座を開講したいと思います。


トルコって一番有名は都市はイスタンブールですよね。
人口もトルコ一だけど、実は首都ではないんです。
首都はアンカラという都市で、こちらの人口はイスタンブールの約1/3。
ついつい有名な都市が首都だと思ってしまいますよね。
びっくりしたのが、トルコは日本と同じく多くの断層を持つ地震国なんです。
最近は、世界の大手自動車メーカー(トヨタ、フィアット、ルノーなど)と国内大手財閥との合弁事業が盛んになってるとか。
F1がこの地で開催されるのもわかるような気がする…。


ボスポラス海峡とオルタキョイ・モスク


以前、「世界ふしぎ発見」でトルコと日本はとても深いつながりがあると知りました。
そのことがきっかけでトルコが”親日国家”と呼ばれるようになったんです。
そのこととは…(なんか、ミステリーハンター的な言い方になってしまってる)


「エルトゥール号事件」
1890年日本の皇室のトルコ訪問に先駆けて日本を訪問したオスマントルコの軍艦が和歌山沖で沈没し、村民が村総出で救助と介抱を献身的におこなったんです。
その後1985年イランイラク戦争中にサダムフセインがイラン上空を飛ぶ飛行機を打ち落とすと宣言、日本国政府の救援を受けられず危機的状況にあった際、テヘラン空港に取り残されパニックとなった日本人216名全員を救出したのが、2機のトルコ航空機。
その時、トルコ側から発表された内容です↓↓↓
「エルトゥール号事故に際して、日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥールル号の事を知っています。今の日本人が知らないだけです。それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです」


すごくいいお話ですよね。
なんでこういういい話を私達日本人は知らないんでしょうか?
「ふしぎ発見」を見ていなかったら絶対知らなかったことだと思います。
それに、当時の日本人を誇りに思わないといけないですね。
100年以上も経ってるのに、感謝の気持ちをトルコ国民が持ち続けてくれていたわけですから。
なんの損得勘定もない純粋な気持ち。
これこそ外交ですよ。


文化面を見ると、やっぱり、カッパドキアやトロイの木馬、パムッカレといったところでしょうか。


「妖精の煙突」と呼ばれているカッパドキア。
洞窟的なカッパドキアには住居の他、ホテルやレストランもあります。
ここに泊まってみたいんです。


トルコは台湾と同じように、日本人が観光しやすい国なんでしょうね。
世界三大料理のひとつ”トルコ料理”や”トルコアイス”を現地で食べてみた~い!!


以上、プチプチokiraku講座でした。
次回、モナコもやってみようと思ってます。

razz_0120 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月08日

亜久里さん”夢散…”/スーパーアグリF1撤退

ゴールデン・ウィーク中にF1ファンにとって大ショッキングなニュースが飛び込んできました。
ニュースでも大々的に報じられていたのでみなさんご存知だと思いますが、鈴木亜久里さんが代表を務める”スーパーアグリ”が財政難でF1撤退を表明したのです。
今週末のトルコGPからは亜久里さん以下、佐藤琢磨もデビッドソンもいないサーキットということになります。


F1ってとてつもないお金がかかってるんですよね。
マシンにもレーシングスーツにもスポンサー名がびっしり!
フェラーリやマクラーレン、BMWなど、メーカー所有のチームとは違い、スーパーアグリは完全なるプライベートチーム。
元々、佐藤琢磨がBARとの契約が終了したことと、鈴木亜久里さんの夢も合わせてチームが発足したんです。
参戦が決定した時の亜久里さんの笑顔が印象的だっただけに、残念です。


レーサーになるためにはそれなりの資金が必要で、さらに、チームを持つとなればすごい大金が動くわけですもんね。
実力あるチーム(フェラーリやマクラーレン)なら、ドライバーにもチームにもお金をかけられるけど、そうでない下位チームは、いかにレースで上位入賞を果たしスポンサーを見つけるか!ってことが大きな問題になってくるんですね。
レーサー自身も実力があるレーサーはチーム側から「うちに来て欲しい」なんて交渉があるけど、難しい位置にいるレーサーはスポンサーや資金を持ってチームと契約する!ってこともあるらしいですからね。


これから佐藤琢磨はどうなるんだろう?
「F1界からの引退は考えていない」と言ってるけど…。

razz_0120 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月07日

鉄棒はドキドキ…北京オリンピック最終選考会「体操NHK杯」

昨日は夕方から放送スタートだった「体操NHK杯 北京オリンピック最終選考会」を見るべく、放送を楽しみに待ってました。
だから、お昼からフィギュアスケートの放送があったのもノ~チェックで後悔…


日本がメダルを期待できるスポーツは、水泳、柔道、野球、そして体操ですよね。
アテネオリンピックの時は連日深夜放送をず~っと見てて寝不足が続いたけど、体操の金メダル獲得の瞬間は見てて良かった~って思いました。
あの瞬間は鳥肌モノでしたから。
感動の瞬間をもう一度北京で…。
代表選手が決まる最終選考会は最後の最後にドラマが待ってました。


上位選手のいる1組の最終種目は鉄棒。
大技が多いため、成功すれば大歓声、失敗すればため息…。
そのため息がまさか鹿島くんに出るとは…。
5種目終了時点で3位につけていたのに、離れ技を2度も落下してしまい、無条件での出場決定だと思っていた3位から一気に9位へ。
この瞬間、鹿島くんは選考待ちとなってしまったのです。
鹿島くんのまさかの落下で大学生の坂本くんが3位浮上。
ここで坂本くんの無条件出場が確定したわけです。


最終演技者、冨田洋之くん。オリンピックを想定しての今大会の演技。
メダリストとなり、日本のエースとなっての4年間。
まず間違いなく1位での出場決定と思っていたけど、この4年間、鉄棒での大技”コールマン”を失敗した姿を何度も見てきた上、鹿島くんの失敗もあったので、ドキドキしながら見てました。


↑吊り輪の冨田くん

そんな心配は無用!!
堂々の着地でNHK杯優勝&オリンピック出場権獲得!!
さすがエース!さすが冨田くん!
”美しい演技”を常に心がけている冨田くんは、ライバルである中国に対して、決して美しさでは負けていません!!
「世界一の美しさ」とも言われていますからね。


冨田くんと一緒に栄冠をつかんだ米田功くんは残念ながら落選してしまいました
冨田くん、鹿島くん、米田くんの3人は子供の頃から同じ体操クラブで頑張ってきたメンバー。
アテネ以降ケガの連続で、それでも「オリンピック目指して頑張ります!」と常に前向きに頑張ってきた姿を見ていたから、会場で名前を呼ばれなかった時は残念で残念で…。


そして、この試合を最後に現役引退を発表しました。
先日の井上康生選手とダブって見えました。
オリンピックからの4年間って、栄光を見た選手には凡人では計り知れないプレシャーや葛藤があるんですね。
米田くんのこの日へ懸ける思いをず~っと見てきただけに、切なさが残った大会でした。
これからは指導者の道を歩んでいくそうなので、井上康生選手と同様、体操王国ニッポンを作ってくれる若い選手を育てていって欲しいです。


代表選手となった冨田洋之くん、内村航平くん、坂本功貴くん、鹿島丈博くん、沖口誠くん、中瀬卓也くん、金メダルを目指して頑張ってください!!
もちろん日本からですが、大声援を送りますよ


razz_0120 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月30日

井上康生への歓声はすごかった/全日本柔道選手権

昨日の井上康生選手への歓声とどよめきはすごかったですね。
日本武道館が超満員。
六角形の観客席に囲まれた中央にあるのは、柔道大会でもめずらしいたった一つの畳だけ。
国際大会では3面の畳で試合を行っていますが、全日本選手権は四方八方を観客に囲まれて、その観客の視線はたった一つの畳の上の選手2人に注がれている。
そう考えると、6分間の視線が自分たちだけに向けられているわけですから、その中で一本勝ちをして、1万人以上の歓声と拍手を受ける選手の気持ちはすごいものなんでしょうね。


武道館の畳に上がった選手の中でもやっぱりこの人が一番すごい歓声だったと思います。
北京オリンピック最終選考会、この試合に勝たないと北京への切符はなくなる―



井上康生が畳に上がるたびに歓声がすごく、一本負けした時にはどよめいていました。
「あ~~~ぁ、負けてしまった…」
武道館のお客さんも、テレビ観戦者もみんながため息だったでしょう。
シドニーオリンピックでお母さんの写真を抱えて日の丸を聞いた康生選手の姿が忘れられません。



一時代を築いた井上康生選手。
これからは、”将来の井上康生”を生み出す側にたって、”世界一強い日本柔道”を作り上げていってほしいです。
お疲れ様でした。

razz_0120 at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)