Japanese movie

2007年01月22日

「どろろ」

今日、「どろろ」の試写会に行ってきました。
妻夫木くん&柴咲コウの噂のカップル出演映画ということで話題ですよね。
邦画だけど、これはスゴイ!!
久しぶりに見入った邦画だった。


原作は手塚治虫。
世界中から原作の映像化を熱望された作品。
ニュージーランド(「ロード・オブ・ザ・リング」「ラスト・サムライ」と同じ撮影場所)での長期撮影。
ワイヤーアクション満載(「HERO」「LOVERS」のアクション監督演出)で、「どろろ」の世界に引き込まれる、引き込まれる。
もちろん、妻夫木くんが素敵なのも大きいけどね。


ヨーロッパ・アジア各国での配給契約が成立した上、アメリカでも今年度公開決定!
この映画はアメリカでも勝負できますね。


40d2f2cf.jpg
「どろろ」
百鬼丸(妻夫木聡)
どろろ(柴咲コウ)
醍醐影景光(中井貴一)
寿海(原田芳雄)
琵琶法師(中村嘉律雄)

【あらすじ】
賢帝歴3048年。
数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた。
そこには、戦国の世を憂う醍醐景光(中井貴一)という武将がいた。
影光は戦乱の世を治める「力」を手にいれるという野望をかなえるため、やがて生まれてくる我が子を48体の魔物に捧げ、見返りとして巨大なる「力」を手にする。
生まれた赤ん坊は、体の部位が無く塊のような姿で生まれ、景光の厳命を受けた母・百合(原田美枝子)によって捨てられてしまう。

20年後…男装をした姑息な盗人・どろろ(柴咲コウ)は、ある砂漠の街で一人の男・百鬼丸(妻夫木聡)に出会う。
肉体を取り戻す旅に出た百鬼丸は、魔物たちとの壮絶な闘いを切り抜けながら、ひとつずつ肉体を取り戻していく。
しかし、どろろの両親を虐殺した憎き敵こそが、百鬼丸の実の父・景光だった…





48体を取り戻すべく、魔物たちと闘う百鬼丸。
一瞬、仮面ライダーを見ているかのような錯覚に陥ってしまうのは私だけでしょうか…
魔物はかなりグロテスクだけど、その魔物と闘う妻夫木くんはカッコイイ!


2時間18分とちょっと長いけど、長さを感じさせない映画です。
お正月映画第2弾にはもったいないですね。


ちなみに、この試写会でお土産もらいました。
オリバーソースの「どろソース」。
「どろろ」に協賛しているそうです。


明日は「ディパーテッド」を見にいきます。

at 22:15|PermalinkComments(2)

2006年12月02日

「男たちのYAMATO」

風邪ひいて咳が出始めてしまった…
今日の”恒例クリパ”も明日の友達んちも体調不良で延期悲しい
この時期毎年風邪ひいてるような気がする…情けない…汗


という訳で、週末の予定がすべてキャンセルになったから「男たちのYAMATO」を見ることに。
いや、戦闘シーンは圧巻!!
ハイライトだけあって、かなり時間かけられてて見入ってしまう。
アメリカ軍に攻撃されて、YAMATO乗員が次々にやられていくのは辛かった…
秘密作戦だから、家族にも恋人にも何も言えずに別れを決意して旅立つ。
いつも思うけど、この時代に生まれなくてよかった。
長渕剛の主題歌「Close Your Eyse」がジーンとくるね。


「男たちの大和/YAMATO」
森脇(反町隆史)
内田(中村獅童)
真貴子(鈴木京香)
2005年 日本

【あらすじ】
2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。
真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。

昭和19年の春。
特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。
しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々。
神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。
そして翌年の4月。
米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。



戦艦大和のセットは原寸大で再現されてるんだよ。
呉に大和ミュージアムがあるけど、めちゃ行きたい!
そこでいろいろ想像したいんだよね。
だって全長190m。
すごくない???

at 21:39|PermalinkComments(0)

2006年11月28日

噂の2人の映画はどうなの?

妻夫木くんハートたち柴咲コウカップルの映画「どろろ」。
完成試写会での仲睦まじい会見がさわやかだけど、この映画自体はどうなんだろう?
キャスティングだけで「見たい!」って思わされるけど、内容が難しそう…
妻夫木くんが時代劇!?に出てるだけでも興味ありあり。


ちょっと内容を載せますね。


賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた。
そこには戦国の世を憂う醍醐景光という武将がいた。
影光は戦乱の世を治める「力」を手にいれたいと願っていた。
そして、自らの野望をかなえるため、やがて生まれてくる我が子を48体の魔物に捧げ、見返りとして巨大なる「力」を手にする。
かくして生まれた赤ん坊は、体の部位が無く塊のような姿で生まれ、景光の厳命を受けた母・百合によって捨てられてしまう。

20年後…親の野望をかなえるために、身体を四十八体の妖怪に奪われた百鬼丸(妻夫木)は、自らの身体を取り戻すために戦っていた。
そんなあるとき、男装の夜盗・どろろ(柴咲)と出会い、一緒に旅をすることになる。
自らの未来をつかむために戦い、壮絶な運命を背負いながらも生き抜こうとする壮大なストーリー。


手塚治原作、ニュージーランドロケ、ワイヤーアクションと、かなり力入った作品なんだね。
2007年1月公開だから、お正月映画第2弾。


同じ第2弾で絶対見に行こう!って思ってるのが「マリー・アントワネット」。
私が大好きなヨーロッパ歴史映画だし、これまでのマリー・アントワネットとは違う視点の内容みたいだから、すごく楽しみなんだ。
来年には「ハリーポッター 第4弾」の公開も控えてるし、見たい映画がいっぱいだ!

at 20:19|PermalinkComments(0)