korean drama

2008年08月26日

「ルル姫」

超~セレブお嬢様とプレイボーイ御曹司のラブコメ「ルル姫」がおもしろかったです。
キム・ジョンウンとチョン・ジュノの共演映画「大変な結婚」コンビが復活した「ルル姫」。
大ヒットドラマで私が好きなドラマベスト5に入ってる「パリの恋人」のスタッフで作られたラブコメ。
キム・ジョンウンが得意とするラブコメだから楽しみに見始めました。
なかなかおもしろかったです。
超~お嬢様だから、やることなすことがおもしろいんです。

ruru-01a
「ルル姫」(韓国ドラマ)
キム・ジョンウン(ヒス)
チョン・ジュノ(ウジン)
キム・フンス(チャノ)
2005年 全20話

【あらすじ】
大手財閥CDグループの孫娘ヒスは超~お嬢様育ち。
13歳の時、飛行機事故で母親を亡くし、父親は家出中。
厳しい祖父や継母と義兄のいじめに耐えながら生活をしていました。
しかし、唯一の慰めは一緒に暮らす2歳下のチャノ。
チャノもまたヒスの母と同じ飛行機事故で両親を亡くしていた。
CDグループの大株主だった両親から株を相続し、ヒスの家に引き取られたのが11歳。
その時から2人は姉弟のように育ったのです。


親友チェギョンの政略結婚を阻止するために協力したヒスは、プレイボーイのウジンと出会います。
ヒスの不思議な行動や言動に惹かれ始めたウジン。
ヒスもまた、ウジンに会ううちにだんだん好きになっていくのです。
ウジンは後輩チャノがヒスを10年以上も想い続けてきたことを知り、ヒスに冷たくあたり身を引くことに。
しかしお互いの気持ちを確認しあった2人はチャノに交際宣言をします。

2


幸せな時間を過ごしていたのも束の間、ウジンはヒスの祖父の会社CDグループに自分の会社をのっとられるのです。
「必ず再起する!」とウジンは資金集めに奔走。
投資会社のユミの協力もあり資金に目処がつきかけた時、ヒスとチャノが義兄ソンの策略により危機的な立場に。
ウジンは自分のことよりも愛するヒスと後輩チャノのために助けに走るのです。
チャノはソンの悪事に対し、「今度こんなことをしたら許さない」と半分脅しにかかるが、このくらいのことでは痛くもかゆくもないソン。
また新たな策略を練るのです。
ウジンは大きなチャンスを棒に振ってしまい、協力者のユミはそのことに対し激怒。
自分に振り向いてくれないウジンに対してソンと手を組んでしまうユミ。

4


ソンとユミの策略でウジンとチャノは窮地に陥ってしまいます。
悪事はいつかバレるもの。
ウジンから手渡された証拠をヒスは役員会で配り、ソンは失脚。
全てを見抜いていた会長は会社の分社化を決め、ウジンの会社も元に戻ったのです。
チャノは海外で勉強を、ウジンは会社を母にまかせゲーム会社に力を入れる。
そしてヒスは大好きなウジンと幸せに暮らすのです。(END)




世間を全く知らない超~お嬢様が、ウジンと出会ったことで色んなことにチャレンジしていくんです。
食堂で働いたり、ゴルフ場でキャディーになったり、会社勤めしたり、家出したり…。
会社では何もすることがないので、ひたすら会社の組織図を覚えたり、掃除のおばちゃんと会社の世間話をしたり。
このことが窮地に陥ったウジンとチャノを助けることになるのです。
祖父の言うことを素直に聞いていたお嬢様が、独り立ちしようと頑張る姿がかわいかった~。
2人の男性から愛されるのがわかります。

3


イヤな女ってよくドラマに出てくるんですが、今回はイヤな男!
義兄ソンに腹が立つ!腹が立つ!
愛人の子供として生まれたからなんとしてでも祖父に認めてもらいたい!
ヒスやチャノよりも自分が優位に立ちたい!
イヤな男なんです。
言い訳がこれまたウマイから余計に腹が立つ!
悪いヤツは必ず罰を受けるから最後はチャンチャン!って終わるけど、しかし、イヤなヤツだったな~。

razz_0120 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月08日

最新韓国ドラマ情報 vol.4-2 「エデンの東」ポスター公開

最新韓国ドラマ情報 vol.4-2

私が大好きな俳優ベスト3の一人ソン・スンホンの新ドラマ「エデンの東」のポスターが公開されました~
いや~、かっこいいわ~
今まで優しいソフトな感じだったけど、こういったワイルド感あるソン・スンホンもかっこいい!

88221_l


キレイな顔にたくましい体。
もう言うことはありません!!
ソン・スンホンが目の前にいたら、緊張して顔見られへんわ~。
ドキドキ。
イヤ!!私好みの顔なんだから、この際、じ~~~っと見て目に焼き付けておくかもしれません。
な~んて、夢のお話だわ。


クォン・サンウと共演した映画「宿命」もワイルド感があったけど、こちらもいいです。
フフフっ


今回のドラマの役どころは、
父親の死亡を目撃後、その死がたくらまれたものだと知り、復讐するためカジノのボスの右腕になるドンチョル役。
共演者には「悲しき恋歌」のヨン・ジョンフン。
この2人は、ソン・スンホンが「悲しき恋歌」に出演が決まり、PV撮影などをしていた時に、ソン・スンホンの兵役問題が出てきて、結局ソン・スンホン降板。
その代役としてヨン・ジョンフンが大抜擢されたんです。
これも”縁”なのかしら???

794194445728863512


兄弟役で争う立場になる2人。
復讐劇っていうのは個人的に好きな内容だから、日本上陸時が楽しみ
韓国での放送は8月25日初回放送予定だそうです。


う~~~ん、どの角度から見てもキレイなお顔

88816_l


razz_0120 at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月07日

今週のテレビ放送「宮」23話

すっかり忘れ去られていた「宮」。
HDDに録画が残っていたのを見つけて、あわてて今更ながら23話と24話を見ました。
いいシーンがカットされていたので、これはやっぱりレビュー書かなきゃ!!なんて一人で思ったわけです。


★テレビ放送「宮」23話 「宮廷炎上!犯人は皇太子!?」★

宮中が火事になりシン君が有力容疑者に。
ユルママに完全にハメられたシン君。
photo_256_1_1_no_31833_1



潔白だと皇帝陛下に断言しますが、「どうしていつも問題の中心にいるのか!」と怒られるシン君。
肩を落とすシン君をただ見守るしかできないチェギョン。
photo_256_1_1_no_21712_9

photo_256_1_1_no_21712_10

photo_256_1_1_no_21711_4

photo_256_1_1_no_21710_2

photo_256_1_1_no_21710_3

photo_256_1_1_no_21710_5



ワナにハメられたとわかっているシン君ですが、証拠がないので厳しい状況なのです。
「放火犯になれば廃位だな。風船のように自由に飛びたかった。妃宮と出会い再び夢を見た。この子といたらまた飛べるかもと。皇太子という服を脱ぎたかった、別の形で」
胸の内をコン内官に打ち明けるシン君。
photo_256_1_1_no_21710_6

photo_256_1_1_no_21710_8

photo_256_1_1_no_21710_9




ユルママはシン君が廃位になり息子のユル君が皇太子になる日が近づいたと思っていたのです。
しかし、ユル君はユルママがこの事件に関与しているのではないかと疑います。
やっとユル君も気づき始めたのよね。
でも、まだ皇帝陛下とユルママの過去は知らないユル君なのです…。




普段クールなシン君も今回の件はかなりダメージを追っており体調を崩してしまったのです。
心配でたまらないチェギョン。
photo_256_1_1_no_21709_5

photo_256_1_1_no_21709_6


「ごめん。本当にごめん。離婚なんて言わないし宮中からも出ない。ここで安らげたのもシン君のおかげ。だからそばにいたいの」と、チェギョンは素直に今の気持ちをシン君に告げます。
「このままじゃ皇太子の座も追われる」
「愛したのは皇太子じゃなくあなた」
photo_256_1_1_no_21709_7

photo_256_1_1_no_21709_8


「何?今何て?」
チェギョンの告白におどろくシン君。
「愛してる。こんなに胸が痛むのは愛してる証拠よ」
「そばにいたらお前の翼を折るかも」
「私は平気だから”そばにいろ”と言って」
「………」シン君無言です。
photo_256_1_1_no_21709_9

photo_256_1_1_no_21709_10

photo_256_1_1_no_21709_11

photo_256_1_1_no_21709_12


シン君が何も言わないからチェギョンは部屋を出ようとします。
そしたら「そばにいろ。どこにも行くな。一人にするな」とシン君。
うれしくてシン君に抱きつくチェギョン。
ここからはラブラブモード全開の2人です。
photo_256_1_1_no_21709_13

photo_256_1_1_no_21709_14

photo_256_1_1_no_21709_15


アルフレッドも恥ずかしくて見てられない…
photo_256_1_1_no_21709_16



このキスシーンはかなり視聴者から注目を集めたのです。
「2人はつきあってるんじゃないの?」という具合に。
ジョンフンにまで「2人はつきあってたの?」なんて質問があったくらい。
ちなみにジョンフンは「僕が見てた限りではそんな雰囲気じゃなかったよ」って答えてたな~。
当の本人も否定してました。




カットシーン

超~ラブラブモードです。なんでカットするの!!

シン君:「僕は容疑者だけど全然気にしてない」
チェギョン:「シン君は潔白だから真実は明らかになるわ」
シン君:「もし皇太子の座を追われたら僕を養ってくれ」
チェギョン:「じゃシン君が家事やって、私が外で稼ぐ」


ここでシン君が”主夫”になってる想像の世界です。
ユル君バージョンと一緒で、エプロンは黄色です。
家事全般と育児までするシン君。
鬼嫁チェギョンの言いなりです。
photo_256_1_1_no_21708_3

photo_256_1_1_no_21708_4

photo_256_1_1_no_21708_5

photo_256_1_1_no_21708_6

photo_256_1_1_no_21708_7

photo_256_1_1_no_21708_8

皇太子シンとは全く違うシン君。
顔が優しいんだもん。




ユル君のB.D.旅行の時にチェギョンがシン君のハダカを見た件でちょっとした口げんかになる2人。
でも大丈夫!
すぐに仲直りするから。
「仲直りのセレモニーを」とシン君が言ったのに、チェギョンは「テ~ハミング~!(大韓民国)」なんてバカなことを。
「これが大韓民国のセレモニーよ」って、あなた…。
思わずツッコミ入れてしまう私。
photo_256_1_1_no_21708_1

photo_256_1_1_no_21708_2

photo_256_1_1_no_18910_1



「チャチャッチャ テ~ハミング チャチャッチャ!W杯見てたよ…」とちょいとスネ気味のシン君。
このしぐさが今までのクールなシン君からは想像できないのでかわいいかったな~。
photo_256_1_1_no_21708_15

photo_256_1_1_no_21708_16

photo_256_1_1_no_21708_17


ここまでが完全カット。
お気に入りのシーンだからカットしないで!と言いたいのよね。




太皇太后様はユル君のつらい気持ちを理解してくれているのです。
「心をなくしました。だからこれ以上もうどうにもなりません」
「時が来れば痛みも風のように消える。19歳の今は辛いだろうけど、29歳の人生も、39歳の人生も残っている」
太皇太后様はそうやってユル君を励まし慰めたのです。
photo_256_1_1_no_18322_2

「叶わぬ望み 彼女を思えば苦しくなる 今の僕は泣くしかない」
本当に悲しみの王子ユル君。
でも、もっと辛く悲しい現実がこの後に待ち構えていたのです。



ユルママの圧力もあり、「皇太子、皇太子妃、2人ともを廃位にしろ!」と言う声が高まってきたのです。
皇帝陛下は皇室を守るためチェギョンを海外に行かせ、ほとぼりが冷めるのを待つというのです。
シン君はもちろん反対します。
photo_256_1_1_no_21704_2

photo_256_1_1_no_21704_3

photo_256_1_1_no_21704_6

photo_256_1_1_no_21704_7



海外になんか行かせたくないシン君。
まだこのことを知らないチェギョンに、「この先何があっても僕の言うことを聞け。何を言われても僕の許可なく苦しむな。約束だ」と言います。
「約束する。シン君の許可なく苦しまない」
photo_256_1_1_no_21706_3

photo_256_1_1_no_21706_4

photo_256_1_1_no_21706_5

photo_256_1_1_no_21706_6

photo_256_1_1_no_21706_7


もう以前のような心のすれ違いがなくなってよかった~。



久しぶりの学校シーン。
「新たな出発。シン君と2人で戦うの」チェギョンの決意を聞いて安心する親友たち。
シン君チングも応援してくれて力が沸いてきたチェギョンなのです。
photo_256_1_1_no_18836_1



まだこの時は自分が海外へ行かされるなんて知らないチェギョン。


事情聴取に行くシン君を心配するチェギョン。
「離れない」
シン君はそう言って聴取を受けに行きます。
photo_256_1_1_no_21707_2

photo_256_1_1_no_21707_3

photo_256_1_1_no_21707_4

photo_256_1_1_no_21707_5



途中、ユル君に会ったシン君は「全て皇太后の仕業か?完全犯罪に仕立てるとは。元々僕のではないし、いつかはこの座を返そうと思っていた」とユル君に話します。
「何だって?」驚くユル君。
「ここまで卑怯な攻撃をされては腸が煮えくり返る。しかし、彼女は渡さない。お前のせいで彼女が追われるハメになった。よく見ておけ!お前の愛も終わりだ」
photo_256_1_1_no_21704_10

photo_256_1_1_no_21704_11

photo_256_1_1_no_21704_12

photo_256_1_1_no_21704_13


チェギョンの自分への思いを知ったシン君は強気だわ~。
愛って人を強くするのね。




事情聴取から戻って来たシン君はチェギョンの部屋へ。
photo_256_1_1_no_21707_6

「決定的な証拠もないし大丈夫だ」
その言葉に安心したチェギョンは、「こんな時間にそれを話に来たの?答えてよ」
「顔を見たくて。見ないと息が詰まりそうで…」
緊張しながら話すシン君がカワイイ!!
こんなこと言われたの初めてだからめちゃ嬉しいチェギョン。
「もう一度言って!」
photo_256_1_1_no_21707_7

photo_256_1_1_no_21707_8

恥ずかしそうに「顔を見たくて…ずっと見ていたい」とシン君。
「最初からそう言ってよ。これからはいつでも本当のこと言ってよね」優しくシン君を抱きしめるチェギョン姫。
photo_256_1_1_no_21707_9

photo_256_1_1_no_21707_10

口づけをしようとするシン君に、「また冗談なの?」と、この前かわされてしまったこと(←カットシーンの中にありました)を思い出して聞くので「本気だよ」とシン君。
photo_256_1_1_no_21707_11

photo_256_1_1_no_21707_12

photo_256_1_1_no_21707_13

でも、チェギョン姫、こんな時にしゃっくりが!!
笑うシン君。
いつまでも止まらないチェギョン。
あ~ぁ…。
photo_256_1_1_no_21707_14

photo_256_1_1_no_21707_15

photo_256_1_1_no_21707_16



皇帝陛下から海外へ行ってほしいと言われたチェギョンは、皇室とシン君のために海外へ行くことを決めたのです。
それを知って怒るシン君。
「離れないと…」
「離れるんじゃない。少し旅に出るだけよ。冬休みが来たと思って」チェギョンはそう言います。
photo_256_1_1_no_21706_8

photo_256_1_1_no_21706_9

photo_256_1_1_no_21706_10


涙を流しながら「皇室のためならよせ!お前の人生だ」というシン君。
「家族を守るのも私の人生よ。皇室は私の家族」
チェギョンが自分たち家族のために決断したことに、離れてしまうことに涙が止まらないシン君。
photo_256_1_1_no_21706_11

photo_256_1_1_no_21706_12

今のチェギョンにとって皇室のみんなは家族なのです。
成長したね~チェギョン姫。



チェギョンが海外に行かされると知ったユル君はチェギョンに会いに行きます。
「君が入宮しないで僕が帰ってこなければ3人は苦しまなかったのかな?」
「辛くても彼に会えたから」
「僕の夢は小さな夢だった。庶民になっても君の笑顔を見続けること。それさえわがままだった。初めから許されたものなどなかった」
片想いの辛いところですね~。



チェギョンはコン内官にシン君との外出の許可をお願いするのです。
「これがシン君と過ごす最後の時間かもしれないの」と。
photo_256_1_1_no_21704_14

そう言われるとコン内官OK出さざるを得ないですよね。



初めてのデート。
シン君:「なぜ外へ?」
チェギョン:「私の住んでた世界を見せたくて…」
シン君:「突然だな。」
チェギョン:「だって冬休みが長引いたらどうするの?そしたらずっと見せられないし…」
photo_256_1_1_no_21705_1

photo_256_1_1_no_21705_2


幸せそうな2人。
シン君にとってはバスもインターネットカフェも明洞も初めての経験なのです。


チェギョン:「皇太子イ・シンにはなかった平凡な生活を味わってほしかった」
シン君:「でも皇太子だからお前に出会えた」
photo_256_1_1_no_21705_7

photo_256_1_1_no_21705_8

photo_256_1_1_no_21705_9


シン君:「たとえお前がいなくなっても今日という日は忘れない」
チェギョン:「私も永遠に忘れない」
photo_256_1_1_no_21705_11


チェギョン:「私のことどれぐらい好き?」
シン君:「女の口から言う言葉か?」
チェギョン:「ずっと心に刻みたいから」
シン君:「聞きたいか?」
チェギョン:「うん!」
いきなりチェギョンのキャップを取ってキスするシン君。
キャ~!!見てるこっちが恥ずかしい…。
photo_256_1_1_no_21705_13


このシーンは2人にとっても恥ずかしいシーンだったようです。
エキストラではなく、普通の買い物客の中でカメラは遠く。
オンエアでもわかるんですが、2人のキスシーンを周りの人達は「何?えっ!?」って感じで見てるんです。
キスシーンが終わった後、2人は恥ずかしさから走って逃げて!?ました。
俳優さんって大変…。



次回、いよいよ最終回レビューです。
ユル君の涙のシーンには本当に涙が出ました。
悲しみの王子がとっても似合うジョンフン。


razz_0120 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月02日

「乾パン先生とこんぺいとう」

この前見終わったタイトルがかわいい「乾パン先生とこんぺいとう」、内容もかわいかったです。
韓国版”ごくせん”なんて言われていますが、ヤンクミみたいに心身とも強くないんです。
ただ生徒のことを一生懸命に考えて頑張る先生なんです。
そして女性だからもちろん恋もします。
ず~っと好きだった初恋の人と両想いになったと思ったら、その人の甥っ子であり、自分が受け持つクラスの生徒から猛烈アタックを受ける、なんともうらやましい乾パン先生。


生徒役のコン・ユは、このドラマでブレイク。
そして「コーヒープリンス1号店」で不動の人気を。
今現在は、韓国では義務になっている軍隊で頑張っています。


乾パン先生役のコン・ヒョジンは、Rain(ピ)と共演した「サンドゥ、学校へ行こう!」でも先生役だったな~。
この人の雰囲気が好きです。
特別きれいな顔ってわけじゃないけど、笑顔がかわいい!髪型がかわいい!スタイルがいい!
きっと女性からも好かれる女優さんなんだろうな~。

00012a
「乾パン先生とこんぺいとう」
コン・ヒョジン(ナ・ボリ)
コン・ユ(パク・テイン)
キム・ダヒョン(ジ・ヒョヌ)
2005年 韓国ドラマ 全16話

【あらすじ】
高校中退、三流大学を卒業後、母校の定石高校の教員採用面接を受けるナ・ボリ。
悪ガキ高校生テインをどうにかおとなしくさせるために、学校の理事長である母親がボリと契約を結ぶ。
「授業はさせない。ただテインのクラスの担任になって、テインを四六時中見張って更生させてほしい」
どうしても母校の教師になりたかったボリはこの条件を受けることに。

img_986109_7047907_1


そうとは知らないテインは自分にしつこくつきまとうボリを初めはうっとおしく思うが、段々ボリを好きになっていく。
しかし、ボリには昔から好きな人が。
ボリが高校生だった頃、教育実習に来ていた美術の先生ヒョヌのそばにいたいがために教師になったのです。

ScreenHunter_014


生徒達が問題を起こすたびに一生懸命になって問題解決に奔走するボリ。
ヒョヌも昔からボリが好きだったとわかり2人はラブラブ状態。
ボリを好きなテインは2人を引き離そうといろいろと企んでは玉砕。
そこへ、ヒョヌの元カノ・ウンソンが現れ三角形から四角関係へ。


一生懸命自分の思い、ナ・ボリ先生が好きだという思いを伝えるテイン。
「サランヘヨ~」を連呼しまくってます。

d0084933_0201073


ボリが辛い時には必ずそばにいるテイン。
ボリの中で段々テインの存在が悪ガキ生徒から男性として変わってくるのです。

20071220_392474


紆余曲折、ボリとヒョヌの結婚式前日。
テインへの想いに気づいたボリはウエディングドレスを着ながら「結婚したくない」とテインに打ち明けます。
翌朝まで一緒にいたところをテインの両親に見られたボリとテイン。
ボリはヒョヌに「別れて欲しい」と告げます。
テインは退学処分となり、ボリもまた定石高校を去るのです。


1年後―
ボリは予備校の講師に。
海外へ留学していたヒョヌを迎えに空港へ行ったボリは、偶然テインの姿を見つけます。
テインを追いかけるボリですが、見失ってしまいます。
ヒョヌはボリにもう一度プロポーズしますが、「他に好きな人がいる」と告白します。


再会したボリとテイン。
やっと2人の気持ちが通じ合い、テインは大喜び。
結婚したいテインの気持ちは持ち越されますが、母校へ帰ってきたボリと、そこへ教育実習生としてやってきたテイン。
歳の差はあるけど2人はラブラブです。

10003305

pdvd_330


乾パン先生(ボリ)の生徒への思いで涙を流し(ちょっと金八っぽかった)、テインの頑張りに声援を送り、ボリとテインのhappy endに拍手を送ったドラマでした。
このドラマでコン・ユがブレイクしたのわかります!
笑顔がかわいいんですもん。

d0084933_0201073
↑↑↑このシーン、このコン・ユの笑顔、一番好き★


なぜタイトルが「乾パン先生とこんぺいとう」なのか???


ハングルでは「麦」も「ボリ」と発音するために、テインに「(麦)乾パン」というあだ名を付けられたのです。
そして、非常食である乾パンには金平糖がついていたりします。
カロリー摂取と、乾パンを食べやすくするために唾液の分泌を促進する効果、さらには、カラフルで楽しげな金平糖を一緒に入れることで、非常食が必要となる災害時に被るストレスを軽減させる効果が期待されているからだとか。


乾パン先生の栄養分やストレス解消となるこんぺいとうはテインだったのです。


ドラマのエンディングで「ナ・ボリ武勇伝」が語られるんです。
これがおもしろい!!
高校時代、たった一人で不良学生をやっつけたナ・ボリ。
先生になってからもすごいアクションで生徒を危機から救うんです。
が、実はこれは全てナ・ボリ先生を崇拝する生徒達による彎曲された武勇伝。
本当は…全てが偶然によって、タイミングによって危機を脱しただけだったのです。
ドラマ後半にはこの武勇伝は出てこないのよね~。
結構おもしろかったから、もしかして最終回には…なんて期待してたけどなかった…。


コン・ユ作品の「ある素敵な日」「コーヒープリンス1号店」のDVDが待機中。
来週からはオリンピック始まるからいつになったら見れるんだろう???
それは自分次第…。

razz_0120 at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月26日

「太王四神記」チョロが登場した~!

「太王四神記」も後半戦突入ですね。
後半戦で注目!?はやっぱりチョロ!!


鉄火面に覆われた、でも、すごい槍の名手。
このチョロこそが四神の青龍で、セオへの叶わぬ恋、スジニへの密かな想いで、タムドク&キハとは別のもう一つの切ない恋の主人公。



仮面がはがれたときに現れた顔を見た時、時代劇っぽくないわっ!が第一印象。
とってもオキレイな顔なんだもん。
他の”四神”がオジサンっぽい(←自分で書いておきながら失礼だわ)から、一人くらいキレイなお顔の”四神”がいてくれてうれしいわ。



チョロは神話時代の雲師「青龍」。
セオを好きになり、セオを守るんです。
人間ではないからもちろんセオにはわかりませんが…。
でも、セオはファヌンを愛し、スジニとなった現世でもタムドクを愛します。
このドラマのテーマ”再生”が意味するとおり、青龍もまたチョロとなった現世でもスジニを愛してしまうんですよね。
「何度生まれ変わってもあなたを愛する」
チョロにもこの言葉が当てはまるんですね。


チョロを演じたのはイ・フィリップ。
アメリカで育ったバイリンガルで、モデルとしても活躍しています。



この「太王四神記」がドラマデビュー作品。
俳優というよりも、モデルっぽいですよね。


秋からBS2でノーカット放送が決定しました。
パチパチパチ
でも、でも、なんでまた吹替なの~!!
字幕版で放送してよ~。

razz_0120 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月18日

【続報】アニメ版「冬のソナタ」/クォン・サンウ結婚本当!?

以前、「アニメ版冬のソナタ」を紹介させて頂きましたが、予告編がUPされていました
1分25秒と短いですが、最後のほうにペ・ヨンジュンの声で「ユジン…」と言っているのを聞いて、「あ~、やっぱりチュンサン/ミミョンはペ・ヨンジュンじゃなきゃ!」って改めて思いました。



チュンサン/ミニョンはペ・ヨンジュン、ユジンはチェ・ジウと、ドラマ版と同じキャスティングで声を担当してくれるのは嬉しいです
イメージがついてるから、違う人の声だとちょっとね~。


っで、気になる内容ですが…

この物語は~ドラマ「冬のソナタ」最終話~仁川空港の夜~からはじまる

フライト掲示板のニューヨーク便に燈ったライトが別れを告げ、ポラリスが光 る夜空へとチュンサンを乗せて飛行機はゆっくりと消えて行く
チュンサンは独り手術のためにニューヨークに渡ったのでした…

500ウォンのコインをニューヨークの空高く投げると、白い雪がこれからの運命を見守るように、チュンサンの手のひらに舞い降りてきた
チュンサンは…ユジン…と小さく名前を呼んだ

雪が切ない思い出を連れてくる…
あの日のように…



以上が公表されているプロローグです。

かな~り前に買った「もうひとつの冬のソナタ」という本があるんですが、もしかしたらこの内容がアニメとして描かれるのかも???
この本はドラマの脚本家が空白の3年間(チュンサンはニューヨークへ、ユジンはフランスへ。帰国後の再会へと話は続く)を描いているんです。
ドラマでは描かれていなかった3年間を、それぞれ外国でどのように暮らしていたのかがわかります。
さらにうれしいことに、キム次長とチョンアさんのラブエピソードもあったんです。
ドラマでなんかいい感じになってた2人だったから「どうなったんだろう?」って気になってたんですよね。
この本の中ではラブですよ。



1話30分 全26話 日韓合作
テレビ放映+劇場公開もありとのこと。
CMナシで見たいから、やっぱりNHK-BSで放送してくれるのがいいかも。


そして、そして、ここ数日、韓国サイトで気になる記事があったのです。

クォン・サンウ熱愛!結婚か!?

そしたら今日午前中から韓国サイトではバンバン「クォン・サンウ&ソン・テヨン 9月28日結婚!」と出てるではないですかっ!!
正直、ビックリです驚きです



クォン・サンウ自体が、ここ数年オフィシャル面で不幸続きだったし、ドラマも不調…新ドラマのキャスティングにも決定してたのにドラマ制作が中止に…。
そこへ来てこの熱愛!結婚!!報道。
お相手のソン・テヨンは私あまり知らないのよね~。
”近々公式に発表”なんて書いてましたがどうなんでしょう

【追記】
本日7/18 pm9:00~公式会見(記者会見or報道資料形式)を行うようです(クォン・サンウ事務所発表)。
ということは、やっぱり結婚報道は本当だったのかな?


razz_0120 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月10日

「スマイルアゲイン」

この前見終わった韓国ドラマ「スマイルアゲイン」「あれ!?この人は???」と思う人が出てました。
このドラマは思うような結末じゃなかったのでちょっと残念…。
キム・ヒソンとイ・ドンゴンというキャスティングを聞いた時から2人のラブストーリーだとはわかってたけど、でも違うエンディングを期待したから残念なのよね~。

smileagain_wallpaper_may1024_05
左からイ・ジヌク、キム・ヒソン、イ・ドンゴン、ユン・セア(スイスロケ地にて)

「スマイルアゲイン」
キム・ヒソン(オ・ダンヒ)
イ・ドンゴン(パン・ハジン)
イ・ジヌク(ユン・ジェミョン)
ユン・セア(チェ・ユガン)
2006年 韓国ドラマ 全20話

【あらすじ】

1999年―
元プロ野球選手の父を持つダンヒは、男子と一緒になって野球部に所属する野球大好き高校生。



先輩のハジンとつき合うようになるが、実はダンヒに恥をかかせるために仕組まれたものだった。
全校生徒の前で恥をかいたダンヒ。
目的のためにダンヒに近づいたハジンだったが、知らないうちに好きになっていた。
しかし、ハジンの幼なじみユガンが父親を殺してしまったことで、ハジンとユガンは故郷を捨てる。


2006年―
ソフトボール選手になったダンヒの夢は、韓国代表選手に選ばれること。
友人と訪れたスイスで憧れの選手だったジェミョンと出会う。
ジェミョンはプロ野球選手として活躍していたが、故障が原因で自暴自棄な生活を送っていた。
ジェミョンを励ますダンヒ。



次第にジェミョンはダンヒが気になり始める。
そんな時、ジェミョンはハジンによって命を助けられる。
が、全てはハジンが仕組んだこと。



真実を知らないジェミョンはハジンを心から信頼していた。
偶然あるパーティーでダンヒとハジンは再会する。


ソフトボールチームの監督に就任することを嫌がっていたジェミョンだったが、ダンヒらメンバーの思いに負けて監督にになる。
ダンヒを好きになったジェミョンだったが、ハジンがジェミョンの気持ちを知った途端、ダンヒにモーションをかけ始める。
過去、傷つけられた相手だとわかっていながらもハジンに心が揺れるダンヒ。
ハジンのダンヒへの思いを知ったユガンは、ハジンを引き止めるためには手段を選ばない。
そして、ジェミョンがハジンの正体を知ったとき、再びダンヒを巡る三角関係に―





死んだはずのユガンの父親が生きていたり、いつもの出生の秘密があったり、成功のためには手段を選ばなかったり…。
韓国ドラマならではの要素はいっぱい詰まってるんだけど、でもね~ぇ…


ドラマって、自分が願うとおりにならないと、後味が良くないわ…。
所詮ドラマなんだけど、ず~っと見ているとやっぱり「こうなってほしい…」って思ってしまうのよね。



っで、初めに書いた「あれ!?この人は???」の正体は…



ソフトボールの練習シーンで、「あれ???これもしかしてヘリョンちゃうん???」というシーンが。



左端、これはどう見てもヘリョンでしょ~。
気になるので調べたら、出演ドラマの中に「スマイルアゲイン」とありました。
やっぱりそうやった!!
コメディアンのヘリョンしか知らなかったから、女優ヘリョンを見た時はびっくり!
ソフトボールチームのリーダーとしてみんなを引っ張るママさん選手なんです。
めっちゃいい味出してたのに、途中から出なくなったんです。
日本での仕事が忙しくなってたのかな???
結局、その後最後まで出演はなかったです。



本当はこの中にヘリョンがいるはずだったのに…
結構いい味出してたから最後まで出てほしかったな~。


このドラマで初めて知ったイ・ジヌクに注目してます
1981年生まれの今年27歳。
いい感じのお歳ね。



「恋愛時代」で俳優デビュー、その後「スマイルアゲイン」、「エアシティー」、「Someday」、「強敵たち」と次々にドラマ出演。
ソン・イェジン、キム・ヒソン、チェ・ジウ、ペ・ドゥナ、チェリム…すごい女優さんと共演していますね~。



どこの国でも芸能界って次々とニューフェイスが現れて、こっちは目移りしちゃう。

razz_0120 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月04日

「チング~友へ~」がドラマ化!

最近映画ネタが続いてるな~。
今日も続きます。


男同士の熱~い友情を描いた韓国映画「チング~友へ~」がドラマ化されることに決定!
それもヒョンビン主演だよ~。
うれしい~!!
映画「夏の日」の公開も控えてるし、新ドラマ「彼らが住む世界」も撮影中と、ヒョンビンを見る機会が増えそうでうれしい!うれしい!


「チング~友へ~」はチャン・ドンゴンを一気にスターにさせた大ヒット映画。
4人の幼なじみが裏社会で暮らそうとも、表社会で暮らそうとも、いつでも心の中では”チング”としての絆があるんです。

2008-04-01-1


韓国で大ヒットし、リピーターが続出したとも言われた映画。
男の人の友情モノって感動しますよね。
女同士の友情とはちょっと違うのよね。


この映画がドラマ化されるにあたり、主演俳優が決まりました。
チャン・ドンゴンの役をヒョンビンが、ユ・オソンの役をキム・ミンジュン(「チェオクの剣」「プラハの恋人」)が。


最新ヒョンビン画像↓↓↓
LG電子の「XNOTE」のイメージキャラクターに決まったリュ・スンボム、シン・ミナ、そしてヒョンビン。
_D4Z4073s

20080627105526s

ddb37ec64a709a0d9c163d76

3枚ともLG電子「XNOTE」から
とくにこの3枚目の写真↑の表情が好き。


ヒョンビンは以前から「男同士の熱い友情を描いた「チング」のような作品に出てみたい」って言っていたので、映画ではないけど、ドラマで熱~い演技を見せてほしいです。
”ヒョン!(兄貴)”と慕っているチャン・ドンゴンの後を引き継ぐから、かなり気合入っちゃうんだろうな~。
ただ、韓国はキャスティングが決まっても色んな事から降板や変更などがあるから安心できないのよね…


しかし、どの国も人気作品は必ずといっていいほどリメイクされますね。
いいのだか、悪いのだか…。


razz_0120 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月30日

最新韓国ドラマ情報vol.6 エリック「最強チル」/キム・レウォン「食客」/イ・ジュンギ「一枝梅(イルジメ)」

最新韓国ドラマ情報 vol.6


韓国では時代劇が人気のようですね。
確かに、私たち日本人が「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」が好きなように(えっ!?好きでもない???)、その国ならではの時代劇はおもしろいですよね。


韓国の時代劇確かにおもしろい!
中国の時代劇というか、武侠ドラマもおもしろい!!
かなりマニアックでスミマセン…


★エリック「最強チル」★

一言で言って「必殺仕事人」です。
実際、「必殺仕事人」を原作に作られているドラマなんです。
エリックは”婿殿”中村主水のような役どころ。
菅井きんさんの「婿殿!」この響き懐かしい~

poster02

poster01


エリック、入隊前最後のドラマ出演

上官にこびへつらい、要領よく生きている下っ端官吏のチル(エリック)が、妹の死によって正義に目覚める。
昼は下級官吏でも、夜になれば刺客へと大変身!


6月から韓国で放送開始。
放送終了後には日本でのテレビ放送も決まっているんです。パチパチパチ…
個人的に早く見たいドラマのひとつなんです。


★キム・レウォン「食客」★

大人気コミックが映画化され、そのあとドラマ化されたのがコレ!
「美味しんぼ」みたいな感じ!?
「食客」も日本放送が決定してます。これまたパチパチパチ…

123226597741916417467_30085280

94591712_2


韓国伝統料理料亭<雲岩亭>の後継者であるソンチャン(キム・レウォン)は、ライバルであるボンジュに後継者争いで破れ料理人を辞める。
全国各地で食への吟味と研究、感覚を磨き、再び料理人対決でボンジュと戦うことに。


こちらも6月から放送開始。
同時間帯のライバル番組は「最強チル」、キム・ソナ&イ・ドンゴン「夜になれば」。
この3つ、主役がみんなトップレベルだから、チャンネル争いが熾烈になりそう…
今のところ、キム・レウォンの「食客」が視聴率1位に輝いているようです。

85745_l
↑↑↑「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナと、先日弟さんを亡くされたイ・ドンゴン共演の「夜になれば」
日本ロケも行っていましたよ。
キム・ソナさんは日本語ペラペラだからね。


★イ・ジュンギ「一枝梅(イルジメ)」★

さっきの「最強チル」が「必殺仕事人」なら、この「一枝梅」は「怪盗ルパン」や「ねずみ小僧」といったところでしょうか。
昼と夜、2つの顔を持つ!なんかかっこいいな~

img_1244512_28506164_0

f0147413_2315134

幼い時に親を殺された復讐のため、不正腐敗で民を苦しみに追いやった権力層を懲らしめるため、昼は平凡な庶民を装い、夜は怪盗と化す。
一仕事終えるたびに一輪の梅の花を現場に残して立ち去るので、一枝梅(イルジメ)と呼ばれている。


「一枝梅」は何度もドラマ化され、1993年にはチャン・ドンゴンが演じたそうです。
何度もドラマ化されるのがわかるような気がする。
だって、「暴れん坊将軍」だって何度も放送されたし…
吉宗は松平健じゃないとね~。
やっぱり2つの顔を持つ男はかっこいいのね。


このドラマは向かうところ敵なし!ってところですかね。
裏番組のソン・イェジン&チ・ジニ「スポットライト」にも圧勝!

178703447438429371


トップ俳優をそろえても、内容がよくないと視聴率ってやっぱり伸びないんですね。
どんなに俳優さんが頑張っても、脚本、演出、演技の3拍子が揃わないとヒットしない…むずかしいな~。

razz_0120 at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月25日

「ファンタスティック・カップル」

めちゃめちゃおもしろい韓国ドラマに出会いました。
「ファンタスティック・カップル」

5716d4fc_Untitled-3


超~セレブな奥様が記憶喪失になったことから起こる、ハチャメチャなラブコメディなんです。
ハリウッド映画「潮風のいたずら」をリメイクしたドラマ。

この予告編動画を見ただけでもおもしろい!!

内容知ってるからそう思うのかな?
イヤ!!知らなくても絶対「おもしろそう~」って思うハズ。



何がおもしろいって、内容もそうだけど、ハン・イェスルの演技です。
超~セレブ奥様(お嬢様)アンナの時と、記憶喪失になったサンシルの時とでは、全くの別人。
歩き方、顔の表情、話し方…ある意味、二役なんです。

e7768e84_4

「ファンタスティック・カップル」(日本公式HP)
(原題:幻想のカップル)
ハン・イェスル(アンナ/ナ・サンシル)
オ・ジホ(チャン・チョルス)
キム・ソンミン(ビリー)
2006年 韓国ドラマ 全16話

【あらすじ】
幼い頃に両親を亡くし、莫大な遺産を相続したためちやほやされて育った在米韓国人のアンナ。
わがままでとても気高い彼女に振り回されっぱなしの夫ビリーは、とうとう離婚を口にする。
そんなある日、アンナがクルーザーから転落し記憶喪失に…。
アンナにひどい目に合わされた経験があるチョルスは、彼女の記憶喪失を利用し、自分たちは恋人だった、名前は「ナ・サンシルだ」、とウソをつく。
行く当てのないアンナを家に連れて帰り、時代遅れの服を着せたり、家事をさせたり、農作業をさせたりと、復讐を試みる。
しかし、記憶喪失でも高慢ブリは変わらないアンナに振り回されるチョルス。
今の自分に違和感を感じながらも次第に田舎生活に馴染んでいくアンナ。
死んだと聞かされていた妻アンナが生きていたと知ったビリーは、本人かどうかを確かめに会いに行く。
そこで見たアンナは、今までビリーが見たことのない笑顔のアンナだった―


超~セレブなアンナ愛猫プリンセスと一緒に
photo_374_1_1_no_32_1


超~貧乏な記憶喪失サンシル。髪の毛ボサボサ
photo_374_1_1_no_36_1


この見事なギャップが笑えるんです。


今まで食べたことのないジャージャー麺やマッコリが大好物になり、この2つを目の前につるされると、嫌なことでもガマンしてやっちゃうサンシル。
超~セレブ奥様だったアンナが、口の周りをベトベトに汚して大口でジャージャー麺を食べるシーンは笑えます。
何かあると「ジャージャー麺食べたい」だもん。
それに、高級ワインしか飲まなかったアンナが、マッコリを飲む姿。
舌で唇をペロペロなめるシーンはアンナからは想像できません!!

c0104506_20591997


これといってカッコイイ俳優さんは出てないけど、とにかく笑えるラブコメなんです。
主人公のアンナ=サンシル役のハン・イェスル、ビリー役のキム・ソンミン、ホテル室長役のキム・グァンギュなどなど、俳優さんのコミカルな演技がこのドラマをよりおもしろくしているんだと思います。


ちなみに、チャン・チョルスが名づけた「ナ・サンシル」とは、「私は喪失」という意味なのよ。

razz_0120 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)